プロフィール

BON人

Author:BON人
BONSAIは何年やっても納得のいくものは出来ませんね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミニ盆栽 ベランダ日誌
自宅のベランダで育てている。 ミニ盆栽の紹介。
最後の手段。ヤレヤレ・・・
いっこうに消えてくれない黒松のハダニ。
教えてもらったドブ漬けも効果がありません。
半日ほど水に漬けていても、乾いたらチョロチョロと動き出した。
それではと、昨日の午前中から24時間以上漬けてみましたが・・・。
これでも死なない。オソルベシ!
すごい生命力です。
黒松のハダニは一般に色が赤いアカダニだそうだが、色が黒い。
何物なんでしょう。

こうなったら最後の手段。
バケツに殺ダニ剤を入れて逆さ吊りにして1時間ほど漬けてみました。
これが駄目なら、もう手立てがありませんね。

091129.jpg




昨日撮影した唐カエデ達です。
挿し木して数年ですので、まだまだです。


唐カエデ 挿し木 樹高9cmm
091128カエデ03



唐カエデ 挿し木 樹高10cm
091128カエデ04



唐カエデ 挿し木 樹高8cm
091128カエデ05



唐カエデ 挿し木 樹高7cm
091128カエデ06



唐カエデ 挿し木 樹高10cm
091128カエデ07



唐カエデ 挿し木 樹高8cm
091128カエデ08












スポンサーサイト
記録写真No3
ベランダに出て体を動かすと汗がでそうな暖かい1日でした。
汚く、見苦しくなった葉を落とし、かるい剪定。

先週に引き続き、記録写真を撮りました。
デジカメは便利ですね。



山モミジ 実生 樹高14cm
091128モミジ02



山モミジ 実生 樹高13cm
091128モミジ01



山モミジ 実生 樹高12cm
091128モミジ03



実生のモミジは根張りがこうなります。
091128モミジ04

こうなると小さい鉢には入りません。
太い木で小鉢に納まっている木のほとんどが取り木づくりなんでしょうね。



記録写真No2
世の中は緩やかなデフレの状況のようですが、盆栽や鉢の価格もデフレの影響受けてんのかな。
鉢も高級鉢は買わないし (ほんとは買えない)
盆栽も挿し木か実生、種木は時々安いものしか買わないしね。

鉢は価格が下がったら買いたい気持ちはあるんだけど。
会社の状況がいまいち・・・。
これ、まさにデフレかも。

激化する価格競争。
バブルも行き過ぎた代償は大きかったけれど、デフレスパイラルも恐ろしいですね。

せめて盆栽だけは競争して作るのはやめましょうね。



葉が落ちてきたものから順番に記録写真を撮りました。
イワシデ 実生 樹高15cm
091123イワシデ01



イワシデ 取り木 樹高10cm
091123イワシデ02



唐カエデ 挿し木→取り木 樹高12cm
091123カエデ01



唐カエデ 挿し木 樹高13cm
091123カエデ02



唐カエデ 挿し木 樹高11cm
091123カエデ03



唐カエデ 挿し木 樹高5cm
091123カエデ04



シナサンザシ 庭木を取り木 樹高18cm
091123サンザシ01



シナサンザシ 庭木を取り木 樹高15cm
091123サンザシ02



赤芽ソロ、カナシデ寄植 山採り 樹高20cm
091123ソロ01



モミジ 実生 樹高12cm
091123モミジ01



モミジ 実生 樹高5cm
091123モミジ02



モミジ 実生 樹高9cm
091123モミジ03

写真撮ってみると面白いですね。
木の欠点がよーく分かるんですから・・・。
枝の整理、単調な幹など。
平均して頭がス~と伸びすぎてますね。

課題、課題!



記録写真
天気も悪く肌寒い日が続きましたが、今日は久しぶりに暖かい1日でした。
紅葉、落葉は樹種や樹勢によって時期に差があります。
中でもソロは落葉が早いですね。
091121ソロ01



もう落葉し始めたものは葉を切り落とします。
ついでにかるい剪定、雑草取り、幹の掃除などをしました。
091121ソロ02



091121ソロ03



赤芽ソロ 山採り 樹高15cm
091121ソロ04



赤芽ソロ 山採り 樹高15cm
091121ソロ05



091121ソロ06



赤芽ソロ 山採り 樹高16cm
091121ソロ07



091121ソロ08



モミジ 取り木 樹高9cm
091121モミジ01



モミジ 実生 樹高13cm(右側の捨て枝は除く)
091121モミジ02



091121モミジ03



モミジ 実生 樹高14cm 下の写真とどちらを正面にするかまだ決めていません。
091121モミジ04



091121モミジ05



モミジ 実生 樹高15cm(細くスーと伸びた枝は除く) 昨年途中から大きく切り戻しました。
091121モミジ06



ほとんど肉が巻いています。
091121モミジ07



イワシデ(朝鮮ソロ) 取り木 樹高14cm
091121イワシデ




ダニの退治、最後の手段
未だに生き残っているダニ。
ほとほと参ってしまいます。
ほとんどの黒松の葉がじわりじわりと黄色くなってきて、やがて枯れ落ちる。

091115クロマツ01



091115クロマツ02

ダニの仕業?
栄養が足りない?或いは根詰まりか?
「マラソン」、「殺ダニ剤コロマイト乳剤」、「ダニ太郎」の3種類の薬を使いましたがはっきりした効果がありません。



今日は静岡市内の盆栽会の展示会があり、係りの方に黒松の葉が黄色くなる原因を教えていただいた。
根詰まり、ダニまたは鉄分の不足。
春に植替えをやっているようなら、ダニか鉄分不足の可能性がある。
メネデールの活力液肥の水溶液に半日ぐらい鉢ごとドブ漬けにすると、ダニの窒息死と栄養補給の両方ができ一石二鳥だと親切に教えていただいた。

