プロフィール

BON人

Author:BON人
BONSAIは何年やっても納得のいくものは出来ませんね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミニ盆栽 ベランダ日誌
自宅のベランダで育てている。 ミニ盆栽の紹介。
プランター採り
昨日は師匠からこんなものを頂いてきましたよ。

110429プランター
ずっとプランターで育てていた種木です。
時々剪定し、植え替えず、植えっぱなしだそうですが、年数はだいぶ経っているようです。


中を覗いてみると、おっ、なかなかいけそうな面々が・・・。

110430アセビ
赤花アセビ



110430ウグイスカグラ
ウグイスカグラ



110430ミヤサマカエデ01
宮様カエデ



110430ミヤサマカエデ02
宮様カエデ

必然より偶然が断然面白い。
これって山採りならぬプランター採りとでも云うのでしょうかね(笑)


スポンサーサイト
サワフタギの花
今日からゴールデンウィークですね。
私の勤めている会社は祝日は休みではありません。
休みたいときは年休です。
久しぶりに隣の市の師匠の家へ遊びに行ってきました。

110429ジュウタイ
連休の初日とあって大渋滞。
あれれ!
自粛ムードはどこへ行ってしまったのでしょうかね。
いつもなら1時間ほどで着くところ倍の2時間もかかってしまいました。

師匠は会社の元先輩です。
もう40年ほどの付き合いになりますが、盆栽好き同士、いつも盆栽談義に花が咲くんですよ。

110429サワフタギ
丁度サワフタギに花が咲いていました。
群れるように咲く白い花はなかなか魅力があります。


芽摘み
新芽がビュンビュン伸び始めました。
芽摘みに忙しい季節がやってきました。
盆栽イコール芽摘みと思っている方がいますが、弱っている樹、太らせたたい樹などはむやみに芽摘みはやりません。
この加減が難しいですね。

110424ケヤキ
4月24日
ケヤキ(挿し木)


姫国光の花
姫国光リンゴの花は姫リンゴより大きく、形からもどちらかと云うと国光リンゴに近いのでしょうか。

110424ヒメコッコウハナ
純白の花はなかなか清楚です。

国光リンゴは明治初期にアメリカから輸入されたロールス・ジャネットというリンゴなんだそうです。

♪ リンゴの木下で(原 信夫♯&♭) ♪



黄モッコウバラの花
黄モッコウバラの花が咲き始めました。

110424キモッコウバラ01
挿し木で4年目です。



110424キモッコウバラ02
八重の淡い黄色の花が毎年沢山咲いてくれます。


イモムシのお出まし
グミの葉の虫食い跡を発見。

110424イモムシ02
食害されたグミの葉は縁が白くなり実に痛々しい。



110424イモムシ01
しかし我が老眼のすすんだ視力ではこれが中々見つからないのですよ。

やっと植替えが終わり新芽が出揃ったと思ったら、こんどは害虫との戦いが始まるんですね。
春ですねぇ・・


三春の滝桜
昨日のテレビで福島県での大渋滞の様子を報じていました。
満開の三春滝桜を見にきた車の渋滞でした。
福島県への風評被害の払拭にこの桜がひと役かっているかのようです。
この巨桜が今年は特別人に勇気と安らぎを与えていることでしょう。
樹齢1000年以上、日本の三大巨桜の1つであり、大正11年に国の天然記念物に指定されている。



月刊誌「自然と盆栽」昭和53年発行の記事の中の一文です。
室町時代の永正元年(1504年)田村義顕が隣の守山から三春に居城を移したが、開花期は城から早馬をだし「ただいま何分咲き」と報告させ、満開になると、滝桜を見下ろす丘に殿様が花見の宴をはり「眼下に全樹を一眺にした」という。 その後、藩主が替わり、正保二年(1645年)秋田俊季が茨城から移城、幕末までの二百二十四年間、秋田公の代となったが「殿の桜」として保護され、滝桜の周囲の畑は地租が免除された。

昔から特別の桜だったようですね。
先般の東北太平洋沖地震で折れた枝があったようですが、大きな被害はなかったそうです。
発芽してから1000年もの間、地震などの天災に何回遭遇し耐えてきたのでしょうか。
しかし、放射能漏れは今回が初めての経験だったのでしょうね。


山モミジの小さな種
今日は朝から雨が降り続けています。
春に三日の晴れ間なしと云うけれど、休日の雨はやめて欲しいですね。
植替えも終わりひと段落して、これといった作業もないのですが、春風をうけながらのんびり盆栽を眺めているのもいいものです。

1104117モミジ
4月17日撮影
花の咲いた山モミジに小さな翼が生え、もう種の原型ができ始めています。



甲州野梅の改作
この甲州野梅、肌も荒れ古色が出てきましたが・・・

110402-080113コウシュウノウメ01
改作前に写真を撮るのを忘れまして、3年前の写真です。(08年1月13日撮影)

