プロフィール

BON人

Author:BON人
BONSAIは何年やっても納得のいくものは出来ませんね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミニ盆栽 ベランダ日誌
自宅のベランダで育てている。 ミニ盆栽の紹介。
イワシデの植替え
イワシデを植替えました。

130223イワシデ01
挿し木から作っています。
我が家のイワシデでは一番古い樹です。



130223イワシデ03
で、矢印の枝が斜め上に伸びています。
気になりますので今回下げようと思います。



130223イワシデ03
見づらい写真ですが、矢印の所にノコギリで割を入れました。



130223イワシデ04
ちょうど植替えで根が露出しているのでアルミ線を枝に掛け、根に回し込みます。
そして2本のアルミ線の真ん中に棒を通して捩りながらゆっくり引っ張って下げていきます。
無茶をすると折れてしまうので適度に下げておきました。



130223イワシデ05
枝を下げることで少し安定感がでてきたと思います。



スポンサーサイト
山モミジの植替え
山モミジを植え替えました。

130223モミジ01
昨年は植替えていませんので2年ぶりの植替えです。



130223モミジ02
一本徒長枝が走っています。



130223モミジ03
切り落としました。
元から切ると吹いた芽が一気に走りますのでこの位残して切ります。



130223モミジ04
左の枝を下から引っ張り、少し下げました。
立ち上がりが面白い樹です。



カリンの植替え
カリンの植替えをしました。

130223カリン01
実生カリンです。
通っていた盆栽屋の庭木の実を蒔いたものです。
発芽が思わしくなかったのでしょうか。
1鉢だけ残っています。



130223カリン02
枝は基本どおり2芽残して切りつめて植替えました。



130223カリン03
予備ということで切り落とした枝を挿し木しておきました。
カリンを挿したことがありませんが発根してくれるでしょうか。



2回目の盆栽鉢の焼成
鉢が焼けたと連絡があり引取りに行ってきました。
今回は絵付けをしたのでどんな感じにできているのか興味津々でした。


130224ハチ01

130224ハチ02



130224ハチ03



130224ハチ05



130224ハチ04



130224ハチ07



130224ハチ06



130224ハチ09



130224ハチ08



130224ハチ10



130224ハチ11



130224ハチ12
焼き物は縮みますが、この鉢を造るとき利用した型紙です。
底辺の長さを比較すると150mmが本焼き後には132mm、18mm縮んでいました。
12%小さくなりました。
長さで18mmはたいしたことはないように思いますが、体積ではそうとう違います。


次に今日午前中に造った半乾きの鉢と焼成後の1鉢を比較してみました。
足、縁は変えましたが、型紙は同じです。
130224ハチ13


130224ハチ14
随分違うでしょう。
くらべると実感します。

しかし、鉢づくりは盆栽の次に面白いかもしれません(笑)


イボタの植替え

130223イボタ01
イボタの芽が吹き始めたので植替えをしました。



130223イボタ02
3年前に入手したイボタです。
イボタは簡単そうなイメージだったのですが、傷の巻きが悪いし、胴吹きもしないし、想像と違って作りにくい樹種のようです。
この樹は向かって右側に枝がないのでどうも締りがありません。
胴吹きしそうにないし接ぎ木も難しそうです。



130223イボタ03
しょうがないので吹流し風に・・・(笑)



琴姫モミジの植替え
琴姫モミジを植替えました。
八房です。

130216コトヒメ01
この樹は2009年に師匠からいただきました。
挿し木で5年ほどでしょうか。



130216コトヒメ03
根は良くでています。



130216コトヒメ07
枝はほとんど切らず植替えました。



もう1本の琴姫モミジ、この樹は上記の樹を2010年に挿し木しました。

130216コトヒメ02


130216コトヒメ05
鉢から取り出してみると片側の根が腐っていました。
災い転じて福となす。
これを機に、樹形を変えてみました。
腐った根は除去して。



130216コトヒメ06
こんな感じにしてみました。



130216コトヒメ08
根が充実し、立ち上がりが太ってくれば面白くなるかもしれません。



山モミジの植替え
山モミジの植替えをしました。

130216モミジ01
表土に苔が張っています。
水はけが悪い証拠です。
根が詰まっていなくても植え替えなければなりません。



130216モミジ02
先週の土曜日はとても寒く鉢から抜くと内側まで凍っていました。
外側の根は氷の中ですね。
ま、冬に枯らしたことはないのでこのくらい大丈夫でなんでしょうね。



130216モミジ03
ずんぐりした樹形です。



130216モミジ04
骨は一応出来上がったので後は枝作りです。



ニオイカエデの植替え
ニオイカエデを植替えました。

130216ニオイカエデ01
出来そうで出来ない樹種ですね。



130216ニオイカエデ02
小さな鉢に入っていたので今年は素焼きに入れて休ませます。



イワシデの植替え
一昨年取り木から外したイワシデの植替えをしました。

130216イワシデ01


130216イワシデ02
発根状態も良かったのですが走り根もなく更に根が増えたようです。
枝もあまり伸びませんでしたので走り根も少ないです。
ま、根数が多ければ良いってもんじゃないんですけどね。
高低、大小が入り混じって面白い根張りになります。



