プロフィール

BON人

Author:BON人
BONSAIは何年やっても納得のいくものは出来ませんね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミニ盆栽 ベランダ日誌
自宅のベランダで育てている。 ミニ盆栽の紹介。
葉水
20060731212021.gif

20060731205011.jpg


県内も昨日、待望の梅雨明け宣言!!ギラギラの太陽の下、盆栽も人間のように暑いんでしょうが、彼らは光合成のため太陽の光も欲しがっているに違いないですね。だから私は夜、かるく葉水を掛けてやります。気持ちよさそうですよ。


スポンサーサイト
フジ
20060730140110.jpg

日本の藤は2種、フジ:別名ノダフジ(野田藤)とヤマフジ:別名ノフジがあるそうです。フジは本州、四国、九州、沖縄に分布。ヤマフジは本州西部、四国、九州に分布しています。だからこれはフジなんでしょう。枝の自然に湾曲した所を切り取り、挿して8年たちました。まだ花は見たことがありませんが、夏の飾りには涼しげでいいもんです。万葉集にはフジの歌が多く「藤波の花は盛りなりけり平城(なら)の京(みやこ)を思ほすや君」とあります。フジの花をみて、奈良の都の愛しい人を詠ったんでしょうね。


*******************************************************


朝から、懐かしいフォーク聴きながら♪・・・
かぐや姫の「神田川」「僕の胸でおやすみ」・・・・・etc
若い頃の思い出
最近、昔の歌がいいですね。
年をとったんでしょうね・・・・・
エノキ
20060729192020.jpg

エノキ「榎」です。
道端に生えていた。苗木を引き抜いて、10年ほど太らせることなくじっくり作ってきました。本州、四国、九州に分布する。 「ヨノキ」、「ヨノミ」、「ユノキ」などと呼ばれているそうです。



美男カズラの受粉
20060723184706.gifぼくにとってはいい季節ですね

20060723175849.jpg

今朝、美男カズラの雌花が咲いたので、早速受粉させることにした。雄花のように花弁をパッと開かず、さすがに雌花でしょうか、慎ましくそっと少し開くだけです。

20060723175928.jpg

雄花はそっと切り取る。

20060723175953.jpg

雌花の花弁を受粉しやすいよう手で開きます。

20060723180012.jpg

雌花を上に向け、雄花を上から軽くポンっと叩いてやる。今日はデジカメを持ちながらなのでこんな感じですが、両手でやってください。


20060723180023.jpg

蕾のうちに雄花と雌花の区別がつきます。左側の花梗の長い方が雌花です。右の短い方が雄花なのですぐわかります。交配のタイミングがうまくいかないときは、雄花は前もって貯蔵しておきます。


20060723180038.jpg

今日も時々雨の降る、うっとうしい日でした。一日中松の芽摘みをした。18鉢ほどしかない松ですが、どうも松は苦手なんです、自分なりに将来を考えながら芽摘みをしていくのですが、朝から夕方までかかってしまいました。

黒松の芽つみ(芽切り)
20060723043917.gif


松の芽摘みはみなさんは、いつごろやられてるんでしょうか?私は毎年7月22日前後に決めています。天候等も考慮されているんでしょうか?

いい機会なので、芽を切ってからどのくらいしてから芽が出始めるのか?どこから出るのか?今までは、あまり考えていなかったんですが、写真で追跡したいと思います。


黒松の芽摘み
20060722185302.gif黒松はあまり多く持っていないんですが、明日は芽摘みの日です。早く梅雨が明けて欲しいですね。


20060722175757.jpg

この黒松は8年前に樹形と古さに惚れ込み手に入れました。毎年、芽摘みは7月20日頃と決めていますので、この黒松の芽摘みをすることにします。

20060722181202.jpg

立ち上がりからスッと伸びて途中でガクッと折れ曲がっている。この黒松にいったい何があったのでしょう?自然の力なのでしょう。


20060722182034.jpg

折れ曲がった所にシャリが露出している。


20060722182819.jpg

今年はどうも梅雨明けが遅いように思いますが、これから夏にかけて天候はどうなんだろうと思いながら、芽摘み中です。


20060722183347.jpg

作業が終了しました。このところ蒸し暑かったので、さっぱりとし、気持ちよさそうですね。

美男カズラ
20060721213534.jpg

今朝、盆栽棚をみると美男カズラの雄花が咲いていました。1日花で、すぐ落ちちゃうんですが、雌花が咲いていないので受粉できないんですね。

20060721213558.jpg

これから雌花が咲くのを注意深く待つことにします。

フウラン
20060721062528.jpg

夕方にフウランの甘い香り、風を呼ぶということから風蘭と言うようですね。


うどんこ病
盆栽を3階のベランダに移したら、不思議なことにあれほど発生したウドンコ病が発生しなくなった。
どうしてなんだろう?
最近の気候のせいかな?
生き物は太陽と水と風(乾燥)のバランスが大切なんでしょうね。

唐カエデ
20060717180139.jpg
bo-4-5.gif

この唐カエデは始めたての頃、今でも覚えていますがビニールポットにただ鉛筆を挿しただけの様な挿し木苗11本を確か1,000円で買ってきました。今でも4鉢ほど健在ですがその内の一鉢です。立ち上がりが面白くないので全部を取り木をして仕立ててきました。
幹の太さは25年前とほとんど変わっていないと思います。

唐カエデは大きく作ればだらしなく大きくなりますが、小鉢でじっくり作ると非常に味のあるミニ盆栽になってくれますね。


20060717180206.jpg

針金は使っていません。ずっと鋏で作ってきました。多少、針金でひっぱりはしました。あの針金の螺旋状のような曲がりがいやなんです。

・・・自然がいいですね。人工的な曲は自然界にないですね・・・・

・・・・そして。完全な直線も自然界にないですね・・・・

・・・・家具、建築はキチッとした直線、曲線もいいんですが、植物には似 合わないですね。植物に失礼な気がします・・・・

・・・・だから家の住人になったら即座に切り落とします・・・・



20060717195138.jpg

・・・・この根張りを見てください。15cmの木にはみえないでしょう。盆栽は太さではありませんね・・・・
トラックバックの練習です。まだ意味が?
トラックバックって大筋ではわかるんですが、いまいち判らないんですね。このHPの通りに練習をやっています。
トラックバックとは?