左の枝は胴吹きをすることもなく真っ直ぐに長く伸び、アンバランスです。
もう手に負えません。
110402コウシュウノウメ02
2011年4月2日

あまり神にするのは好きではないけれど、左側の枝は神にすることにしました。
で、斜めに植えて、裏を正面に変更。
何とかなったかな・・・(汗)


緋梅の挿し木苗
昨年剪定した枝を無造作に挿しておいた緋梅に根が出ていました。
親木は接ぎ木だし、野梅以外の梅の挿し木は難しいと聞いていたのですが意外に根が出るものですね。

110410ヒバイ
幹はまだ細くやわらかいので下から引っ張って曲をつけておこうと思います。


おかめ桜の実
挿し木用に大きく育てているおかめ桜に実が生りました。

110416オカメザクラノミ
面白いので実が熟したら蒔いてみようかな・・・。
寒緋桜と富士桜の交配種のおかめ桜、実生木はどんな花が咲くんでしょうね。
ちょっと楽しみです。


姫国光リンゴの花
昨年の秋雅展の即売会場で入手した姫国光リンゴにたくさんの蕾がつきました。
2月の植替え時に上部を切り詰めました。
今朝の灌水時に1輪花が開いていましたが、姫リンゴやズミたちの花は散りかけており、受粉ができるのか少々心配です。

110416ヒメツコッコウ01
かわいい実が1個でもついてくれたなら今年の秋の楽しみが増えるんですけどね。


ヒメリンゴの花
ヒメリンゴに花が咲きました。
園芸物でも花は同じように綺麗です。

110416ヒメリンゴ01
大きく切り詰めましたが傷は巻きつつあります。



110416ヒメリンゴ02
立上がりが細かったので深植えして根をだしました。
この根が将来の立上がりを作ります。



110416ヒメリンゴ03
枝がだらしなく伸びて単調なので芽出し前に切り詰めました。
期待通り懐近くから芽が吹いてきました。



110416ヒメリンゴ04
後ろ枝も同じように切り詰めました。


コメツガの植替え
コメツガを植え替えました。
入手して2年目をむかえます。

110410コメツガ01
株立ち状になっているので挿し木ものでしょうかね。

以前持っていたコメツガを無造作に刈り込んでしまって芽が吹くことなく枯らしたことがあります。
後で聞いたんですが、コメツガは芽当たりがない枝は切ってはいけないそうです。
コメツガは弱いとか気難しいと云われていますが・・・。
コツってものがあるんですねぇ。



110410コメツガ02
で、しっかり芽当たりを確認して追い込みましたよ。


イタドリの芽出し
イタドリは雑草の範疇でしょうね。

110416イタドリ
こんな雑草でも春の芽出しは赤くきれいです。


クチナシ(喜代誉)の植替え
小葉性のクチナシ、「喜代誉」の植替えをしました。

110410キヨホマレ01
一鉢に2本挿し木したものを盆友から貰い昨年は伸び放題にしてきました.



110410キヨホマレ02



110410キヨホマレ03
軽く剪定して単植えにしました。



110410キヨホマレ04
剪定した枝は挿し木しておきましたよ。


クチナシの挿し木
クチナシは挿し木で簡単に増やせ、相当太いものでも活着します。
昨日紹介したクチナシの切り取った上部も挿し木をしておきました。

110410クチナシ04
挿し穂が動くと根が出にくいし、鉢が強風で倒れて飛び出したりしないよう固定しておきます。



110410クチナシ05
先をハサミで斜めに尖らせたアルミ線をポットの横から刺し込みます。



110410クチナシ06
挿し穂の二股の上を押さえるようにして反対側まで通し両側を折り返しておきます。


クチナシの植替え
このクチナシは庭に植わっていました。

110410クチナシ01
たぶん初めての紹介じゃないかと思います。(違うかな?)



110410クチナシ02
植え替えと切り詰めを行いました。



110410クチナシ03
芯が細いので間が抜けていますが、芯は後2,3年太らせてから再度切り戻す予定です。


山柿
昨日に続きカキです。
今日のカキは山柿。
10年以上前に実生したものです。

110410ヤマガキ01
5年ほど前に幹が枯れましたが、ヒコバエが出てきて、からくも命を繋いでくれました。



110410ヤマガキ02
鉢から抜くとやはりカキですね。
トキワガキと同じように黒い根が用土を押しのけぐるぐるととぐろを巻いています。



110410ヤマガキ03
根はこのくらいに切り詰めました。
食用柿とくらべ実は小さいけれど、小物には無理があるので、ひょろっとした中品盆栽にでもしようと育てています。
実が生ったロウヤガキやトキワガキも風情がありますが、山柿の実なりの姿は日本の秋の情景を想像させてくれますね。

