プロフィール

BON人

Author:BON人
BONSAIは何年やっても納得のいくものは出来ませんね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミニ盆栽 ベランダ日誌
自宅のベランダで育てている。 ミニ盆栽の紹介。
山モミジのミニ盆栽
山モミジのミニです。

120219モミジ03
根張りはできましたが、これからの枝作りが問題ですね。


スポンサーサイト
山モミジの植え替え
山モミジです。

120225モミジ01
根張りから立ち上がりが気に入っています。



120225モミジ02
昨年接いだ枝が思ったより勢いを持たず、まだ活着していないようです。
この枝が独り立ちできるのは今年の秋でしょうかね。



120225モミジ03
今年は素焼き鉢から化粧鉢に移しました。


サンショウ(山椒)の植え替え
挿し木4年目のサンショウの植え替えをしました。
サンショウは移植を嫌うというけれど、毎年植え替えをしていますが、特に問題はありません。

120225サンショウ01


120225サンショウ02


120225サンショウ03
昨年、鉢の隅に差しておいたものに根がでていましたので、ビニールポットに植えておきました。



120225サンショウ04
最初の写真の樹、立ち上がりが面白くないので、左側に集中している根を残し、右側の2本の根を外すことにしました。


120225サンショウ05


120225サンショウ06
これで立ち上がりに一曲できました。


おかめ桜が開花
午前中は会社に出勤。
午後遅くからの植え替え作業となりました。

サギソウを植え替えましたが、昨年の暑さで芋は半分ほどになっていました。
3階のベランダでは山野草類は難しいですね。

120226カエデ01
唐カエデのミニ盆栽です。



120226オウバイ
早春の花、オウバイが咲き始めました。



120226オカメ
早咲きのおかめ桜も一輪開きましたよ。


満州コナシの植え替え
本格的に植え替えをしなければならない時季に入ってきたのに、朝起きると雨。
午後にはあがったものの曇り空のままで、あまり気乗りがせず。
数鉢の植え替えに留まりました。

芽が動き始めた満州コナシの植え替えをしました。

120225マンシュウコナシ01
2010年に取り木しました。



120225マンシュウコナシ02
冬の間、置いていた玉肥を取ってみると白い根が露出していました。
葉がない冬季でも玉肥の中に数多く入りこみ、栄養を吸収している証拠ですね。



120225マンシュウコナシ03
根は満遍なく出ています。
このくらいに根を整理しました。



120225マンシュウコナシ04
まだ樹形の構想はしていませんが、どう見ても株立ち樹形でしょうかね。


根伏せの満州コナシ
帰宅直帰のつけで今夜は帰宅が遅く、更新がこんな時間になってしまいました。

2009年に根伏せした満州コナシの植え替えをしました。

120219-100331マンシュウコナシ01
翌年、2010年の3月の植え替え時です。
腰がのっぺりと長いです。
上に細根があるので大きく切り込んでおきました。



120219マンシュウコナシ01
3年たって細根も充実し、腰が低くなったので、感じが変わってきました。
まだまだですけどね(笑)


なんとか体調が回復
休日に無理して植え替えをしたためでしょうか。
月曜から体調を崩しまして。
会社を休むわけにいかない事情があり、帰宅してすぐフトンに直行の繰り返し。
ブログも更新できませんでした。
若い頃は1日寝込めば風邪ぐらいスパッと治ったものですが・・・。

今日は午後、雨が止んでからは春のような陽気、だいぶ体調がよくなりました。
ったく、無理は利かない歳になりましたね。

さて、日曜日に植え替えた山モミジです。

120219モミジ01
予定していた右側に一の枝を接ぎました。



120219モミジ02
接ぎ込んだ枝が太くなればもう少し見栄えがするでしょう。



120219-081201モミジ
2008年12月の左側のこぶを切り取ったときの写真。



120219-100507モミジ
2010年5月、右側の太い枝を外す前の写真です。
今は完全に傷はうまっています。


梅が満開に
今日も冷えました。
植え替えをしようと樹を鉢から抜くと中が凍っていて根が切れないんですから・・・。
そんなわけで日中の数時間だけの植え替え作業になりました。

