プロフィール

BON人

Author:BON人
BONSAIは何年やっても納得のいくものは出来ませんね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミニ盆栽 ベランダ日誌
自宅のベランダで育てている。 ミニ盆栽の紹介。
ブナの追い込み
前回紹介したブナの奥芽を掛ける方法は長野県での方法です。
本によると弱い芽を8月の中旬から始めて順次強い芽に移行し9月の下旬にまでに行うとありました。
長野県と当地方では平均気温が違うし、どのように日にちをずらしたらいいんでしょうか・・
早く始めてしまうと葉が出てきて仕舞い冬芽を持つ事が出来なく枯れこむ事になりかねません。
遅くてなって仕舞うと単に通常の冬の追い込みになり意味がなくなってしまいます。
対象が大物盆栽であること等を考慮して、中を取って予定より早く頂部の強い枝は今日実施することにいたしました。

buna.jpg
ほんとは白い斜線部で追い込みたいところですがこの辺で我慢しました。

まあ・・実験ですので。 イヤハヤどうなるんでしょうね。



スポンサーサイト
ブナの追い込み
お彼岸ももうすぐだと言うのに今日は最高気温33度もありました。
蒸し暑さは真夏のようでした。
盆栽たちも爽やかな秋風が吹くのが待ち遠しいでしょうね。



20070917231616.jpg
富士ブナの紹介です。
実生した細い苗木を購入して20年以上は経っているでしょうか。
腰が高かったので以前、途中に針金を巻き取り木をかけました。

大木になるブナは頭に勢力が集中し懐の弱い芽は枯れ込みいつの間にかこんな樹形になってしまいました。
ブナを小品で作り続けるのは難しいですね。

こんな木を紹介したのは訳があります。
昭和56年発行の盆栽専門誌に載っていたブナの奥芽を掛けさせる新技術という記事を探し出し、試してみようと思っています。
記事の内容は、この時期に葉刈りを行い奥芽をかけさせようというものです。
この時期の葉刈りは始めてのブナには非常に危険なんですが、だらしなく20cmと大きく成ってしまったこのブナの再生にはこの方法しかない様に思います。

黒松の芽切りと同様に弱い芽を9月15日に葉刈りし次に上部の強い葉を半月遅らせて9月の30日に行おうと計画しています。
重要なことは必ず葉刈りと同時に枝を追い込むことだそうです。
今年は芽だけを持つそうですが・・

成功するか失敗するか判りませんが、ブログは自分にとっていい記録になるので写真で追ってみようかと思います。
どんな結果になるのでしょうね。

モミジ三幹
台風9号は雨は大したことはなかったんですが、風が強くて鉢がいくつか割れてしまいました。
油断大敵です。ここ数年、こんなに風が強い台風はこなかったのでたかをくくっていました。
昨日と今日は後始末に苦労しました。

今日紹介するモミジは27年前、実生した苗木を3本、寄せて植えました。
古くなると足元は完全に癒着して一体と化します。
2,30十本寄せて作ってきたモミジもあります。
樹形をみながらその都度、間引きながら最終、5,6本の足元の癒着した寄植ができるんです。
2鉢作ったんですが、皮肉なもので良い方が数年前に枯れてしまって今は1鉢あるのみです。

20070909222925.jpg
まだ出来ていませんが、合う鉢でも見つけたらそろそろ枝作りを始めてみようと思います。
上下14.5cm 左右22cm


20070909222910.jpg



20070909222710.jpg
古くなるとこのように根張りが癒着します。
皆さんもこのような樹形も面白いので、是非作ってみたらいかがでしょうか。


元気のないモミジ
猛暑が原因なのか、手入れが悪いのか。このモミジはなかなか元気が出ないんです。
春に吹いた芽で終わり、その後が出てこない。
一の枝も今年の冬に枯れ落ちそうで、心配なんですが。。。

これから秋の施肥をしっかりやることにしましょう。

P9030008.jpg



P9030009.jpg


赤芽ソロ
今夜は風が強く、ベランダに出ると涼しいっていうより寒いくらいです。
秋なんですね。

赤芽ソロです。別名赤四手(アカシデ)
四手とはしめ縄に垂れている紙のことで、花が似ているところからきているそうです。

赤芽ソロは山に行けば何処にでもある身近な木です。
幹肌は古くなると縦縞が入り何とも言えない風情がある。
ただ小品に作るには冬に小枝が枯れ易く難しいところがあります。


20070901232443.jpg
この木も山に遊びに行ったおりに楊枝くらいの苗を引き抜いてきて15年ほど経つでしょうか。
夏の水切れにも敏感に反応し、すぐ葉焼けや葉を落とします。
しかし意外にも枯れることがなく強健なんです。