プロフィール

BON人

Author:BON人
BONSAIは何年やっても納得のいくものは出来ませんね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミニ盆栽 ベランダ日誌
自宅のベランダで育てている。 ミニ盆栽の紹介。
挿し木のキズミを植え替える
今日も帰宅が遅く、違う内容を書こうと思ったのですがとても疲れているので簡単に済まします。

120224ズミ01
2009年に挿し木したキズミです。



120224ズミ02
この辺で丈を抑え芽吹きを促します。



120224ズミ03
剪定した枝は挿しておくことに。



120224ズミ04
ズミ系の挿し木は良くつきます。



スポンサーサイト
マメナシ
毎年花が咲くのを待ち続けているマメナシ。
もう半分諦めているのですが、この時期がくるともしやなどと期待してしまいます。

120224マメナシ
味がある模様の樹なので細いままで作っていこうと思っています。



140223-110301マメナシ
2011年3月



ヒメリンゴに手を入れる
2011年に師匠に頂いたヒメリンゴ。
この樹の上部を取り木したものが一昨日のヒメリンゴです。

120224ヒメリンゴ04
取り木を外した跡の処理が悪く醜くなってしまっていますね。
傷口を相当えぐったのですが、足りなかったようです。



120224ヒメリンゴ05
植替えと同時にもう一度手を入れることにしました。
写真を撮り忘れましたが、この後更に深くえぐっておきました。



120224ヒメリンゴ06
傷口を保護して終了です。



120224ヒメリンゴ07


120224ヒメリンゴ08
ヒメリンゴは山モミジのように薄くきれいに肉巻きをせずゴツゴツと厚く巻いてくるように思います。



スローボンサイ
記憶を辿ると2005年に挿し木したフジザクラです。
来年は10年ですね。

120224フジザクラ01
まさにスローフードならぬスローボンサイ。



120224フジザクラ02
で、また切っちゃうんですから、太らない(笑)




果たして姫リンゴは根伏せできるのか
ヒメリンゴは挿し木や取り木が難しいと言われています。

120224ヒメリンゴ01
昨年試しに取り木したら根が1本だけ出て何とか命を繫いでいるヒメリンゴ。



120224ヒメリンゴ02
ひどい状態ですね。
ヒメリンゴは一般的にカイドウやズミなど、同じバラ科の台木に接ぎ木して素材が作られているようです。
ヒメリンゴの自根が根伏せできれば接ぎ木跡のないヒメリンゴが得られる訳です。



120224ヒメリンゴ03
で、根伏せしてみました。
どうでしょうかね。
期待したいのですがねぇ。




実生したヒメシャラの植替え
実生2年目のヒメシャラを植え替えました。

140222ヒメシャラ01
師匠の所にだいぶ持っていったのですが、まだこんなにあります。



140222ヒメシャラ02
大きさははまちまちです。
比較的成長が良かったもの。



140222ヒメシャラ03
悪かったもの。

成長の良し悪しは性も関係しますので太れば良いってものではありません。
小葉性で枝も細かくできるのかもしれません。
一応すべて植え替えておきました。



140222ヒメシャラ04
3本寄せていたもの。



140222ヒメシャラ05
根を切り、幹をある程度追い込んで・・・。
苗木なので植替えも適当ですが、これでも数時間掛かりました。
「植替えは芽が動き出した頃」絶対無理ですね。



