プロフィール

BON人

Author:BON人
BONSAIは何年やっても納得のいくものは出来ませんね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミニ盆栽 ベランダ日誌
自宅のベランダで育てている。 ミニ盆栽の紹介。
明日は八十八夜
明日は夏も近づく八十八夜、新茶の季節ですね。
実家は農家ではありませんでしたが、茶畑を持っていて、自宅で1年間飲むくらいは収穫できた。
子供のころ毎日美味しいお茶を飲んでいたせいか、市販のお茶はどうも口に合わず、あまり飲まなくなってしまった。

あまりも身近すぎたせいかお茶の盆栽は持っていませんでしたが、数年前自然実生を抜いてきて育てています。

120429チャ01
茶摘みは一芯二葉、一芯三葉と云いますが・・・。
実はまだやったことがないんですよ。


120429チャ02


120429チャ03
2本とも2009年に山採りしました。




唱歌「茶摘み」


スポンサーサイト
五葉松の葉に害虫を発見
4月21日の日記に書いた五葉松の葉に小さな虫を見つけました。
至極小さいので老眼の目を集中し、虫であることが判りました。

120429害虫01


120429害虫02
肉眼でははっきりわかりませんでしたが、デジカメでマクロ撮影して初めて形や模様が解った次第です。

以前、黒松の葉に寄生していたマツホソオオアブラムシで苦労しました。
形態から見てもアブラムシ類ではなくカイガラムシのようです。
ネットで色々調べたんですけど、一致するものは見つけることができませんでした。
松の葉に寄生するカイガラムシだとマツカキカイガラムシに似ていますが、模様が違います。
名前はどうであれ、十匹ほど爪で捕殺しておきました。
コイツが原因なのかはわかりませんけど、とにかく葉色が改善してくれれば良いのですがね。


ナニワノイバラの花
日差しは強くなり、半袖でもいいほどでしたが、風が心地良くさわやかな一日でした。
ナニワノイバラの花が咲きました。

120428ナニワノイバラ01
ナニワノイバラ(浪速野茨)は、名前からてっきり関西地方原産の野生のバラなのかと思っていました。
実は中国~台湾原産だそうで、江戸時代に日本に伝わり、大阪の植木屋が広めたことから、浪速の名前が付いたと言う説があるそうです。



120428ナニワノイバラ02
花や葉が大きすぎて小ものにはできそうにありませんが、一重の純白の花が今日のような気候にぴったりです。


挿し木したニレケヤキ
今日は暑くてクーラーを使いたくなるほどでした。
棚の盆栽たちの新芽もあっという間に伸びてきました。
世間並みの連休はないけれど、休みには一鉢一鉢を点検して抑制や調整をしなければなりません。

ニレケヤキです。

120421ニレケヤキ
2008年の4月に挿し木しましたので、ちょうど4年目になります。
このまま株立ちに作っていこうと思っています。


120421-080401ニレケヤキ
2008年4月30日


挿し木のケヤキ
実生がほとんどのケヤキを試験的に挿し木で作ってみようと思っています。
昨年挿し木しました。
性はまずまずのものを選んでいます。

120421ケヤキ01


120421ケヤキ02


120421ケヤキ03
ケヤキを挿し木で作らない訳があるんでしょうけどね。
理由が解らないのでやってみることにしました。


マユミの蕾発見
マユミの実生2年です。

120421マユミ01
ベランダのマユミたちは毎年花はびっしり咲くものの実止まりしたことがありません。
先日のツルウメモドキと同様、交配用の雄木を欲しくて実生しました。



120421マユミ02
よく見ると1本に蕾を発見しました。
雄花だと良いのですが・・・。


黄モッコウバラの花
毎年、花の咲くこの時季だけ登場する黄モッコウバラです。

120421モッコウバラ01
挿し木5年目です。
とても花つきがよく、毎年沢山の花が咲きます。
2鉢だけ作っていますが、挿し木で簡単に増えます。
現在、懸崖にするため下から引っ張っています。
この後、節の飛んだ直立した枝を落としておきました。



120421モッコウバラ02
クリームイエローでしょうか。
小さな花がきれいです。

5年たってもあまり代わり映えしませんけど、毎年少しずつ良くなれば・・・。
10年ですごく良くなる計算ですけどね(笑)