う~~ん?
まあ、寒くなってきたし、このままにして枯れちゃうんなら、やってみるか!
早速ドブ漬けに挑戦してみました。

091115クロマツ03




今日の展示会、全日本小品盆栽協会駿府小品盆栽会の盆栽を紹介いたします。

カマツカ
091115スンプショウヒン01



ツルウメモドキ
091115スンプショウヒン02



カマツカ
091115スンプショウヒン04



百日紅(5~6cmの小さい木です)
091115スンプショウヒン05



黒松
091115スンプショウヒン06



マユミ
091115スンプショウヒン07



ミニケイトウ
091115スンプショウヒン08




加賀の武家屋敷
仕事で石川県金沢市へ行ってきました。
用事も午前中に終わり、あいにくの雨でしたが、情緒あふれる武家屋敷を散策してきました。
091113武家屋敷01



加賀藩千二百石、野村家などを見学してきました。
091113武家屋敷02



野村家の玄関に鎧と共に飾られていたマユミの盆栽。
091113野村家のマユミ



多くの武家屋敷の庭には赤松の庭木が植えられ、みごとな枝ぶりで庭の趣を引き立たせています。
針金では到底できない剪定や枝枯れによってできた枝の不規則な屈曲。
感動ものでした。
091113赤松08



091113赤松06



091113赤松07



茶屋街から武家屋敷に向かう途中、泉野神社(神明宮)の大ケヤキと偶然めぐり会った。
神明の大ケヤキ、金沢市指定保存樹で樹齢約1000年という。
091113ケヤキ01



091113ケヤキ02


雄大な姿を脳裏に焼きつけ盆栽の参考にしたいのですが・・・。
思うようにはねえ(笑)



紅葉を探しに
思い立って山へ紅葉を見に行ってきました。
まだ本格的紅葉とはいえませんが、オオイタヤカエデなどが深紅に染まっていました。
091108紅葉



紅葉もいいんですが、ついキョロキョロと盆栽素材を探してしまいます。
山道の脇には自然実生の赤松が・・・。
091108赤松01



手頃な太さの赤松を1本掘り取ってみました。
091108赤松02



植林が多いこの辺りでも所々で逞しく生きる赤松。
091108赤松06



立ち上がり部分に一曲ありますから根づけばなんとか
091108赤松03



葉はずっと上の方にしかありませんが、上の枝を撓めて下に接げば充分小物盆栽になります。
091108赤松04


小根はそのままにしてゴボウにだけ切って、動かないようにしっかり根元を縛って鉢に入れました。
091108赤松05

根づくといいんですが・・・。
で、ベランダの鉢数は増え続けるんです。(汗)



小春日和の作業
今日は立冬だというのに暖かい日でした。
こんな日を小春日和と言うんでしょうか。


以前紹介したことがある山採りのエゴノキです。
こちらが一応今の正面です。
091107エゴノキ01
樹高18cm


俗に言うぶった切りなので肉を巻ききれず、裏面下部が腐りこんでいます。
091107エゴノキ02



ブカブカになった木質部を彫刻刀を使ってきれいにします。
091107エゴノキ03



091107エゴノキ04



セメント(量販店で売っている速乾性のもの)を埋め込みました。
肉を巻いた後のことを考えて表面を少し低くします。
091107エゴノキ05



091107エゴノキ06



カットバスターで保護し、肉巻きを促します。
091107エゴノキ07

裏面が正面になるかもしれませんね。



寒くなりました
日曜日には時季はずれの蒸し暑さだったんだけど、今日は一転して寒くなりました。
冬から春には三寒四温。
三温四寒で冬に向かっていくんでしょうね。

富士山も一気に雪の量が増えました。
山頂は極寒の世界かな。

091103富士山

今日は思い立って、来年の植替えのための用土の準備。

まだしぶとく生き残る黒松の葉ダニの消毒を。
3種類目の薬でこんどこそ一網打尽にしたい~。
ったく・・・!



姫野紺菊
091103姫ノコンギク



足摺野菊
091103足摺磯菊



培養が長いだけのウメモドキ
全国各地からちらほら紅葉のたよりが届くようになりました。
こちら静岡市では紅葉はまだまだですが、ピラカンサやウメモドキ、秋グミなどの実が色づきはじめました。

25,6年前、実生したウメモドキで今も残る3鉢です。
ウメモドキ枝枯れするので本格的樹形を作るのは難しいですね。
紹介するにははずかしい姿ですが、このブログは自分の記録でもありますのでご勘弁ください。
091101ウメモドキ01



091101ウメモドキ02



091101ウメモドキ03
この木なんかどうしたらいいんでしょうか。
右側の立ち上がっている太い枝を落とすことになるんでしょうが・・・。

まあ・・枝接ぎなどをしてゆっくり改作していきたいと思っています。



話はかわり、今静岡県で国文祭が開かれています。
その催しの中、フラワーデザインの「プチィデザイン」部門のフラワーアレンジメントです。
091031プティデザイン05


10cmほどで小さくまとめられています。
こんな世界があったんだなぁ・・・。

近い将来、盆栽展にもこんな添えが出現するかもしれませんね。