実生シャリンバイを単植えする
140222シャリンバイ01
実生2年目のシャリンバイを単植えすることにしました。



140222シャリンバイ02
実生しっぱなしです。



140222シャリンバイ03
ゴボウ根が走っています。



140222シャリンバイ04
実生木の手入れの第一段階はゴボウ根を切るところからです。



140222シャリンバイ05
一番下の葉を残し剪定します。



140222シャリンバイ06
こんな感じになりました。
下から芽あたりあればありがたいのですが。



140222シャリンバイ07
またまた鉢数が増えてしまいました。
どこに置いたらいいのでしょう。




山モミジをガツンとやる
樹勢が極端に落ち植え替えてみると酷い根腐れを起こしていた山モミジ。
水はけの良い用土に植え、2年間手を付けず樹勢の回復に努めてきました。

140216モミジ14
十分に樹勢がついてきたので、いつかやろうと決めていた大手術を行いました。
昨年、将来の芯にするために立てておいた矢印の枝。



140216モミジ15
ノコギリを使うとつい大事な小枝を切ったりしてしまうので上から少しづつ又枝切りで追い込んでいきます。



140216モミジ17


140216モミジ18
もう少し芯を太らせてからの方がいいのですが・・・。
なんとかなると思います。




もう1本、山モミジを取り木
どうしようもない樹を何とかするのも盆栽の面白さです。

140216モミジ08
切り返しに失敗してこのままでは良くなりません。



140216モミジ09
ここで取り木をすることにしました。



140216モミジ10



140216モミジ11
小さなミニ盆栽ができるでしょう。



140216モミジ12
下にある枝を利用して元木は作っていきます。


140216モミジ13

今年は春が早いような気がします。
植替えを急がなくてはなりません。



アオツヅラフジを取り木する
3年間、アルミ線を巻き発根を待っていたアオツヅラフジ。

140216アオツヅラフジ01



140216アオツヅラフジ02
やはり根は思うように出ていません。



140216アオツヅラフジ03
まるで糸ミミズの様なひ弱な根が少し出ているだけです。
アルミ線の食い込み具合も良くないですね。
太りも悪かったのでしょう。



140216アオツヅラフジ04
理由はないんですが、なんとなく皮むきは失敗しそうだったのでアルミ線を巻いていたのですが、環状剝皮で取り木をすることにしました。



140216アオツヅラフジ05
成功すればいいのですがね。




山モミジをピンクの鉢に植える

140216モミジ06
山モミジを中国の量産鉢からピンク色の自作鉢に変更しました。



140216モミジ07
ちょっと違和感がありますが、時代がついてくれば似合ってくるかも。



カナシデの植替え
カナシデの植替えをしました。
2009年に2枝挿し木しました。

140216-110228カナシデ01
その内1本は2年後の2011年に鉢から抜くと発根が2本だけでした。



140216-110228カナシデ03
片側の根を1本落とし、この部分を1曲としました。



140216-110228カナシデ02
根が1本減ったので立ち上りが細く貧相になります。



140216カナシデ01
しかし今回の植替えで確認すると立ち上がり部が太り上部に追いついてきているのが解ります。
後2~3年で完全に分からなくなるでしょう。



140216カナシデ02
もう1本のカナシデ。
株立ち風の樹形にしたいと思っています。



山モミジを取り木する
旅行中に日本は大雪で大きな被害が出たようですが、韓国では雪も降らず我慢できないほどの寒さもなく旅行を楽しんできました。
連れの一人が地下鉄で間違ってティーンエイジ用のプリペイドカードを買い駅員に捕まり、追徴金を取られたり、ひとり買い物に出て道に迷い夜道をさまよい歩いたり。
歩き疲れた旅行でしたが、それなりに楽しい旅行になりました。

140214ナンデムン
放火され消失した南大門は前回工事中でしたが見事に復元されていた。


140215フジサン
そんな訳で昨日は爆睡して、今日は心機一転一日中植替えをしました。



140216モミジ01
一昨年先輩から頂いた山モミジを植替えしました。
枝の処理や切り戻しに失敗して途中の幹がふくらんでしまっています。
樹勢をつけるため1年間休んでいましたが、予定していた取り木を掛けよう思います。



140216モミジ02
環状剝皮しました。
元木は接ぎ木して作っていこうと考えています。



140216モミジ03


140216モミジ04
成功すればずんぐりしたミニ盆栽ができそうです。



140216モミジ05




山モミジの植替え
山モミジの植替えをしました。

140209モミジ07
この樹は実生ですが、いつ実生したのか覚えていません。



140209モミジ08
いまいちの樹ですが根の芸が良い感じです。



140209モミジ09
赤矢印部分が下部に対して太ってしまってコケがよくありません。



140209-070913モミジ
いつ実生したのか忘れましたが、2007年に葉刈りしたときの写真が残っていました。
肌などで推測すると実生5~6年でしょうかね。
だから12年生くらいかな。
で、因みにこの写真は9月に入ってから葉刈りができるかの臨床試験でした。(笑)

追伸
明日から土曜日まで旅行に行ってきますので今週はブログは休止です。
韓国好きの友達がいまして・・・。
ほんとは「国風盆栽展と埼玉盆栽村満喫2泊3日」なんて旅行に行きたいんですけどね。
ま、誘われる内が花かな。



黄ズミの植替え
140209-101022キズミ
2010年の黄ズミです。
挿しっ放しの木で真直ぐな樹形でしたが、実付が非常に良い性だということで親木用に入手しました。