太い樹は年数がかかります。
2009年に入手し、1mほどあった丈を縮小して作っているミヤマカイドウです。

120421ミヤマカイドウ
昨年将来の芯と枝を接木をしてありますが、接ぎ穂の伸びが悪くまだ独り立ちできません。
一気に樹勢を付ける予定で剪定等していませんが、2年間代わり映えせず、未だこの状態です。

完成の樹高は20cm前後と自分には大きいのですが、なんとなく欲しくなり買ってしまいました。
このなんとなくで何回失敗したことか(笑)
ボリュームのある樹は年数が掛かります。
最近実生している樹たちが見られるようになる頃、完成に近づけばいいかなとも思っていますが・・・。

しかし、やけくそで地植えにでもしてみようかなぁ。


黒松
30年以上前に実生した黒松です。

120421クロマツ
樹勢が落ちてきたので、昨年、化粧鉢から素焼鉢に植え替え、芽切りも休みました。
ローソク芽が元気よく伸びていますので、何とか回復してきたようです。
黒松の小ものは、芽切りをあまり休むと懐があがって見られなくなってしまいます。
この調子なら今年は芽切りができそうです。


五葉松の共生菌
黄変して元気のない五葉松。

120421ゴヨウ01
根の状態を調べてみました。



120421ゴヨウ02
数本の根は伸び始めていたものの、ほとんどの根が枯れているようです。
用土も水分でびちゃびちゃです。
黒松以上に乾燥を好む五葉松には過酷な環境だったようですね。
もう手遅れでしょうが、根は一切切らずに砂を多めにした用土で植え替えました。



120421ゴヨウ03
で、いつもコメントをいれてくれる海斗さんからのアドバイスをヒントに別の五葉松から共生菌を採取して用土に混ぜておきました。
もちろんこの樹、根に共生菌は発生していませんでした。

せめて雨にあてないよう、これからは軒下での管理です。


発芽して3年目、西洋カマツカが始めて蕾を持ちましたよ。

120415セイヨウカマツカ
このように房状に咲く花は一般的に実着きが良いですね。


そして、2年目のツルウメモドキも蕾を持っています。

120415ツルウメ
雄木が欲しくて実生しました。

「江!お子はオノコでなければなりませぬぞ!」
さて・・・。


宮様カエデ
昨年の秋、師匠から頂いた宮様カエデを3本植え替えたところ、寒さを待たず葉をふるってしまいました。
だめかなと思っていましたが、3本とも元気よく芽が吹いてきました。

120417ミヤサマ
宮様カエデは、とても強い樹種ですね。

驚かされたのがこの樹。

120417ミヤサマ02
松平頼寿公遺愛の宮様カエデ、樹齢80年。
旺盛に胴吹きをしています。


元気がない五葉松
昨年の春ごろからでしょうか。
葉色が悪く、気になっている五葉松。

120417ゴヨウマツ
初めて手がける五葉松がこの樹。
我が家に来て4年目です。
水やりに問題があるのか。
病気、根?それとも葉?
とにかく冬は越してくれましたが・・・。
どうもまずいですね。


姫コブシ
2009年に師匠から頂いた姫コブシです。
庭木から取り木をしてくれました。
樹勢がいまいちだし、鉢も大きめなので今年は植替えをしませんでした。

120415ヒメコブシ01
入手後から手を加えていないので、いつの間にか横にだらしなく伸びてしまっています。
矢印の2本の枝を残し上部を落としました。



120415ヒメコブシ02
ここから芯を中心方向へぐっと切り返そうと思っています。
花はまだ見ていませんが、来年の春に期待です


たんぽぽ
たんぽぽが咲きました。

120415タンポポ
小さい鉢で持ち込むと丈も低くかわいく咲いてくれます。
どこにでもある雑草も、よ~く見るとなかなか良いものです。


交配
ヒメリンゴなどのバラ科リンゴ属の花が咲いています。
ヒメリンゴ、ミヤマカイドウ(ズミ)、黄ズミ、ヒメ国光。

120415コウハイ01
お互い異種間交配しないと実が生らないので、近くに寄せています。
昨日は雨だったので、一応軒下に避難させました。
昨年は気候の関係でしょうか、開花がズレ、ほとんど実が着きませんでした。
今年はうまく時期が合っています。

