プロフィール

BON人

Author:BON人
BONSAIは何年やっても納得のいくものは出来ませんね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミニ盆栽 ベランダ日誌
自宅のベランダで育てている。 ミニ盆栽の紹介。
ロウヤガキの植え替え
昨年の秋に購入した「三河紫」という品種の極小の実のロウヤガキです。
既に秋の植え替えが終わっていましたが、再度植え替えを行いました。

120129ロウヤガキ01


120129ロウヤガキ03
根の中心部に入っていた粘土質の土をきれいに取り去り、太根の処理をしておきました。



120129ロウヤガキ04
もちろん、切り取った根は根伏せにしておきましたよ。
これが植え替えの目的でもあったんですけどね。



120129ロウヤガキ05
水はけの良い用土で植え替えました。
自分勝手な思いですけど、気持ちが良さそうです(笑)


スポンサーサイト
エゴノキの植え替え
エゴノキの植え替えをしました。

120129エゴ01
山から掘ってきてから10年は経っていますが、なかなかできません。



120129エゴ02
今回は向かって右側の膝を曲げたような太い根を処理することにしました。



120129エゴ04
思い切って詰めました。
中途半端な切り詰めは、またやり直すことになり時間の無駄になります。



120129エゴ05
将来、双幹の右を落とすかもしれませんが、まだ傷が残っています。
段階を踏んで着実に作って行こうと思っています。
私にはちょっと大きすぎるのですが、いい所ができれば取り木してもいいし、ま、とりあえず、このまま維持していくことにします。


胡蝶侘助ツバキ、初めての花
2008年に取り木から外し、枯れるのを覚悟でカルスのみで植え込んだ胡蝶侘助ツバキ。

120129ワビスケ01
昨年から樹勢がのってきて、やっと初めての花が見れそうです。



120129ワビスケ02
嬉しさもひとしおです。


山モミジの植え替え
今日は社内の日帰り旅行。
折角の休み、この時期には参加したくないんですけどね。
で、今月14日の作業です。

120122モミジ15
この山モミジは上部が単調で加えて太ってコケがなくなっています。



120122モミジ16
植え替えに併せてカンヌキ枝の所で切り戻すことにしました。



120122モミジ17
又枝切りで少しずつ追い込んでいきます。



120122モミジ18
肉を巻いた時に自然になるように傷の縁を深く、中心部を少し高く球状にしておきます。



120122モミジ19
一応仮の正面です。



120122モミジ20
裏面です。

さて、明日は忙しくなりそうです。
外が寒くなければですがね(笑)


手に負えない唐カエデの構想
太すぎて手に負えない唐カエデです。
4年前に左の太い枝を接木しました。

120122カエデ01
しかし、どうも気に入らないので、接いだ枝元へ昨年更に穴接ぎをしました。



120122カエデ02
ところが昨年、台風の強風で鉢が棚下に落ちてしまい、元からポキリと折れてしまいました。

どうも、太すぎるし。
このままでは品もないし。
発想を変えて、下の根張りはあきらめて、今年は中ほどから取り木をかけてみたいと思っているんですがね。


山モミジ
今年一番の寒気が日本上空にやってきているそうで、とにかく寒い日が続きます。
毎年早くから植え替えを始めますが、寒風の吹く寒い日などはなかなか進みませんね。