130216イワシデ03
軽く根を切って植替えました。
今年は肥培でしょうかね。



昨年取り木した唐カエデの植替え
昨年の6月取り木から外した唐カエデの植替えをしました。

130216カエデ01


130216カエデ02
切り離し時の発根状態が思わしくなく、強い根を抑えて発根を促すための今回の植替えです。



130216カエデ03
確認するとまずまずの発根状態でしたが、一部分の出が悪く矢印の根が2本だけ。



130216カエデ04
強い根だけを軽く切り、そっと少し大きめの鉢に入れました。
向かって左側を落として模様木にしていきますが、今回は一切剪定はしないでおきました。



参考までに。
昨年の切り離し時の写真です。
130216-120617カエデ
2012年6月17日



鉢に絵付けをしてみる
以前からの夢と言いましょうか、ずっとやりたかった絵付けに挑戦してみました。

まったくの素人なので工房の先生に呉須を作ってもらい素焼きが済んだ鉢を家に持ち帰えり、書いてみました。
水で溶かした呉須に煮出したお茶を入れました。
素地との接着を良くして呉須類は、発色が良くなるようです。
しかし紙に書くのとは大違い、筆が滑らないんですね。
苦労しました。(汗)

130216ハチ01


130216ハチ02


130216ハチ03
絵付けをするなら、これ、と決めていた鳥獣戯画です。
胎土は半磁器です。



130216ハチ05


130216ハチ04
俵屋宗達の風神雷神です。

今日工房へもって行き、透明釉を掛けました。
焼き上がりは次の日曜日とのこと。
上手く焼きあがるといいんですが。





ヒメシャラの植替え
ヒメシャラの植替えをしました。

130210ヒメシャラ01



130210ヒメシャラ02
ヒメシャラの根はこの様にフィルターのような細かい網状になります。
よく作りにくいと云われます。
夏の炎天に弱く、幹にやけが入りやすいなど。
しかし、私の棚場は3階のベランダ。
寒冷紗も使用しないので夏場は一日中炎天下です。
それでも元気よく育っています。
あくまでも私見ですが、この網状の根が原因で水はけが悪くなり、樹勢を落とすのではないかと思っています。
ですのでヒメシャラの樹勢の維持は毎年の植替えが最も大事だと考えています。



130210ヒメシャラ03
と云うことで十分根を落としました。
前方に突き出た根も切っておきました。



130210ヒメシャラ04
鉢は師匠から頂いた鉢に植え替えました。



山モミジの植替え
山モミジの植替えをしました。

130211モミジ01
昨年、一の枝を接いでおきました。



130211モミジ02
元が膨らんでいますので完全に活着したようです。



130211モミジ03
差し込んだ方の不要枝は切り落として植替えをしました。
後ろ枝が1本欲しいので接ぎたいのですが適当な枝がないので来年に持越しです。


そうそう、忘れていました。
昨日のロウヤガキの剪定枝を挿し木しておきました。

130211ロウヤガキ05



ロウヤガキを取り木掛け
一昨年の秋に購入したロウヤガキ。

130211ロウヤガキ01
取り木掛けしてみようと思います。



130211ロウヤガキ02
このあたりで取れたらどうでしょうか。



130211ロウヤガキ03
長めに剥皮しました。



130211ロウヤガキ04
ミズゴケを切らしてしまったのでビニールポットで。
ロウヤガキの取り木は始めてなんですが。
実が小さい樹なので取れる前から実生りの姿を想像してほくそ笑んでしまいます。



河津桜を植え替える
もう葉が展開し始めている河津桜の植替えをしました。

130211カワヅザクラ01
一昨年、河津桜祭りで購入した苗木です。



130211カワヅザクラ02
接ぎ木ものですので自根を期待して深植えにしていました。
2年ぶりの植替えです。



130211カワヅザクラ03
根を確認すると残念ながら接ぎ木の境目辺りから1本だけ根が出ていましたが、自根かどうか?



