プロフィール

BON人

Author:BON人
BONSAIは何年やっても納得のいくものは出来ませんね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミニ盆栽 ベランダ日誌
自宅のベランダで育てている。 ミニ盆栽の紹介。
睡蓮木(スイレンボク)
今日は二十四節気の「処暑」
暑さがやみ、朝夕の冷気が加わり涼風が感じられる頃。
たしかにこの所、朝夕は大分過ごしやすくなったように感じられます。

春の展示会の即売場で買った睡蓮木に花が咲いた。
睡蓮木の花は雑誌で見たことがあり、葉も小さいし苗木を購入した。
購入してすぐ植替え。
しかし植替え後に葉をふるってしまった。

ネットで調べてみると、別名:グルーイア、原産地:南アフリカ(インド洋側)。
耐暑性は強いが、耐寒性は弱く、越冬するには 7 ℃以上が必要である。
睡蓮木、名前から中国あたりが原産地だと思っていたが、アフリカとは・・

まだ寒風の吹く頃の植替えだったので、アフリカの木には無理があった。
しかし温かくなってきて徐々に息を吹き返し、ここにきて一輪、花が咲いた。

グルーイアが睡蓮木。
興味をそそられる名前。
誰が輸入して、誰がこんな名前を付けたんでしょうかねぇ・・
商魂には頭が下がりますが、いっぺんに興味が薄れてきました。


090823スイレンボク



スポンサーサイト
深山カイドウの接ぎ木
昨年、5月6日取り木を掛け5月24日に切り離した下の部分。
残った1本の細い枝を1年間伸ばし放題にしてきました。


昨年の取り木をした時の写真です。
環状剥皮した下の細い枝がわかるでしょうか。
http://hanatumibito.blog73.fc2.com/blog-entry-119.html
090816(080506)深山カイドウ接ぎ木06



細い枝も大分太くなりましたが、一直線で節間も長く面白くありません。
(早いうちに針金で曲をと思われるかもしれませんが・・・。)
枝を接ぐことにしました。
090816深山カイドウ接ぎ木01



太くなり下部とのバランスもとれましたが・・
090816深山カイドウ接ぎ木02



下に接ごうとする上部の枝が十分入る切込みを入れます。
あまり浅いと吐き出してしまいます。
090816深山カイドウ接ぎ木03


上部の枝を針金で誘引して切り込みにはめ込んで接ぎ木テープで縛ります。
090816深山カイドウ接ぎ木04



この木は次の段階でまた紹介したいと思います。
090816深山カイドウ接ぎ木05





盆栽 貴きもの
8月11日の早朝の地震。
びっくりして飛び起きました。

何鉢か棚から落ち、枝が折れたりしましたが、幸いにも大きな被害はありませんでした。

考えてみると数十年、いや百年以上も小さな鉢で毎日水を絶やさない丹精と、幾多の天災に会いながらも生き続けてきた盆栽の貴さを感じずにはいられません。

おそらく私と同じ年齢であろうモミジです。
我がベランダにきてからもうすぐ30年になる。
枯らすわけにはいきません。
樹高18cm 

090815モミジ01




葉刈り後の芽だし
まだ明けない梅雨。
朝から雨が降ったり止んだり鬱陶しい1日でした。
こんなに雨が続くと土の中の根も窒息するのではと心配になります。
心もち葉の調子も良くないように思います。


7月12日に葉刈りをした唐カエデとイワシデから芽がでてきました。
090802カエデ01



懐にも芽が吹いてきました。
090802カエデ02



イワシデは唐カエデより芽だしが遅いようです。
090802イワシデ01



090802イワシデ02



それでも夕方には雨があがり、予定通り清水の夏の風物詩、海上花火が夏空を染めてくれました。
090802kaijyouhanabi02.jpg