120122モミジ13
山モミジ



120122モミジ14
化粧鉢に植え替えました。


山モミジの植え替え
この山モミジは実生で8年ほどでしょうか。
よく覚えていません。

120122モミジ10
早くからこんなブログをやっていれば記録が残っているんでしょうが・・・。



120122モミジ11
同じ山モミジでもぐんぐん太ってくる樹、いつまでも一向に太らない樹があります。



120122モミジ12
同じように培養をしてるんですけどね。
やはり持って生まれた性なんでしょうね。

今夜はとても寒いです。
この冬一番だと思います。
浅鉢に植え替えた樹の凍結がちょっと心配です。


山モミジの植え替え
昨年7月に取り木から外した山モミジです。

120122モミジ05
秋までに樹勢がついていましたので植え替えをしました。



120122-110707モミジ
これが昨年7月の取り木から切り離したときの写真です。
ほとんど根が出ていません。



120122モミジ06
うれしいことに根が増えてきています。
根接ぎを考えていましたが、来年まで様子をみることにしました。



120122モミジ07
今の根を抑制して、来年はさらに増えていることを期待。
もう少し枝を整理しなければなりませんが、ひとまずここまで。



120122モミジ09
深植えして、今年は自由に成長してもらうことにします。


山モミジの植え替え
山モミジの植え替えをしました。

120122モミジ01
2007年に取り木から外し、もう今年で5年目を迎えます。



120122モミジ02
前面の根張りは出来てきました。



120122モミジ03
裏側は、当初ほとんど根がない状態だったんですが、子根が出てきているようです。
強い前面の根を大きく切り込み、裏側の根の発達を促します。



120122モミジ04
まだはっきりとした樹形の構想はありません。
左を活かすか、あるいは落としてしまうか。
う~~ん。
また持ち越しです。



120122-070807モミジ
2007年の取り木から外したときの写真です。
経ってみると5年は早いと思うと同時に盆栽はなかなかできないものですね。ハイ!


お土産
日本小品盆栽名品展の即売会で購入したボケとノバラです。

P1210003.jpg
ボケ(紅小町) 
どうもボケは作りにくいように思い、今までボケは育てたことがありませが、矮小なので試しに持ってみることにしました。



P1210007.jpg
ノバラ(みやび)
昨年、神奈川県の盆栽展で見た、この品種の花の綺麗さが気に入り探していました。

横浜のヨドバシカメラで小物の写真撮影用セットを見つけ、買ってきたので早速使ってみましたよ。
バックの色は4色ありますが、この色は失敗ですね(笑)


全国小品盆栽名品展 その3
では続いての全国小品盆栽名品展

120115名品展27
五葉松


120115名品展28
黒松


120115名品展30
ボケ(紅小町)


120115名品展31
ケヤキ


120115名品展33


120115名品展34
姫シャラ


120115名品展35
即売会の風景
即売店では、写真にもある小さな深紅の花のボケ、紅小町の苗を購入。
展示の紅小町が人気だったのでしょうか、最後の一鉢。
最後に残された、芽が出てくるのか心配になるくらい小さな苗木。
宝物のように持ち帰りましたよ(笑)
もう一鉢は以前から欲しかったノバラ(ミヤビ)を購入しました。

一人で来たのでとにかくゆっくりと粋な盆栽を鑑賞することができたので、満足の一日でした。


120115ゴヤ展
グリーンクラブを後にして、残りの時間は国立西洋美術館で開催されていたゴヤ展で「着衣のマハ」を鑑賞してきました。


120115中華街
宿泊地は横浜みなとみらい。
中華街で安い定食を食べ。


120115みなとみらい
無料の夜景を楽しんできました。


120116柴又駅
二日目は盆栽から離れ、東京観光です。
寅さんファンとしては一度は見てみたい葛飾柴又へ行ってきました。
京成柴又駅前の寅さん像は人気があります。


120116とらや
第1作から第4作まで撮影に使用されたという「とらや」。
ここで名物の草だんごをお土産に購入。


120116帝釈天
帝釈天で今年の初詣。


120116シウマイ弁当
帰りは横浜駅から東名バス。
なつかしい崎陽軒のシウマイ弁当をいただきながら、頭によぎる翌日の仕事を払いのけながら家路についたのでした。


全国小品盆栽名品展 その2
昨夜、明日につづくなんて書いたのですが、仕事が急遽発生して帰りが遅くなってしまいました。
年寄りには夜更かしは禁物、手抜きで写真のみとさせていただきます。

120115名品展08
ロウバイ


120115名品展16
琴糸ナンテン


120115名品展20
赤芽ソロ


120115名品展21
真柏


120115名品展22
黒松


120115名品展23
ツバキ


120115名品展24
黒松(錦性)


120115名品展25
唐カエデ


120115名品展26
ムラサキシキブ

明日につづく タブン


全国小品盆栽名品展
去る1月15日、上野のグリーンクラブで開催された全国小品盆栽名品展を観てきました。
社内の撮り鉄(鉄道写真を撮るマニア)のグループが一泊で東京方面に行くというので、ちょうど名品展があるし、便乗することにしました。
東名バスから降りた途端、撮り鉄達はあっという間に消えてしまいましたけどね。
私はひとり撮り盆に向かったのです(笑)
アメ横で食事をとり、グリーンクラブに到着したのは午後1時ごろでした。
第41回、歴史のある盆栽展です。
雅風展の非の打ちどころのないカチンとした盆栽とは一味違い、派手さはないけれど、何とも肩の凝らない樹々が並んでいました。
俗にいう詫び寂びの世界とでも云うのでしょうか。
どの樹もむやみに手を加えず、じっくり時間を掛けて作った味わいがありました。
そういった意味では雅風展と一線を画す展示会なのでしょうかね。
ありがたいことに写真撮影も自由とのこと。
たっぷりと撮り盆をしてきましたよ。

120115名品展01


120115名品展02
う~ん、小さい!