130211カワヅザクラ04


130211カワヅザクラ05
直線的に伸びている主幹を切り、当初から決めていた下の枝を芯にして。
自根は諦めてこんな感じで植え込むことにしました。



130211カワヅザクラ06
来年は早咲きのピンクの花を見てみたいですね。



唐カエデ3態
以下の3鉢の唐カエデを植替えました。

130210カエデ11


130210カエデ12


130210カエデ13
いずれも挿し木からで、多分同年代の樹齢だと思います。
ブログを始めて7年目になりますが、その前からなので10年ほどでしょうか。
まったく記憶にありません。



130210カエデ14


130210カエデ15


130210カエデ16
写真付きの日記は長続きしないでしょうし、その点ブログは気軽に写真付きの日記が書けるのでとても助かっています。



唐カエデの植替え
三連休は植替えには絶好の天気でした。
精力的に植替えをやりましたよ。
普段はできない大きな改作は植え替えのときに行います。

130210カエデ01
この唐カエデは手に入れて10年ほどになります。
植替えのたびに切り戻したり、大きくえぐったりしながら作ってきました。
で、まだまだ手を入れる必要があります。



130210カエデ02



130210カエデ03
矢印の所の瘤をえぐっておきました。



130210カエデ05
前回の植替えのとき大きく切除した根はすっかり傷を巻いていますが不自然な瘤が気になります。



130210カエデ06
ここもえぐっておきます。



130210カエデ07
前回、大きく根を処理した傷あとです。
ほとんど巻いています。



130210カエデ08
しっかり傷を保護して植替えです。



130210カエデ10
そして、鉢の隅に接ぎ木用の枝を挿しておきました。



今日は鉢の素焼きの期限。
作りためていた鉢を工房へ持って行きました。

130211ハチ01



早春の花
緋梅の花が咲いています。

130210ウメ
盆栽を始めた年に苗木を買ってきました。
30年以上鋏づくりです。



130210ウメ02
古い梅の肌はみごとに荒れてきます。
苗木のときの傷は未だ巻き込んでいません。
小さい傷なので気にはなりませんが。
畑作りで太くしてからジンシャリを彫り、小物に仕立てている樹をみます。
傷は巻かないし、10年もしたら多分腐ってなくなるでしょう。
梅こそ促成物に手を出さずじっくり鋏づくりが良いと思います。



早春の花をもうひとつ。

130210オウバイ

挿し木してから5年目をむかえるオウバイです。



唐カエデの正面を変える
唐カエデの植替えをしました。

130202カエデ09
挿し木で古い樹ですが、これといって特徴のない樹です。



130202カエデ10
面白みがないので今回正面を変えてみました。
側面を正面に変更することにします。



130202カエデ11
下枝が正面になるので落とします。



130202カエデ12
模様に動きがでてきたと思います。



130202カエデ13
化粧鉢に植えました。



アカメソロを自作の鉢に植える
アカメソロを自作の鉢に入れてみました。

130202アカメソロ01
長く持っていますので枝が飛んでしまっています。
アカメソロは枝の維持が難しいですね。
ま、それなりに少しはよく見えるのかな。



130202アカメソロ02
欠点はあるけれど根張りから立ち上がりの味わいは良くなってきました。



唐カエデを寄せる
昨年の春、突風で3本の内2本が倒れ根を露出してしまい枯れてしまった唐カエデです。

130202カエデ05
左右2本がが枯れています。



130202カエデ06
以前実生下2本を適当に選び同じように寄せようと思います。



130202カエデ07
こんな感じかな。



130202カエデ08
今回は風で飛ばされることがないようアルミ線でしっかり十字に留めておきましたよ。



ニレケヤキの改作
ニレケヤキの植替えをしました。

130202ニレケヤキ01
以前、園芸店で購入した中品の上部を取り木したものです。
だらしなく背が伸びてしまって何となく締りがなくなってきています。

いつかやらなくてはと思っていましたが、今回ガツンと行きました。

130202ニレケヤキ02
胴吹き芽次第で従来の主幹を残すか、切り落とすか分りません。



130202ニレケヤキ03
こちらのほうがいい感じかな。





山モミジの植替え
天気予報では今日からは寒くなると云っていましたが。
春のような気候でした。
午前中は野暮用があったので午後から植替えや挿し木などをやりました。

山モミジを植え替えました。

130203モミジ01
取り木して20年以上経過していますが、思うようにできてくれない樹です。



130203モミジ02
手ごろな枝があったので1本、穴接ぎをしておきました。



130203モミジ03
樹勢がいまいち、案の定、用土がべちゃべちゃ、水はけが悪かったようです。



130203モミジ04
と、云うわけで根を一切切らず植替えることにしました。



130203モミジ05
通常より多くゴロを鉢底に入れ水はけを良くして素焼きに植えました。



古い唐カエデを自作の鉢に
今日は4月上旬の気候とのこと。
こんなチャンスは中々ない。
シャツ一枚で植替えです。

唐カエデを植替えました。

130202カエデ01
古い樹です。
挿し木から35年を迎えます。



130202カエデ02
で、自作の鉢に植えることにしました。



130202カエデ03
合う鉢がなかったのでずっと素焼き鉢に入れてきました。
初めての化粧鉢です。



130202カエデ04
良い感じです。
ちょっと深い感じがしますが・・・。



宮様カエデの植替え
宮様カエデの植替えをしました。

130126ミヤサマ01
いつまでもできない樹のひとつです。


130126ミヤサマ02
長い目で見てやりましょう。