プロフィール

BON人

Author:BON人
BONSAIは何年やっても納得のいくものは出来ませんね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミニ盆栽 ベランダ日誌
自宅のベランダで育てている。 ミニ盆栽の紹介。
キンズの実
キンズの実が色づいてきました。

130127キンズ01
キンズの実は小物にはちょうど良い大きさです。
一般的な温州ミカンと小物盆栽を比率で比較したらもっと小さくあるべきでしょうが。
デフォルメされてこそ盆栽だと思います。


130127キンズ02
殺風景な冬場には暖かみのある可愛いキンズの実を観ているとホッとしますね。



スポンサーサイト
山モミジの植替え
山モミジの植替えをしました。

130126モミジ11
向かって左側の枝が枯れ落ちています。
大事な枝なんですけどね。
あまり太らせたくないし、かといってしめ過ぎると枯れてしまいます。
下枝の加減はとても難しいです。



130126モミジ12
と云うわけで急所に1本接ぎこんでから植替えをしました。



山モミジの植替え
山モミジを植替えました。

130126モミジ07


130126モミジ08
一部から複数の枝がでています。
これをほっておくと瘤になり、またまた樹形の変更を余儀なくされます。


130126モミジ09
この位にすっきりさせました。


130126モミジ10
この樹は素焼きで1年休ませることにしました。



早速、鉢に樹を入れたくなりました
鉢ができたら樹を植えたくなるってもの。

130127モミジ01
時間がなかったので1鉢だけ植え付けてみました。



130127モミジ02
自分で作った鉢に自分で作った樹を植える。
感無量ですね。と言いたいところですが、この鉢は師匠に手伝ってもらい作った鉢。
形がピシッと整っています。



盆栽鉢の本焼きが終る
窯出ししたと連絡がありました。
不安と期待。
わくわくして見に行きました。

沢山の作品が焼きあがっていました。

う~~ん!


で、初めての盆栽鉢づくりの成果。

130127ハチ01


130127ハチ04
丸鉢 ビードロ


130127ハチ05
下に垂れやすい釉薬だと先生に云われていましたが・・・・
たっぷりと垂れてしまいました。
足が倍の六足になってしまいました。(笑)


130127ハチ02
猫足丸鉢 ルリ


130127ハチ03
丸鉢 アメ


130127ハチ06
雲足丸鉢 ルリ


130127ハチ07
鬼面足丸鉢 クロマット
こんなのどんな樹に使うんだろう(笑)


130127ハチ08
浮彫雲足長方 クロマット
釉薬が帯状に浮き上がって・・・。
失敗作。


130127ハチ09
内縁長方 カオリンマット


130127ハチ10
楕円 クロマット


130127ハチ11
切立長方 鉄アカ


130127ハチ12
外縁楕円 アメ


130127ハチ13
切立正方 カオリンマット


130127ハチ14
まずまずの出来でしたが、残念ながらニューが入っていました。


130127ハチ15
切立雲足正方 カオリンマット


130127ハチ16
切立長方 ビードロ
この鉢も釉薬が垂れてしまっています。

そんなわけで初めての鉢づくり。
失敗だらけです。

体験して分ったこと。

①鉢は縮まる。
 欲しい大きさの2割ほど大きく作ってちょうど良い。

②土によって焼き上がりの色がだいぶ違う。

③四角い鉢は内側にへこむ。
 乾燥はスチロールの箱などに入れて時間をかけて乾燥する。

④捩れるようにゆがむ。
 たぶんヘタだから。

⑤釉薬掛けをじっくり慎重に。
 時間がなくなり、追加料金が発生すると聞いても焦らない(笑)

⑥装飾にはしると樹に合わない。
 これは止められそうにない(笑)
 