120115名品展03
上の写真の右上の杉


120115名品展04
津山ヒノキ


120115名品展05
五葉松


120115名品展06
河津桜


120115名品展07
真柏


120115名品展09



120115名品展10
真柏


120115名品展11
アイナシ


120115名品展12
河津桜


120115名品展13
ケヤキ


120115名品展14
ウグイスカグラ


120115名品展15
カロライナジャスミン

今夜は遅くなってしまいましたので、明日につづく


師匠から頂いた唐カエデの植替え
師匠に頂いた唐カエデを植替えました。

120107カエデ02


120107カエデ04
長く植え替えていなかったのでしょう。
根はカチカチにつまり、鉢から抜くのに苦労しました。



120107カエデ06
さすが師匠、底根はしっかり処理をしてあり、根の整理は簡単でした。
ひとまず、こちらを正面とします。



120107カエデ05
裏面



120107カエデ07
基本の樹形にするため、大まかにつめておきました。


120107カエデ08
元から切らず少し残しておきます。



P1090048.jpg
正面



P1090049.jpg
裏面
こちらが正面になるかもしれませんが、正面の決定は持ち越しです。


唐カエデの植替え
入手して10年ほどの唐カエデです。

120109カエデ01
赤矢印の所が太ってしまって気になります。



120109カエデ03
ここを大きくえぐり取った以外、ほとんど手はいれず植替えを行いました。



120109カエデ04
樹高14cm
基本的な骨はできてきました。
後は小枝を整理して、葉刈りをしながらふわっとした小枝づくりを心がけたいと思っています。
そして深植えにして更に根張りを作っていきます。


お土産の甲州野梅
雅風展で購入した甲州野梅です。
梅の種木は促成し、太く直線的な幹をサバにしてある樹をよく見ます。
この樹にもサバはあるものの、人工のものではありません。
そしてやわらかな幹模様が気に入って購入しました。
幹もそこそこ古さがでています。
深鉢に植わっていましたので、根張りの様子が気にはなりましたが。
ま、要するに気に入っちゃったんです(笑)

120109コウシュウヤバイ01
樹高12cm
一応、ここを正面にしようと思っています。 


120109コウシュウヤバイ02
9時方向


120109コウシュウヤバイ03
12時方向 裏面


120109コウシュウヤバイ04
3時方向

野梅と云っても梅、枝枯れをしやすいのでどうなるのかは分りませんけどね。


雅風展もうで
雅風展に行ってきました。
初詣で賑わう、平安神宮。

120108ガフウ01
この赤鳥居をくぐり、次の交差点を左に少し行くと雅風展会場のみやこめっせです。



120108ガフウ02
前の道路は通行止めになり、消防の出初式が行われていましたよ。
平安神宮が目の前なので初詣をしてからとも思いましたが、ばちあたり信仰心のない私は一目散に雅風詣どすえ~♪



120108ガフウ03
ニ礼ニ拍手一礼で入場・・・。
でも、写真撮影の禁止にはちょっとがっかりです。



120108ガフウ04
会場では席飾りの講習会が行われていました。
丁寧な説明で解りやすくとても勉強になりました。
良い企画ですね。



120108ガフウ05
即売会場も大賑わいでした。
鉢2つと素材を1鉢買いました。
と、一応定番の生八ツ橋を・・・。

一級品を観るのも勉強。
ついに平安神宮の初詣は行けませんでしたが、充実した一日でした。
自分で出展することはないだろうけど、いつか自作の樹が飾られたらと夢想しながらの遅い帰宅となりました。