柿8年・・・。
毎年花を期待していますが、未だに花は咲いてくれません。


トキワガキの植替え
トキワガキを植え替えました。

110409トキワガキ01
走り根が1本、ポットの周りを何周も回っていました。



110409トキワガキ02
しかし枝幹の状態とくらべても根の走り方は半端じゃありません。
しかも幹より根の方が太いんですからね。



110409トキワガキ03-3
ロウヤガキやトキワガキは経験が浅いので良く分りません。
一応このくらい根を切り詰めておきました。



110409トキワガキ03-2
根の状態がどうなるんでしょう。
柿類の根処理は難しそうです。


山モミジの花
今日は春爛漫を期待していたんですが、がっかりの肌寒い曇り空でした。
山野草を中心に植え替えました。

110410サンヤソウ



山の木を取り木掛けした山モミジです。

110410モミジ01
今年は花が異常に沢山咲きました。



110410モミジ02
小さな花ですが、これだけ咲くときれいなものです。

樹高は25cmあります。
大きいけれどこのまま作って行こうと思っています。


朝から雨
今年は休みっていうと天気が悪いんだから・・・。
今日も朝から雨でした。

110409.jpg
午後から天気は回復してきたけれど。
なにか気乗りがしなくて・・・。
トキワガキ1鉢だけ植替え。

明日は春本番の陽気のようです。


ヒサカキの植替え
ヒサカキを植替えました。

110402ヒサカキ01
とても地味だし、どこにでもあるので価値観を感じないんでしょうか。
ヒサカキはあまり盆栽に作られていないですね。



110402ヒサカキ02
うっかり見逃してしまう小さな花です。



110402ヒサカキ03
作りやすいし1,2鉢は持ってもいい樹種ではないでしょうか。


キンズの植替え
キンズの植替えです。
一昨年下部に接ぎ木をしておいてから昨年上部は取り木をしました。
取り木を外してから接いだ枝だけ残して切り詰めました。


110402キンズ01
左側が接ぎ木した枝です。



110402キンズ02
根張りは十分ですし立ち上がりも面白いです。



110402キンズ03
今後どのように作っていこうか楽しみな樹です。


真柏の改作
昨日の真柏の元木は下部に枝がなく小物にできそうにないので昨年接ぎ木をしました。
ところが見事に失敗。
で、三幹の左右の幹を神にして作り直すことにしました。
真ん中の幹は縦に引き裂き(1月に作業)下に撓めました。

110403シンパク06
真柏のことは分らないので手探りのやけくそ作業です。(笑)


真柏の挿し木
2年前に盆友から頂いた真柏です。
ミズゴケで覆っておけば根が出ると聞き早速昨年の春に試してみました。

110403シンパク01



一年間一向にビニールの内側に発根の兆しがありません。
ミズゴケを取ってみると。
110403シンパク02
やっぱ・・・。
ちょろんと数本だけ。



110403シンパク03
で、え~~い!
切り取って。



110403シンパク05
挿しちゃいましたよ。


フジザクラの植替え
フジザクラです。
昨年の夏場に樹勢を落としたためか、今年は花芽を持ちませんでした。

110402フジザクラ01



110402フジザクラ04
立上がりが細いですが倒して植え付け、少し上から出ている細根を大事にしようと思っています。
フジザクラはちょっと気難しいところがあり根の無茶な追い込みは枯れる原因になります。


桜も自粛のようです
予定通りなら今日まで開催された静岡市に春を告げる静岡まつりも震災に伴う自粛で中止になりました。
いつもなら桜の満開のもとで行われる華やかな大御所花見行列ですが、今年はほんの2~3分咲きでしょうか。
今日はどんよりして気温も上がらず開催してもしっくりこない花見行列になったのでしょうね。
天気の方も自粛ムードのようです。

どうやら我がベランダの桜も自粛のようです。

110403フジカスミノハナ01
フジザクラ(富士霞)



110403ニワウメノハナ01
ニワウメ



110403ズミノハナ01
ズミ



110403フジザクラノハナ01
昨年挿し木した小さなフジザクラにも一輪花が咲いていました。


炉開き
昨秋入手したツバキ「斑入り炉開き」の苗木です。
本当は普通の炉開きを欲しかったんですが・・・(笑)
植替えをすることにしました。
下に小さな芽があり、そこから作り直そうと思っています。
上部の枝をそのままにしておくと大事な芽が心配だし、芽を残し切り詰めると徒長しそうだし。

110327ロビラキ01
2本の枝の片方を切り取っておくことにしました。



110327ロビラキ02
この芽から再出発です。


イワシデの取り木
イワシデに針金結束法で取り木をかけました。
2年間我慢したけれど根がでません。
ミズゴケを取ってみると、なるほどです。
針金が食い込んでいませんでした。

110327イワシデ01



もう、やっちゃいましょう。

110327イワシデ02
環状剥皮で再度取り木に挑戦です。
針金を巻いた方がかたいのですが・・・。
取れれば面白い樹になるんですがね。