120218ヒバイ
一週間前に一輪だけ咲いた緋梅が満開です。



120219カワヅ
早咲きの河津桜が咲き始めているようですが、昨年の桜まつりの土産、我が家の河津桜はもう葉が開いています。


出雲大社ヤブツバキ(藪椿)の花
出雲大社ヤブツバキが咲きました。

120218ヤブ01



120218ヤブ02
筒咲き、 筒しべ、 一重で小輪、濃鮮紅の色がとても良いです。
花のさびしい時季、目に鮮やかです。



120211ヤブ
一応、挿しておきましたけど。


山モミジの植え替え
この山モミジは、素焼きに入れて休ませていました。

120212モミジ06


今回の植え替えでは化粧鉢に植えました。

120212モミジ07
化粧鉢に2年か1年植えたら、1年は素焼きに入れて樹を休ませることも大事だと思います。


山モミジの植え替え
古い山モミジです。

120212モミジ05
樹が古くなると走り根はほとんどなく子根ばかりになります。
それと同時に樹形の変化もなくなりますけどね。
このまま維持していくか、もう一度切り戻すか、思案のしどころです。


カリンの植え替え
カリンの植え替えをしました。

120212カリン01
実生して1本だけ芽をだしたカリンで、棚でカリンはこの1鉢だけです。
一度がれてしまい現在作り直しているところです。



120212カリン02
今回は、一応化粧鉢に植えてみましたよ。
この大きさでは花を見ることはないと思いますが、何といってもカリンの魅力は肌の味わいですね。



120212-100206カリン
2010年2月の画像


唐カエデの植え替え
唐カエデの植え替えをしました。

120212カエデ01
盆栽を始めた頃、ちょうどエンピツを立てたような挿し木苗を買ってきたものです。
棒幹なので2~3年鋏をいれてから取り木をしました。



120212カエデ02
用意しておいた化粧鉢に植えてみました。
しかし、写真を撮り、改めて見てみると欠点が気になります。


ミヤマカイドウ(ズミ)の植え替え
ミヤマカイドウの植え替えをしました。
いつだったか忘れましたが、挿し木して10年はたっていると思います。

120211ミヤマカイドウ01
幹肌だけは、それなりに荒れてきています。



120211ミヤマカイドウ02
どうなるのか判りませんが、懸崖にして植え込んでみました。


山モミジの苗の植え替え
昨日も暖かったけれど、昨日にも増して暖かい日曜日。
めったにこんなチャンスありません。
精力的に植え替えを行いました。

まずは実生3年目の山モミジから。
実生といっても山から当年苗を抜いてきたものです。

120212モミジ01
8本ありますが、根処理をして同じビニールポットに植え込みました。



120212モミジ02
昨年、節間のつまっている所まで深植えしています。



120212モミジ03
上の写真の様に上下に出ている場合は上を優先し下を切り落とします。
根の数が少なくなったようですが、心配はいりません。



120212モミジ04
節間の詰まった所まで深植えしておけば、軸切り挿し木をしなくても立ち上がりが間延びしていない素材が得られます。



120212ウメ02
朝、ちょっぴりほころび始めた緋梅の花が夕方に開いていました。


イボタの植え替え
寒波もひと段落したんでしょうか。
朝から天気は良いし、おまけに風もあまりなく、絶好の植え替え日和でした。
久しぶりです。

一昨年、盆栽展の即売で入手したイボタの植え替えをしました。

120211イボタ01
立ち上がりに大きな傷があります。
簡単に巻くと思っていたのですが、イボタは肉巻きがよくありませんね。
即売で処分されたのは、そのへんが原因だったのかな。



120211イボタ02
根の活動は旺盛なようです。



120211イボタ03
左側の幹が真っ直ぐ斜めに伸び、芸がありませんので、植え替えのついでに切り落としました。



120211イボタ04
切り落とした枝は、もちろん挿し木しておきます。



120211イボタ07
着かなくても、ま、良しとしましょう。



120211イボタ05


120211イボタ06
正面はまだ決めていません。


オウバイ
挿し木してもうすぐ4年目になるオウバイです。
まだ苗木ですが、記録しておきます。

120208オウバイ01


120208オウバイ02


120208オウバイ03


120208オウバイ04


120208オウバイ05

盆栽と呼べるようになるのは、後何年かかるんでしょうね。


コマユミの植え替え
コマユミを植え替えました。

120208コマユミ01



120208コマユミ02
根張りと立ち上がりは気に入っています。

展示会などに飾る訳でもなし、毎年の植え替えは、植え込み位置や鉢合わせなどは気にせず適当にやってきました。
しかし昨年展示会に初めて樹を飾り、自分の作った樹を人に見てもらうのも、なかなかいいものだな、なんて思ったりしたんです。



120208コマユミ03
で、この樹もちょっぴり慎重に植え込み角度を考えて・・・(笑)
毎年、展示会に参加する方たちは植え替え時から、今年の飾りを想定して樹種、樹の流れ、鉢合わせなどを考えながら植え替えをしているんでしょうね。


