プロフィール

BON人

Author:BON人
BONSAIは何年やっても納得のいくものは出来ませんね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミニ盆栽 ベランダ日誌
自宅のベランダで育てている。 ミニ盆栽の紹介。
姫サザンカの植替え
姫サザンカは非常に太りが遅い樹種なので、昨年は枝を伸び放題にしてきました。

110327ヒメサザンカ01



110327ヒメサザンカ02
今春は花をあきらめ植替えにあわせ切り込んでおきました。
また今年も樹勢をつけてある程度の太さを目指します。



110327ヒメサザンカ03
昨年挿し木した子供達も単植えしましたが、こんなものです。
時間が掛かりそうな樹種ですね。


スポンサーサイト
3本目のキンズ
師匠に頂いた3本目のキンズです。

110327キンズ09
この樹は数本の太い根が鉢の内側をぐるりと回っていました。



110327キンズ10
根はひとまずこのくらいに切っておきます。
昨日の樹と同じようにコブにならないよう枝を2本だけにしました。



110327キンズ11
同じ兄弟木でも根の状態にそれぞれ個性がありますね。


もう1本のキンズ
師匠からキンズを3鉢いただいてきました。
2本目のキンズです。

110327キンズ06
立上がりから横に倒れ弓形に起き上がったちょっと変わった樹です。



110327キンズ07
ひとまず一番上の根だけ切り取っておきましょうか。



110327キンズ08
枝は1箇所から複数出ていますので間引いて2本にしました。
来年どんな根張りになっているのか、今から次の植替えが楽しみです。


キンズの植替え
昨年師匠からいただいたキンズの植替えをしました。

110327キンズ01
実生で3~4年だと思います。



110327キンズ02
元の根は下にあり、細いですが上部から良い根が数多く出ています。



110327キンズ03
実生苗は挿し木をしないかぎり腰が高くなります。
なるべく腰を低くしたいので上部の根を残し下部を落とすことにしました。



110327キンズ04
こんな感じです。



110327キンズ05
枝を抑制してから植替えです。


イチイの植替え
今日は植替えも追い込みにかかり、朝から意気込んでいたんですが冷たい風が吹き最悪の天気でした。
まったく今年の植替えは上手いこといきません。
震災のこともあり、気分が滅入っていることもあるんですがね。

イチイを植え替えました。
挿し木して10年以上はたっています。
110326イチイ01
根張り立上がりが面白くなってきています。



イチイは1鉢しか持っていなかったので一昨年数本挿し木しておきました。

110327イチイ02



110327イチイ03
イチイは挿し木で容易に活着します。


赤芽ソロの切りつめ
赤芽ソロは小枝が枯れやすいうえ胴吹きがしにくい。
今まで作ってきた中で一番作り難いです。
取り木も難しいし、小さくまとめにくい樹種です。
小物の盆栽で骨の良い樹は今まで見たことがないことからも皆さん同じなのでしょうかね。

110319ソロ01
この赤芽ソロもだましだまし作ってきましたが、いつの間にか大きくなってしまいました。



110319ソロ02
植替えを期に上部を赤線で切り詰めることにしました。



110319ソロ03
こんな感じです。



110319ソロ04
長く大きさを維持するためにはいつかこうしなければなりません。


芽吹き
静岡市の桜は全国で一番早く咲いたようです。
例年ならソメイヨシノが咲く頃はもう寒く感じることはないのですが・・・。
今日も肌寒い一日でした。
今年はやはり何かおかしいですね。
盆栽の芽吹きも遅れ気味。
山モミジ中で1鉢だけ先駆けて葉が開いてきました。

110319モミジ05
3月19日
この樹は上部のコケがないうえ芸もなくしまりがありません。
いずれ一曲目のすぐ上で切りつめることになるでしょう。


なつかしい日記
盆栽を始めた頃の日記

昭和53年
3月16日(木)
三河松(岩石性)、八房黒松、けやき、山もみじの種を蒔く。

3月28日(火)山もみじ発芽

4月3日(月)三河黒松、けやき発芽 八房黒松いまだ発芽せず。

黒松の種を蒔いたのはこの時が最初で最後です。
だからこの黒松は実生33年になります。

110313クロマツ08
しかし太さは親指ほど・・・(笑)

大津波で軒並みなぎ倒された名勝高田松原。
奇跡的に1本だけ残った松があったそうです。
復興の象徴になって欲しいものです。


根腐れ
山モミジを鉢から抜くとどぶ川のヘドロのような黒色の用土がぼたんと落ち、根がほとんど付いていない状態でした。

110322モミジ01
この樹は3年間植え替えていません。



110322モミジ02
引き金は水切れか根詰まりなのかはわかりませんが、びっしり張った根が枯れ込み腐敗したのでしょう。
今年植え替えなければ確実に枯死です。



110322モミジ03
植替えの際、用土がべちゃっとしているときは注意が必要です。
根が健全ではありません。

いつまでたっても反省の連続です。


山モミジの発芽
昨年採取した山モミジの種が冷蔵庫に・・!
一昨日ふと思い出し野菜室から出してきました。
モヤシのようにぞくぞくと根を出し始めていました。

110322モミジハツガ01
湿らせた微塵と一緒にビニール袋に入れてあるのでフルイで洗い流せば種だけが残ります。



110322モミジハツガ02
約半分ほどの種から根が出ていました。



110322モミジハツガ03

昨年10月三島市の楽寿園内の盆栽展に行った折、採取した種です。
盆栽展の関係者にまだ時期が早いから発芽しないよと忠告を受けました。
確か一昨年も言っていたなぁ・・・。
うそばっか!
経験をしてないのに知識ばかりが先行して「大丈夫、大丈夫」と言っていたどこかの大学の原発の専門家のようです。