120415ミヤマカイドウ01
ミヤマカイドウ(ズミ)



120415ヒメコッコウ01
ヒメ国光リンゴ



120415キミズミ01
黄ズミ



120415ヒメリンゴ01
ヒメリンゴ

黄ズミの花はひと回り小さいので区別がつきますが、ほとんど同じような花ですね。


ツルウメモドキの植替え
今日は一日中雨が降っていましたので、作業はなし。
なので、先週植替えをしたツルウメモドキです。

120408ツルウメ01
一昨年の6月に取り木から外しました。
昨年は植替えはしていません。
右側の斜めに下がった枝を使って懸崖にする予定だったのに、どうも元気がありません。
下垂している枝は力が逃げますね。



120408ツルウメ02
左の枝に樹勢がのるよう、回転させて植え替えました。
懸崖を完璧に作るのは難しそうです。


挿した真柏
一昨年、真柏を取り木をして、まぁ、取り木と云ってもミズゴケを巻いただけだったのですが・・・。
昨年の4月にミズゴケを外して確認してみると根はほとんど出ていない状態。
試しに、そのまま挿してみました。

120408シンパク02
1年経って、根は少ないながら伸びています。
真柏の生命力はすごいですね。



120408-110405シンパク
昨年4月挿し木したときの写真です。


トキワガキの植替え
トキワガキの植替えをしました。

120408トキワガキ01
根が1本走るカキ類。
根元近くまで追い込みたいのですが、無茶をして枯らしたことがあります。



120408トキワガキ02
どこまで処理していいのやら、まだ手さぐりの状態です。



120408-110411トキワガキ
昨年4月の植替え時の写真です。


真柏
もてあました三幹の真柏を一昨年盆友から貰い、昨年30cmほどの丈を半分にしました。
中央の主幹を裂いてから絞り込み、左右の幹は皮を剥き引き裂いてジンにしました。

120408シンパク01
樹勢がいまいちなので、根はほとんどいじらずひと回り大きな鉢に入れました。
今年は徹底的に肥培したいと思います。


コナラの新芽
このコナラは十数年前に山間部の茶畑の脇で山採りしたものです。

120407コナラ01
当時は傷だらけでした。
じゃまもの扱いで何回も下刈りされたんだと思います。
2本掘ってきましたが、残念ながら1本は枯れてしまいました。
右側に枝を欲しかったので、昨年樹勢をつけてから、葉刈りと同時に追い込んだのですが、ついに胴吹きはしませんでした。
右側に枝が出ていれば一発で決まるんですけど・・・。
どうしたらいいんでしょうね。
このままでは難しい樹形です。



120407コナラ02
コナラの新芽は淡い赤色に銀白色の綿毛が覆い独特の味わいがあります。


津山ヒノキの植替え
今夜も仕事で遅くなり、更新がこんな時間になってしまいました。
月曜は早く帰宅したいのですが、盆栽と同じように仕事も思うようにいきませんね。

さて、津山ヒノキの植替えをしました。

120407ヒノキ01
一昨年の2010年に取り木をしたのですが、片方だけ根が集中して残り半分はカルスのみと、見事に失敗しました。
で、根の出なかった部分はあきらめて、根が集中した部分を立ち上がりに樹形変更しました。



120407ヒノキ02
矢印の部分が根が出なかった所です。



120407ヒノキ03
新しい根も元気よく出始めており、思惑通り行きそうです。



120407ヒノキ04
一の枝と主幹が接近しすぎているので、つっかえ棒を入れておきました。



120407ヒノキ05
ヒノキの枝の手入れは大すかし、小すかしなどと云いますが、小ものの場合、懐枝が飛ばないようにできる限り追い込んでおきます。
そして、さらに根が増え、立ち上がりができるように素焼きに深植えしておきました。


ナツツバキの苗
大量に種を蒔いたのに、二年かかって1本だけ発芽したナツツバキです。

120407ナツツバキ01
昨年7月に発芽しました。



120407ナツツバキ02
根元から2本出ているので2本が寄っているのかなと思っていましたが、珍しい双幹でした。



120407ナツツバキ03
このまま双幹で、あまり曲はつけず素直な樹に作っていこうと思います。
小ものでは花は無理でしょうが、独特の幹肌が今から楽しみです。


フジザクラが開花
予定していた植え替えもなんとか終わりました。
やれやれです。
それにしても今年は植替え作業が思うようにできませんでした。
先日の暴風も誤算でしたし。
想定外ってやつかな・・・。