今日は名古屋にお住まい(たぶん)のカメヲさん(ハンドル名)のHPを拝見させていただきました。勿論、ミニ盆栽も見事でしたが、テクニック、エッセイも含めユーモアがあり、盆栽のみに終わらず肩の凝らない、すばらしいHPでした。お年なのに(失礼)頭がやわらかいんでしょうね。カメヲさんの許可があったらリンクさせていただきたいと思います。


ベランダにて
P1010226.jpg

ベランダの様子・・こんなにいつ増えたのかな?ジャングルですね。まったくも~~
忠告ですが>♪♩♫♪数は少なく、その分愛情を注いでくださいね♪♩♫♪


P1010227.jpg

ベランダからこの写真の真ん中にあたりに富士山が見えるんですね。夏場はなかなか見えるときがありませんが、顔を出したら写真をUPします。



P1010229.jpg

あまりにも蒸し暑いのでベニチガヤを飾ってみましたが・・・やはり暑いですね

台風とザクロ
20060714224353.jpg


石坂洋次郎でしたか「台風とざくろ」って小説がありましたね。なにか郷愁のある題名ですね。
加山雄三、星由里子、内藤洋子出演の映画もありました。3人とも私の青春時代のスターでした。

このザクロは「ねじ幹ザクロ」です。古くなると幹が捩れてくるのでこの名前がついたんでしょうね。寒さに弱いので用心が必要です。

花は咲きますが未だに実が付いたことがありません。

・・・さて、このザクロを見ながら昔を思い出して「台風とザクロ」を読んでみましょうか・・・
ミニ薔薇
P1010182.jpg


こんなミニバラもいいもんですね!

20060714204153.jpg

このブログは季節感がないのでと愛知県の友人が送ってくれた自作の折紙です。
アジサイとかたつむりありがとう


山モミジ
20060713060227.jpg

この山モミジは15程前になるでしょうか。古い木でしたが樹形が気に要らないというので知り合いから頂いてきました。直幹で真っ直ぐな味のない木でした。
なんとかしようと斜めに取り木をかけ作ってきました。

・・・どんな樹形の木でも何とかなるって教えてくれた山モミジです・・・

思い出の赤松
20060711210955.jpg

20060711210922.jpg まだ何処を正面にするか決めかねています

20060711210857.jpg

20060711210806.jpg


この赤松は特に思い出深い木です。今から18年前、三河のおじいさんが長く栽培していたそうです。おじいさんが亡くなってから、息子さんが盆栽に興味がないため、譲ってもらったという知り合いを父が紹介してくれた。100鉢もあっただろうか?その中からこの赤松とまた紹介しますが黒松の2鉢を譲っていただきました。当時から相当の古樹でした。樹高10cmほどの木ですが、推定樹齢は50年以上になるでしょう。多分、山採り物だと思います。
この幹の荒れ、幹、枝の屈曲を見てください。
まだ芽摘み前ですので、葉が荒れていますが紹介させていただきました。


・・・・・この年、私にこの赤松をプレゼントして父は亡くなりました・・・・

だから特に思い出深い大事な一品なのです。
ブログ始めた理由
私の住んでいる静岡市は温暖な気候のせいか、昔から盆栽が盛んで、中でも小品盆栽は先駆的な地域です。私も20代の前半、ふと行った親類の家でみた雑木盆栽に魅せられた。品のいい骨董品のような古びた幹、まるで書道の達人が描いたような不規則に屈曲した枝、それでいて若々しい鮮やかな葉、まるで生きた芸術品のようでした。下からそっと覗くと、爽やかな春風を感じながら大木の根元で仰向けに寝そべって枝々の隙間から青空に流れる真っ白な雲をみているような錯覚をおぼえました。
大きい盆栽を育てるのには場所の制約もありましたが、ミニ盆栽があることを知り、種を蒔き挿木をし育て、かれこれ30年近くになる。そのほとんどをベランダで育ててきた。
今でこそ念願かなって家を新築しベランダは広くなりましたが1坪に満たないベランダで30年の大半を私はミニ盆栽達を育ててきました


・・・・・霊峰富士をみながら・・・・・

栽培する場所がないって思っている皆さんに狭くてもこのぐらいならできるってことを紹介したいと思い。このブログを作りました。


20060704213318.jpg

時期外れですが長い間育ててきた緋梅です。愛着のある一鉢です。今年の開花の様子です。市内の盆栽店で接木したばかりのタバコ位の太さだったでしょうか?手に入れ、立ち上がりからすぐの所から二股の分かれていました。針金で作ったいやらしい曲の一本をすぐに切り落とし、後は自然にまかせて鋏みをいれています。梅は突然、枝枯れしますので、あまり将来の樹形を考えずに枯れた枝はあきらめ、自然にまかせて作っていきます。

こんなチビでも玄関に飾るとほのかな梅の香りが漂ってきます。