現在の樹形です。

140209キズミ01
斜めに植え付け左側に流れた樹形にしてあります。



140209キズミ02
根元に癖がありますが、面白みがあると思います。



140209キズミ03
途中に芽吹きがあれば切り戻す可能性がありますので将来は模様木になるかもしれません。



山モミジの苗木の植替え
4年前の2010年に実生した山モミジを植え替えました。
とにかく増えすぎたので手が回らず昨年も植え替えていないし、肥料もまともにやっていません。
昨年は鉢づくりに夢中になってつい怠けてしまったんですけどね。

140209モミジ05
今年はしっかり植え替えてやることにしました。



140209モミジ01
実生はどうしても腰が高くなってしまいます。



140209モミジ02
この樹は植替え時に深植えしたので上の節の所から根が出ています。



140209モミジ03
元の根を切除し、後で出た根を残します。
根のすぐ上に小さな芽が見えますが、これで腰高が解消します。
この芽を活かすため上部は強く切り込みます。



140209モミジ06
数が多いので寄せ植えも作ってあります。



140209モミジ04
これでも考えながら植え替えをすると半日かかりますね。



鉢づくり
西日本から東日本にかけての広い範囲で降雪とのニュース。
当地はこんなときでもめったに雪は降りません。
しかし朝から冷たい雨、ベランダで作業どころではありませんでした。

部屋にこもって鉢を造っていました。

140208ハチ03


140208ハチ01


140208ハチ02
このところ陶芸工房には行っていませんので焼いていない鉢がたまっています。



山モミジに枝を接ぐ
植替えついでに山モミジの枝接ぎをしました。

140126モミジ01
頭頂部の走り枝を利用します。



140126モミジ02
接ぎ枝はどんなに節間が長くても穴の出口から最初の節までを短くします。



140126モミジ03
このくらいの勢いのある枝を接げば年内に外すことができるでしょう。
浅い鉢に植えていたので今年は素焼きに移しました。



ミヤサマカエデ
ミヤサマカエデを植替えました。

140201ミヤサマ01
随分昔挿し木した樹です。
できそうでできない樹種ですね。



140201ミヤサマ02
枝枯れを起こし中間部に枝がないのでどうも間が抜けています。
「間抜け」とはよく言ったものですね。



140201ミヤサマ03
剪定枝を挿しておきました。



マイヒメモミジ
2012年6月に埼玉県の盆栽店で購入したマイヒメモミジです。
140201マイヒメ01


140201マイヒメ02


140201マイヒメ03
ビニールポットに複数挿してあったものを購入しました。
植え替えてこの3本は挿し穂取り用に大きくしたいと思っています。



140201マイヒメ04
植替えついでに少し剪定して節間の詰まった枝を数本挿しておきました。



ミヤマカイドウの植替え
ミヤマカイドウの植替えをしました。

140202カイドウ01
真直ぐな単調な樹でしたが、過去に幹を下に引っ張って曲をつけました。



140202カイドウ02
変わった樹形だけれど将来を考えたとき面白い樹になるかもしれません。



140202-100928カイドウ
2010年の植替え時の写真ですが挿しっ放しで3年、ゴボウ根を切って植え替えました。
現在根が増えていることが分かります。



マユミの植替え
2009年に挿し木したマユミを植替えました。


140202マユミ01



140202マユミ02



140202マユミ03



140202マユミ04

マユミは勢いの良い枝以外の弱い枝はすぐ枯れ落ちます。
弱い枝に切り替え切り替え作る私のやり方では難しいところがあります。
昨年は植替えもしていませんし、ほとんど施肥もやってなかったかな。
なんてごまかしてますけど、できないのは盆栽の所為ではありません。
手を抜けばそれなりです。



山モミジの植替え
今日は朝から雨。
作業ができないので鉢を1つ。
雨は昼過ぎに上がったので少し植替えをしました。

山モミジを植え替えました。

140202モミジ01
あまり太くせずこのまま持ち込もうと小さい鉢に入れています。



140202モミジ02
一切剪定せず(するところがない)同じ鉢に植替え。



ミヤマカイドウの植替え
ミヤマカイドウです。

140201カイドウ01


140201カイドウ01
枝を伸ばして太くしてきましたがこの辺で一度切り戻します。



140201カイドウ03


140201カイドウ04
ここから幹模様に変化がでてきます。



140201カイドウ05
根を1本。
根伏せすることにしました。



140201カイドウ06
今の棚のキャパではこんな増やし方がいいです。