今回は還元焼成だそうで、次は酸化焼成のようです。

と云うことで失敗だらけの初めての鉢づくりでしたが、ま、何とか数鉢は使えんのかな。



山モミジの植替え
今日は当地方では珍しい風花が舞いとても寒い一日でした。

130126モミジ01
朝の水遣りの後、水滴が凍っていました。

午前中は数鉢を植替え、午後からさすがに我慢できず室内に退散。
鉢づくりをしました。

130126モミジ02
昨年先輩から譲っていただいた山モミジを植え替えました。



130126モミジ03
一見根がつまってそうでしたが。



130126モミジ04
芽がほとんど伸びた形跡がなくやはり根も元気がありませんでした。



130126モミジ05
前を真直ぐ横切っていた根を1本切っただけでほとんど根を切らずにそっと植え替えました。



130126モミジ06
今年は素焼き鉢で樹勢をつけたいと思います。



唐カエデの植替え
唐カエデの植替えです。

130120カエデ10
立ち上がりのいい樹です。
このまま双幹に作っていこうか、単幹にしてしまおうか迷っています。



130120カエデ11
軽く剪定して植え替えました。



唐カエデの植替え
唐カエデの植替えをしました。

130120カエデ08
一般的に多い直幹に近い唐カエデの樹形を狙って挿し木して作ってきました。




130120カエデ09
かんぬきの下の枝2本、どちらを落とすのがいいんでしょうかね。
悩むところです。



唐カエデの植替え
昨年植替えをしなかった唐カエデです。

130120カエデ04
2年ぶりの植替えです。



130120カエデ05
さすがに鉢中に根が張っています。
上部にはあまり変化はありませんが根は元気なものです。



130120カエデ06
根はこのくらいに整理しました。



130120カエデ07
さっぱりと枝を追い込みましたよ。
鋏作りは時間が掛かります。



唐カエデの植替え
唐カエデの植替えをしました。

130120カエデ01
古枝挿しで作ってきました。



130120カエデ02
赤矢印のような絡み根などは切り落とすのがセオリーのようですけど、将来根が太って癒着するとなんともいえない味わいがでてきます。
私の場合はあえてそのままにしています。



130120カエデ03
だいぶ枝を整理して植替えました。
樹形は?
双幹風・・・。
左の枝、なんとも変な出かたです。
しかしこんな樹もいいかも。



ケヤキの植替え
ケヤキを植替えました。

130120ケヤキ01
初登場のケヤキです。
自分で作った樹ではないので今まで載せなかったのですが・・・。
根張りに欠点があるので3年前に安く譲っていただきました。



130120ケヤキ03
片方だけ根が太く走っていますので反対の根が貧弱で立ち上がりも左右対称ではありません。



130120ケヤキ04
前回の植替えでもある程度追い込みましたが、今回はガツンと強く切り込みました。
肉が巻いたとき不自然にならないようえぐっておきます。



130120ケヤキ05
根張り立ち上がりは取り木を掛ければ解消するんですが、一応これで様子をみたいと思っています。
詰めた根が乾燥しないようコケを被せておきました。
鉢は師匠の自作鉢で、この樹にぴったりだと思います。



ミヤマカイドウの植替え
午前中は鉢の釉薬掛けに行ってきました。
色んな釉薬を適当に選んできましたが・・・。
失敗があるからこそ上手くなるってことで(笑)

午後からは植替えをしました。

130120カイドウ01
ミヤマカイドウ、数年前に取り木した樹です。



130120カイドウ02
昨年は植替えなかったので根はカチカチです。



130120カイドウ03
根は十分すぎるほど出ています。


130120カイドウ04


130120カイドウ06
余分な徒長枝などを整理して植え替えました。



130120カイドウ08
この樹はまだまだ素焼き鉢ですね。



夜は鉢づくり。

130120鉢01
もっこです。
石膏型を利用しました。
後は足付けですが残りは明日にしておきます。
さすがに疲れました。(汗)



山モミジの植替え
今日は遅ればせながら初詣に行ってきましたよ。

kawasaki.jpg
川崎大師、首都圏の初詣はまだまだ人が多いですね。
何をお祈りしてきたかって?
もちろん今年は順調に盆栽が育つようにです(笑)


山モミジの植替え

130113モミジ03



130113モミジ04
軽く強い枝や不要な芽を整理して植え替えました。



山モミジの植替え
山モミジの植替えをしました。

130113モミジ01
赤矢印に1本枝が欲しいことと青矢印の枝が太過ぎるのが気になります。



130113モミジ02
ちょうど長く伸びている枝があるので植え替えと同時に穴接ぎをしておきました。



イワシデの植替え
イワシデの植替えをしました。

130112イワシデ04
赤矢印の枝が太すぎるので植替えを機に落とすことにしました。
幹に曲とコケができます。



130112イワシデ05
元から切り取ると芽を吹きませんので少し残して段階的に詰めていきます。



130112イワシデ06
懐芽を吹いてくれればありがたいのですが・・・。



唐カエデ双幹の植替え
唐カエデ双幹の植替えをしました。

130112カエデ06
一昨年、三幹を双幹にしました。



130112カエデ07
不要枝や不要芽を少し落としました。
幹の内側に赤矢印のような不定芽がでやすく、これをほっておくとせっかくの曲が消えてきてしまいますし瘤になってしまい見苦しくなります。