さて、市内のソメイヨシノは満開です。
それに合わせるかのようにベランダのフジザクラも咲き始めましたよ。

120407フジザクラ01


120407フジザクラ02





実生したピラカンサ
2008年に実生したピラカンサを植え替えました。

120401ピラカン01


120401ピラカン02


120401ピラカン03


120401ピラカン04
挿し木より実生の方が柔らかい樹形の樹ができるように思います。
しかしまだ4年、もう少し太くなれば、盆栽らしくなるのですけどね。
後、2年かな。

黄色の実をびっしり着けている木から種を採ったんですが・・・。
昨年までは花を見ていません。
今年はどうでしょうか。


ムレスズメ
爆弾低気圧の被害の片づけがなんとか終わりました。
ビニールハウスに潰された樹はそれなりに樹形を変えて行くことにします。
自然の樹も厳しい自然の力で樹形ができていくんですからね。
なんて自己暗示にかけて割り切ります。

挿し木3年目のムレスズメです。

12040ムレスズメ01

12040ムレスズメ02



12040ムレスズメ03
マメ科特有のかわいい花です。



12040ムレスズメ04
根に付いている瘤は根粒と言ってマメ科の植物の根に寄生する共生菌です。
長寿梅などの根頭癌腫病とは違いますので、間違っても取ってはいけません。
樹が元気な証拠です。


挿し直し
今朝は眠い目をこすりながら5時に起床。
昨日、ビニールハウスもろとも吹き飛んでしまった挿し穂を挿し直ししました。

120404サシキ02
オカメ桜、ナツグミ、モミジ(舞姫)、ロウヤガキ、ツバキ(出雲大社ヤブ)



120404サシキ01
そして今日1日、スチロールの箱に入れておきました。


今日は早めに退社、寒冷紗を買ってきて箱にかぶせゴム紐で止めておきました。
因みに寒冷紗の遮光率は75%です。

120404サシキ03
挿し穂は昨夜のうちに水に浸けておきましたけど、雨が降っていたとはいえ用土から抜けてあちこちに落ちていたので、果たして着いてくれるのでしょうかね。


突風は恐ろしい。
今日の突風、しゃれになりませんでした。
仕事もこの暴風雨の関係で遅くなり、さっき帰ったばかりです。
おそるおそるベランダを覗くと・・・。
大変なことになっていました。
今年の冬は寒くなると予測し、用意した簡易ビニールハウスがすっ飛んで、盆栽の上に・・・。
中に保護していたもの、挿し木したものすべてが鉢もろとも木っ端みじんになっていました。
怖くて全容はまだ見ていませんし。
力が抜けてこれ以上書けません。

おやすみなさい。


ニワザクラ(ニワウメ)の花が咲きました。
別れの春。
今夜は送別会で遅くなりました。

一重ニワザクラの花が咲き出しました。

12040ニワザクラ01


12040ニワザクラ02
なかなか太らない樹ですが、花つきがよく毎年花を楽しませてくれます。


やっってしまいました。
一週間ほど前から1本の樹を探していました。
ミヤマカイドウ、こんどの休みに植替えをしようと思っていたのに、どこを探してもない。
3階のベランダなので盗難てこともないし。
小さい樹は他の樹の陰になったりすることもありますけど。
そういえば最近見てなかったな・・・。
ま、休日にゆっくりと探そうと思っていました。

ついに今日見つけたのですよ。
棚の下でした。
風で落ちたのでしょうか。
しかも転がって奥の方。
祈るように取り出して見ると・・・。
あああ~~ぁ!!
やっちまいました。
暫し沈黙・・・。

120401カイドウ01
落ちてから大分経っているようで、根が露出して、幹には皺がより、完全に枯れていました。
こんなにやせてやつれて・・・(涙)

面白い模様の樹だったんです。
枝を接いで、後少しだったのにね。

昨年も油断して植替え時に針金で留めなかった樹が風にあおられ根が露出して枯らしました。
自分の注意力が足らなかったのでしょうがありませんが。
まったく力が抜けます。
どうしてなのか、いつも気に入った樹に限ってなんですからね。
反省反省、猛反省!