雨の一日
今日は一日中雨がしとしと降って暗く、震災のこともあり何となく憂鬱な日でした。
軒下で少し植替えをしましたが手が滑って鉢を落とし大事な枝を折ってしまったりして長続きはしませんでした。
午後は録画しておいた「龍馬伝」の総集編を観ながらのんびり過ごしました。

110306モミジ01
3月6日の山モミジ、全面の枝と上部を一段切り戻しました。



110306モミジ03
たいして太い枝ではありませんが、きれいに処理すると傷は大きくなりますね。
もっと早く処理をすればいいのですが、あまり早く枝順を決めてしまうと丸幹ができません。
正面からの樹形ばかり気にしていると、気が付いた時にはもう手遅れです。


梅の取り木失敗
さきほどのニュースで被災した石巻市でおばあちゃんとそのお孫さんが救出されたそうです。
暗いニュースが続く中でほっとする話題です。
家人の話ではスーパーで米などの食料品が少なくなっているようです。
買いだめなんでしょうね。
80歳のおばあちゃんが十日間もほとんど食べられなかったって云うのにね。


さて、2年前2本の梅を針金結束法で取り木を掛けました。
白梅と紅梅です。

110319ウメ01
昨年は根の確認をできず、今年に期待しましたが残念ながら出ていませんでした。



110319ウメ02
アルミ線を5~6周巻き、形成層が繋がるのを防いだつもりだったんですが、木質部がアルミ線をすっかり抱き込んでしまっています。



110319ウメ03
されば、環状剥皮をしてみます。



110319ウメ04
今まではビニールポットを使っていたのですが、根が出たのが分るよう、ポリのコップを利用してみました。



110319ウメ05
安定するように逆さに使ってみます。



110319ウメ07
これでも挿してから8年経ってるんですよー。
こんどこそ・・・(笑)


山モミジの取り木
昨秋入手した山モミジの取り木を掛けました。

110319モミジ01



双幹樹形にしようと思っています。

110319モミジ02
角度はこのくらい・・・



110319モミジ03
元木も一の枝から下は活かしたいので、環状剥皮は縦方向に短くなってしまいました。
その分深く削ります。



110319モミジ04
さてさて、良い根が出て欲しいですね。


河津桜
先月の河津桜見物、急ごしらえの出店に河津桜の植木が沢山並んでいました。
ほとんどが中途半端な大きさでものになりそうな物はありませんでした。
ま、当たり前ですけど・・・。
一番ひ弱な苗木を選んで買ってきました。
安かったし(笑)

110306カワヅザクラ01



110306カワヅザクラ02
ポットから抜いてみると恐ろしく水はけの悪そうな土に植わっていました。
根が窒息しそうです。



110306カワヅザクラ03
根はこんな感じ。



110306カワヅザクラ04
ゴボウ根を切っておきました。



110306カワヅザクラ05
接ぎ木ですが、台木は何なんでしょうね。
山桜か大島桜?
一応、深植えにして接ぎ口を埋め込み自根を期待です。


こんな感じに
13日に紹介した一の枝を残して切り戻した黒松を画像ソフトを使って将来図を書いてみました。

110313クロマツ03



黒松懸崖04
輪郭をトレースします。



黒松懸崖05
色を付け、こんな感じになりました。
しかしこんなに上手くいくのかな(笑)


挿し木のザクロ
挿し木で3年目をむかえる捩幹ザクロです。

110313ザクロ03



110313ザクロ05

親木は小さい丈でよく花を咲かせてくれます。
ザクロの花は艶やかなようで何か物悲しさを感じる花です。


人間のうぬぼれ
日が経つにつれ震災の甚大な被害状況が明るみになってきました。
想像を絶します。
未だ行方不明の家族。
泣きながら「おかあさーん」と大声で叫ぶ女の子の声が耳から離れません。

「福島第1原発2号機の冷却水が大幅に減少して燃料棒がすべて露出、最悪炉心溶融」
原発の近隣住民を札束で骨抜きにし、温暖化の問題に便乗して原発のクリーンなイメージを盛んに宣伝してきた電力会社。
おまけにオール電化で完全に勝利したかにみえましたが・・・。
人間のうぬぼれ。
今回の事故は神の忠告でしょうか。
とにかくメルトダウンしないことを祈ります。

黒松の植替え
地震の犠牲者は万人単位になると発表されました。
あの阪神淡路大震災を大きく上回りそうです。
原発も心配です。
とにかく未だ行方不明の方々の無事を願っています。
昨日はわが市でも津波警報が発令され一日会社に詰めていました。

