プロフィール

BON人

Author:BON人
BONSAIは何年やっても納得のいくものは出来ませんね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミニ盆栽 ベランダ日誌
自宅のベランダで育てている。 ミニ盆栽の紹介。
八房エゾマツを植え替える

八房エゾマツを植え替えました。
入手して4年目です。

140427エゾマツ
細かい枝が上に立ってしまっています。
下方への引張りだけでは直しようがありません。
各々の枝を伏せこむために針金巻きをしなければならないかもしれません。
展示会に出し人に見てもらう場合、形を整える意味で針金巻きも必要なのかな。



140427-101122エゾマツ
2010年の入手時、カエル又状になった一の枝を引き下げ矯正をしました。



スポンサーサイト
八房エゾマツを刈り込む
3年前に入手した八房エゾマツです。

130526エゾマツ01
八房とういことでとても芽が多いです。

130526エゾマツ02
懐芽を救うために刈り込みをしました。


歴史は古いのですがあまり八房エゾマツの小物盆栽を見たことがありません。
作りにくいんでしょうかね。
人気のある頃は白芽系の何々性、赤芽性の千歳丸、何々性など沢山の品種がありました。
以前、盆栽店に中品の八房エゾマツがドバライで数十鉢持ち込まれたことがありました。
相当古く、よく作られていました。
しかしただ同然の値段だったと記憶しています。
すべてに流行り廃りはあるものの作出者の丹精と立派に育った樹を思うとき、とてもさびしく感じたのを思い出しました。
樹を長く持ちこみ楽しむなら流行に左右されず、とにかく好きな樹を頑なに作っていくことをお勧めします。



新緑
一斉に吹き出してきた新芽。
エゾマツやイチイの淡い緑色がとてもきれいです。

120429エゾマツ01
八房エゾマツ 一昨年の秋に浜松の盆栽展で購入しました。


120429エゾマツ02



120429イチイ01
イチイ 挿し木して12年ほどです。


120429イチイ02


八房エゾマツ
浜松の盆栽展で昨日紹介した「炉開き」ともう1鉢購入したんですよ。
頭ではいけないと思っていても、手のヤツが勝手に買っちゃうんです(笑)

八房エゾマツです。

101121八房エゾマツ01
八房エゾマツはうん十年前に1鉢入手して・・
いつなのか、どうしてなのか記憶にありませんが、消えてなくなりました。
また1鉢育ててみたくなりました。

101121八房エゾマツ02
カエル股なので今のうちに修正です。
アルミ線で下からひっぱり右に流しました。