イワシデの5年
イワシデの植え替えをしました。
何回も登場している樹ですが、5年前の写真と比較してみました。

P2050002.jpg
変わらない樹だと思っていましたが、やはり5年前と比べるとそれなりの古さが出てくるものです。



120208-070812イワシデ
5年前の画像


出雲大社ヤブツバキ
昨年秋に入手した椿、「出雲大社ヤブツバキ」ですが、葉の色が悪く冬を越せるのか心配していました。
案の定、枯れてしまいましたよ。
で、悔しいので通販で購入、今日宅配されました。

P2070004 コピー
こんどのは葉の色も濃く艶があり、すこぶる元気です。
つぼみもついていますので、さっそく花を観賞できそうです。
小物にはできそうにないので挿し木用にしようと思っています。

しかし、ったく、子供だよな。


ミヤマカイドウの植え替え
以前、試しに地に下ろし、一気に太くしてから鉢上げしたミヤマカイドウです。

P2040002.jpg
ところが樹勢を落としたとき、大きくやけ込んでしまいました。
その後、あまりにもやけ込み部分が大きいので、棚の隅にほったらかしにしていました。



P2040004.jpg
何年も植え替えをしていなかったので、いささかかわいそうになり、今回植え替えをしてやりました。
後ろにも大きいやけ込みあとがあります。

地に下ろし一気に太くした樹は、太く力強く見えますが、とてももろいところがあります。


梅の開花が遅い
今年は梅の開花が遅いですね。
例年より遅かった昨年より、さらに遅くなりそうです。
昨日は天気は良かったものの、風が冷たく、今日は今日で風はなかったけれどどんより。
ソメイヨシノが咲く本格的な春まではこんな気候が続きますね。


120204ウメ01
緋梅
まだまだ蕾は固いです。



120204ウメ02
野梅


ヒサカキ
正月すぎからPCが不調で本体からカチカチと音が聞こえ、挙句にフリーズ。
再立ち上げを繰り返し、だましだまし使ってきたんですが、ついに息絶えてしまいました。
もう使い始めて6年もたつんですからしょうがないですけどね。
で、今日量販店で新しいPCを買ってきまして、なんとか使えるようになりました。
OSが進化して使いやすくなっているのでしょうが、どうもまだ使い勝手が悪いですね。
今日はそんなこんなで忙しく、おまけに風が強くて、作業どころではありませんでした。


ヒサカキ

120204ヒサカキ01
師匠から頂いて3年目でしょうか。



120204ヒサカキ02
地味な花が今年も咲こうとしています。


ニレケヤキの植え替え
昔は小さな園芸店が市内のあちこちにありました。
盆栽も置いてありまして。
暇つぶしによく見て回りました。
ま、良い樹はなかったですけどね。
盆栽がまだまだ人気があった時代でした。

このニレケヤキはそんな園芸店の盆栽を買ってきて上部を取り木して作ったものです。

120129ニレケヤキ01



120129ニレケヤキ02
ニレケヤキは根張りがよくできます。



120129ニレケヤキ03
もう少し小さくしたいんですけど、いつの間にか大きくなってしまいました。


山モミジの5年
2007年にブログにアップするために写真を撮った山モミジ。
現在の姿とくらべると、ひとまわり太り、貫禄がでてきました。

120129モミジ02
鉢は変えていませんので、根張りが発達して余裕がなくなってきているのがわかります。



120129-070123モミジ
2007年1月23日の写真ですのでちょうど5年前です。


海外の盆栽ブーム
一昨日、NHKで盆栽の海外でのブームを特集していました。
今、BONSAIは欧米やアジアで大流行。
日本国内で売れる盆栽は年間5億円、40年前の六分の一、それにくらべ海外に輸出される盆栽は伸び続け61億円なのだそうです。
盆栽は日本では失われ、海外で見直されている。
身近な芸術に気づかず、浮世絵は鼻紙に使われたという。
このままでは盆栽も浮世絵と同じ運命を辿りそうです。
日本人が何百年と精魂込めて連綿と育んできた芸術が海外に流出する。
とても悲しいことですね。

「まるで自然がミニチュアになったみたいで、小さいのに大きく見えるんです。」と外人の方が話していた。
いい表現ですね。素直に直感した魅力。
私もこれが盆栽鑑賞の醍醐味のように思います。

ぜひぜひ、自然がミニチュアになったみたいだと普通の人に言ってもらえるような樹を作ってみたいものです。


120129モミジ01