130112カエデ08
昨年師匠に頂いた自作鉢に植え込みました。
ちょっと大きめだけどね。
しゃれた鉢です。



唐カエデの植替え
唐カエデの植替えをしました。

130112カエデ04
以前上部を枯らし下から芽吹いた一芽から作ってきました。
大分回り道した樹です。
上半分は10年ほどですが下部は30年以上になります。



130112カエデ05
今回は化粧鉢に植え込みました。
一応基本ができましたので葉刈りで枝を増やそうと思っています。



唐カエデの植替え
唐カエデの植替えをしました。

130112カエデ01
昨年の植替えで買ってきた鉢に無理やり入れましたが、一年窮屈そうだったので鉢を変えることにしました。



130112カエデ02
そうそう凍結での浮き上がり、突風に備えて針金で留めておくのを忘れてはいけません。



130112カエデ03
楕円鉢に入れました。
長方より楕円、正方、丸のほうが前後に用土が入っていいですね。
長く持ち込んでいる樹です。
いつの間にか枝が飛んでしまっていますね。
芯も流れすぎています。
そろそろ改作を考えなければなりません。


植替え
今年は植替えが遅れています。
鉢づくりなんて言っていられません。
樹があっての鉢ですからね。
せめて天気の良い日は植替えをがんばらないと・・・。

というわけで植替えを。

イワシデです。

130112イワシデ01


130112イワシデ03
今回は師匠に頂いた鉢に入れようと思います。



130112イワシデ02
ちょっと傾けて植え替えました。
写真を撮ると分るんですが無駄枝が多すぎます。
さっそく剪定しないとね。



東部小品盆栽会
午前中植替えをして午後から東部小品盆栽会(静岡県東部の合同展)の盆栽展におじゃましました。

130112フジ02
途中の富士山です。

場所は恒例の富士川SAの富士川楽座です。

130112東部小品01


130112東部小品02


130112東部小品04


130112東部小品05


130112東部小品06


130112東部小品07


130112東部小品07-2


130112東部小品08


130112東部小品10


130112東部小品09
即売店でこんなもの見つけました。
ミカンの原種だそうです。
橘でしょうか。


130112東部小品11
思わず衝動買い(笑)



盆栽鉢
またまた盆栽鉢です。

130110鉢01
浮彫雲足長方 
幅115mm 奥行92mm 高さ50mm



130110鉢02
切立長方
幅125mm 奥行87mm 高さ43mm



130110鉢03
雲足丸
径108mm 高さ53mm



130110鉢04
外縁楕円
幅170mm 奥行137mm 38mm



唐カエデ挿し木3年の記録
唐カエデの挿し木から3年の記録です。

100113-130106カエデ
2010年1月、挿す前に撮影



110107-130116カエデ
2011年1月植替え時、1本のみの根です。



120102-130106カエデ
2012年1月植替え時、根が出ていなかった部分は1曲になり、1本の根から子根が出て根数が増えています。



130106カエデ05
2013年1月6日撮影
今年更に根が増え、それに伴って立ち上がりが少し太ったのかな。



根の様子はどうかな?
前回の植替えで太い根が2本だけだった唐カエデ。(2009年の古枝挿し)
根がどうなっているか興味津々の植替えです。

101231-130106カエデ
2010年12月31日の植替え時。
左右に2本だけの根。
発根を促進させるため根を強く追い込みました。

どうなっているのか植替えはこれが楽しみなんです。

130106カエデ01


130106カエデ02
残念ながら前には根が出ていませんでしたが、それ以外は大分根が増えていました。



130106カエデ03
再度強い根を大きく詰めて。



130106カエデ04
深植えにしておきました。



鬼面足丸鉢(失敗作)
新作の発表です(笑)

130106鉢01
鬼面足丸鉢 径83mm 高さ60mm
正月休みにシコシコ造りました。

130106鉢02
鬼がうつむいちゃってます。
もっと立てなければいけません。



初植替え
正月休みは寒かったということもありましたが。
鉢をつくってました。(笑)
今日は天気も良いし風もなく暖かったので落ち葉だらけのベランダの清掃や片付けをしました。
用土をふるい、調合。
で、初植替えです。

この山モミジの枝接ぎと植替えです。

130106モミジ01
取り木で作った樹です。



130106モミジ02
少しくぼんだところ、このあたりに接ぐことにしました。



130106モミジ03
穴に通すとき芽が痛まないよう芽の幅を確認してキリの径を決めます。
今回は4mmのキリを使いました。
一番勢いのある枝を通します。



130106モミジ04
大事なことは穴からでて最初の節間の距離をつめておくことです。



130106モミジ05
接ぎ口はカットパスター等で保護しておきます。
元気の良い枝を接ぎましたので今年中には活着すると思います。



明けましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。
当地方は暖かで静かな元旦でした。

nenga02.jpg

昨年は思うように作がのりませんでしたが、今年こそは・・・(毎年思ってる)
実生木が沢山あるし、これから植え替えが忙しくなりそうです。

太らなくたって、思うように曲ができなくたって。
1年経てば1年分の古色がでてきます。
今年も楽しみましょう。