さて、今日は黒松を中心に植え替えました。
こんなことやって不謹慎ですが、テレビの映像に耐えられません。

110313クロマツ01
実生の古い黒松です。
のんべんだらりと締まりがありません。
けっして大きくするつもりはなかったんですけど、30年も経つと大きくなってしまいますね。
もういっそのことやっちゃいましょうか。



110313クロマツ02



110313クロマツ03
一の枝を残して上を落としましたよ。



で、もう1鉢、この黒松もやっちゃいました。

110313クロマツ04
この樹もどうも・・・。



110313クロマツ05



110313クロマツ06
こっちの方がものになるかもしれません。

小物の場合、これをいつかやらなければならないんですけどね。


東北地方太平洋沖地震
あまりの悲惨さにブログを書く気力がありません。
東北地方太平洋沖地震でお亡くなりになられた方々に謹んで哀悼の意を表するとともに、被災された多くの皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

またイワシデ
挿し木からのイワシデです。

110306イワシデ07
樹齢は25年ほどだと思います。



110306イワシデ08
もう少し頭を低くすれば重量感がでてくるんですが・・・


命拾いしたイワシデ
昨秋、葉が落ちる前に水切れが原因で葉をふるってしまったイワシデです。

110305イワシデ01
葉落ち前の水切れはとても危険です。
芽が出てきたところで冬がくると万事休すです。
このイワシデは芽が出る前に寒くなったので命拾いしたようです。



110305イワシデ02
というわけで今年は素焼き鉢で元気をつけようと思います。


ひとまず基本樹形
取り木したイワシデを2年前に大きく切り戻して、傷を巻かせるため手をつけずそのままにしてきました。

110306イワシデ03
まだ傷は完全に巻ききっていませんがそろそろ基本樹形を作っていかなければなりません。



110306イワシデ05
棒立ちの頭を落としました。
そして将来の芯を針金で引っ張って起こしています。



110306イワシデ06
まだ根張りに味がないので子根を促すため深く植え込んでおきました。
取り木から始まり、ここまでくるのに5年ほどかかっています。



110306-090222イワシデ01
2009年2月
切り戻す前です。



110306-090222イワシデ02
2009年2月
太い幹を抜きましたので大きな傷ができました。


ケヤキの取り木
昨年、園芸店のミニ盆栽コーナーで買ったケヤキです。
立上がりから枝の分岐までが長すぎます。
このまま作っていったらゆうに20cmを超えてしまうでしょう。

110305ケヤキ01

植替えのついでに取り木を掛けることにしました。

110305ケヤキ02
ちょうど幹の半分ほどの所を環状剥皮して。



110305ケヤキ03
深鉢へ植え込みます。
さて根が上手く出てくれるでしょうか。
楽しみです。


イワシデのミニ盆栽
同じ樹種でも個性はまちまち。
このイワシデはいつまでたっても大きくなりません。

110306イワシデ01
じゃあ、ミニ盆栽で・・・。



110306イワシデ02
しかし水遣りがちょっと心配です。
昨年、油断して小さな鉢のツルウメモドキを枯らしています。


オカメ桜が開花
今日は朝早くから植替えをしました。
途中で植え土が底をつき、買いに行って、ふるい掛け。
大きなロスになってしまいました。
おまけに午後から冷たい風が吹き始め、早々に部屋に退散する始末。
今年の植替えは思うようにいきません。

数日前からオカメ桜のチビちゃんたちの花が咲き始めました。
昨年にくらべ約1週間は遅れています。

110305オカメ01



110305オカメ02
挿し木3年目です。
昨年も花が咲きましたから、オカメ桜は花付きがいいですね。
花が終わってから植え替えてやろうと思っています。


実生のピラカンサ
2008年に実生したピラカンサです。
黄実のピラカンサを蒔きましたが、実は黄色になるんでしょうかね。
まだまだ苗木で、盆栽と呼べるようになるには後何年掛かかるんでしょうね。
でも実生は面白いですね。

110227ピラカンサ01


110204-091229ピラカンサ01

2009年秋の写真です。


もう一鉢のヒメイタビ
2月27日に紹介したヒメイタビの兄弟木です。
4年前の同じ日に挿し木しました。

110227ヒメイタビ03



110227ヒメイタビ04
ざっくりと枝を切り戻しました。



110227ヒメイタビ05
双幹の面白い樹になりそうです。



110227-070729ヒメイタビ01
07年7月29日の挿し木前の写真です。


実生の秋グミ
この秋グミは2年前、他の鉢の隅に自然実生していました。

110227アキグミ01
模様が面白かったので昨年単植えにしました。



110227アキグミ02
植替えをして枝を追い込んでおきました。


マメナシの植替え
寒の戻りの今日、冷たい雨の一日でした。
しかし春間近です。
マユミ、グミ、イボタ、ピラカンサ、コナシなどは芽を吹き始めています。
遅れている植替えですが、これらを優先して植替えしなければなりません。

110227マメナシ
実生のマメナシ
まだ花が咲きませんが、そろそろかなと期待しています。