しかし、京都は遠い。


静岡県東部小品盆栽展
今日は静岡県東部小品盆栽展にお邪魔しました。
用事があったので、長居ができず、さっと観てきました。

時間がなかったこともあり、ボケた写真。
せっかく丹精して作り上げた盆栽ですが、ご勘弁ください。

120107キンズ01
キンズ


120107キンズ02
キンズ
この時期の展示にはオレンジの実が鮮やかなので持ってこいですね。


120107クロマツ
黒松 
すっくと斜めに立ち上がってバランスの良い樹でした。


120107シンパク
真柏


120107ズミ
ズミ


120107ケヤキ
ケヤキ


120107マンシュウコナシ
満州コナシ
実がよく付いています。
我が家の満州コナシはまだ実がついてくれませんが、どのくらいの樹齢なんでしょう。


120107ウメ

野梅系でしょうか、よく枝ができています。
花が咲けばいっそう引き立つでしょうに・・・。
残念です。


120107ニレケヤキ
ニレケヤキ
重厚な素晴らしい樹でした。
株立ち状の部分を取り木して作ったと思われます。

さて、展示会続きになりますが、明日は京都の雅風展を観にいく予定です。
京都に行くのは何年ぶりでしょうか。
早朝の出発、今夜は早めに寝なければいけません。


古枝挿しの唐カエデの植替え
この樹も正月2日に植替えをしました。
昨年古枝挿しをしました。

120102カエデ05
左側の低い枝はやけ込んでいます。



120102カエデ06
根は元気が良さそうです。



120102カエデ07
根はまあまあ・・・。



120102カエデ08
と、思いきや、やはりやけ込んだ方は根がでていませんね。



120102カエデ09
と云うわけで、また来年に期待ということで。


ピラカンザの実
冬も本格的になって、美味しい木の実もなくなってきたようです。
小鳥たちからいつも後回しになるピラカンサの実。

120103ピラカンサ
背に腹は変えられません。
ついに啄ばみはじめました。



120103バラ
季節に不似合いなミニバラの花が一輪咲いています。


西洋カマツカの植替え
2009年に実生した西洋カマツカです。
今年3年目をむかえます。
植替えを行いました。

順調に成長しているようです。

120102セイヨウカマツカ01


120102セイヨウカマツカ02


120102セイヨウカマツカ03
ほとんどの樹が株元からヒコバエが出ています。



120102セイヨウカマツカ04
樹の特性に逆らわず、株立樹形に作っていくのが良さそうです。



120102セイヨウカマツカ05
昨年も1月に植替えを行いましたが、霜柱で土が押し上げられ、根が露出。
出勤前に一苦労しました。
めったにこんなことがない当地方なので油断しました。
そんなことになってもビクともせず順調に育つ西洋カマツカ、強い樹種です。
しかし、今年はスチロールの箱の中に保護しておきましたけどね。


根はどうなってるのかな?
一昨年、取り木から外した山モミジを植え替えました。
さてさて、根の状態はどうなのかな?

120102モミジ01


うう~ん

120102-100912モミジ
これが2010年9月、切り離した時の写真。
根が2本、完敗。トホホ・・・



120102モミジ02
やっぱ、想像通り、ほとんど、少し増え?、がっかり



120102モミジ03
因みに右の黒く枯れた根のように見えるのは枝なんです。



120102モミジ04
太い根は極力短く切っておきます。
幹に水揚げ量に合わせ、少ない根が不自然に太ってしまうし、子根の促進ができません。



120102モミジ06
どうせ三幹の幹を1本外したついでの副産物なので、ポイと捨てちゃえばいいんですけど。
ま、あと1年待ってみましょう。



120102モミジ07
来年、また会いましょうね。


植替え始め
新年も早2日。
歌会始めならぬ麻呂は植替始めでごじゃる。

冗談はさておき、例年の正月から4月頃までの植替えの始まりです。
今日は唐カエデ、西洋カマツカの植替えをしました。

丁度2年前の1月になれぬペットボトル挿しを行って、1本だけ着いて、更に根は1本だけという惨敗に終わったペットボトル挿しの唐カエデです。

120102-100113カエデ挿し木07
2010年1月挿し穂の状態



120102-110107カエデ
2011年1月の植替え時
根が1本だけ



120102カエデ01
さて、根の状態はどうなのでしょう



120102カエデ02
元気良く伸びています



120102カエデ03
1本のみの根は1曲となり、すぐ下から四方に根がでています。



120102カエデ04
後は自由に伸びてもらい、また来年楽しませていただくでごじゃる。


明けましておめでとうございます
明けましておめでとうございます
風もなく暖かで穏やかな新年を迎えた静岡市です。
昨年は私のつたない日記を読んでいただきありがとうございました。

さて、今年は姫シャラと姫柿の種を沢山ストックしてあります。
今から発芽が楽しみです。
将来の樹形を勝手に想像、夢想しながら、手入れをするときは天使のひと時。
盆栽は何年やっても難しく思うようになってくれませんが、間違いなく云えることは、愛情をもって続けさえすれば必ず良くなってくれます。

本年もよろしくお願いいたします。

120101年賀状-2