プロフィール

BON人

Author:BON人
BONSAIは何年やっても納得のいくものは出来ませんね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミニ盆栽 ベランダ日誌
自宅のベランダで育てている。 ミニ盆栽の紹介。
クチナシを植替える
クチナシを植え替えました。

140429クチナシ01
元は実家の庭に植わっていたものを堀り上げてきました。
丈は腰辺りまであったでしょうか。



140429クチナシ02
自作鉢に入れましたが、鉢が強すぎるかもしれません。
枝を細かく作っていけばある程度見られるようになるのかな。



140429サギソウ
そして植替え時期を逸した芽が出てしまったサギソウも植替えました。



140427アッツザクラ
盆栽展用のアッツザクラも植替えておきました。
ちょうど開花時期が合えばいいのですが。


スポンサーサイト
唐カエデの植替え

昨日盆友から電話があり5月末に盆栽展があるとのこと。
内部をギャラリーに改装した古い蔵での展示です。
今回で3回目になると思います。

今年は小さめの盆栽を並べてみようと思っています。

140427カエデ01
で、この唐カエデを自作鉢に入れることにしました。



140427カエデ02
大きさ、流れ、鉢の色・形などを考えると使える樹は少なくなりますね。



チリメンカズラの植替え

昨日のチリメンカズラはこの樹から取り木しました。

140427チリメン01
残った元木です。
切り取った傷が大きいので巻き切るまで少々時間が掛かりそうです。



140427チリメン02
半懸崖。
自作の鉢に入れました。
鉢が少し大きめですが葉張りができてくればバランスがとれるのかな。


チリメンカヅラの植替え
チリメンカヅラを植え替えました。

140426チリメン01
一昨年取り木から外して初めての植替えです。



140426チリメン02


140426チリメン03
取り木の発根が悪かったのですが、1年間で根が十分増えたようです。



140426チリメン04
樹勢は良いようなので間伸びした枝等を大きく切りつめました。



140426チリメン05
素焼き鉢に戻し、今年も樹勢をつける予定です。



黄モッコウバラの花
一昨日は急遽徹夜の仕事。
で、昨晩はブログを更新しようとしたのですが、睡魔に襲われ中止。
今夜も少し尾を引いています。
この歳になると徹夜仕事は堪えますね。

黄モッコウバラに花が咲いています。

140426モッコウバラ01
ブログを始めた頃に挿し木したのでもう7年目になります。
早いものですね。


津山ヒノキの植替え
津山ヒノキを植え替えました。
2010年に市内の趣味家の方に譲っていただきました。

140420ヒノキ01
以来、手も入れず植替えもしていません。



140420ヒノキ02
根を整理して、大まかに剪定しました。
下部の枝は後に樹形の変更ができるよう残しておきます。



140420ヒノキ03
津山ヒノキはこの様にほって置いても懐の葉が残っているし葉も密、小物に向いていそうです。



キンズの植替え
2010年に師匠から頂いてきたキンズです。

140420キンズ05
暖地性のキンズをむろに入れず冬を越すからか、この時期は葉が最低限に減っています。



140420-110329キンズ
入手の翌春、植替え時の写真です。



140420キンズ06
根は元気良く防虫網を突き抜けていますね。



140420キンズ08
内側から下に伸びた根はきれいに切り取ります。



140420キンズ08
こんな感じ。
右側の根を増やしたいですね。



140420キンズ09
へんな樹形の樹ですがこんなのが将来面白くなるし作る楽しみもあります。



久々に陶芸工房へ
5月のGW中の穴窯での焼成。
久しぶりに造りためていた鉢を工房へ持っていきました。

140421ハチ
穴窯は温度が不安定で歪みやすいということで厚めに造りました。
自然釉の焼き上がりを考え、たたらもありますが手びねりであえて無骨な形にしました。
さてさてどんな感じに焼きあがるんでしょうね。
生徒さん達は昼夜交代で焼成の手伝いをするそうですが。
めったにない体験なので参加したいのですけどね。



140421アンチョビ
ついでに。
3月に塩漬けにした鰯をオリーブオイルに入れました。
5月の中旬には出来上がりの予定。
で、因みにアンチョビとは鰯の総称であって油漬けはオイルサーディンなのだそうです。



キンズを植え替える

桜も葉桜に変わり、暖かくなってきたのでキンズを植替え始めました。
しかし昨日今日と曇天で肌寒く最悪の天気でした。

140420キンズ01
上部を取り木して残った部分で作っているキンズです。



140420キンズ03
下に向かって走るキンズ独特の堅い根を切り落とし。



140420キンズ04
深植えにしておきます。
暑ければ暑いほど元気になるキンズ、まだもう少しですね。



タラノキ

師匠の家の庭にはタラノキが植えてあり、毎年この時期に新芽を頂いてきて天ぷらにして美味しくいただいています。

140419タラ01
このタラノキの根から出た小苗を挿し木してみました。


140419タラ02






ロウヤガキの花

ロウヤガキの花が咲き出しました。

140413ロウヤガキ01
昨年樹勢を付けたので花の数が多いです。
この樹はオス木が無くても実が留まるので今から秋の実生りの樹姿が楽しみです。



改作中のニレケヤキ
昨年2月に間伸びした上部を落とし改作中のニレケヤキです。
新たに出た芯は1年間伸ばし続け、この冬切り戻しました。

140413ニレケヤキ01
しかし改めて見てみると昨年もう少し下で切り戻したほうが良かったのかなと思います。



ヒメリンゴの花

ヒメリンゴの花が満開です。

140413ヒメリンゴ01
どのような樹形にしようか考えていますが結論が出ず、手付かずの樹です。

ところで、根伏せしたヒメリンゴ。
未だ芽が確認できません。


コメツガを植え替える

コメツガを植え替えました。

140413コメツガ01
小苗を入手して5年目です。



140413コメツガ02
初めて化粧鉢に入れてみました。



140416-090531コメツガ
2009年の入手時の写真です。
特別肥料もやらずビニールポットで育ててきましたが5年経過すると太っているのがわかります。



ネジカンザクロを植え替える
ネジカンザクロを植え替えました。
昨年は植え替えていません。
軽く剪定しましたが、記録のみです。


140413ザクロ01


140413ザクロ02




140413ザクロ03


140413ザクロ04




140413ザクロ05




140413ザクロ06


140413ザクロ07




140413ザクロ08


140413ザクロ09


挿し木して6年目ですが、ここ数年手を入れていないので代わり映えしませんね。
適度な肥料、そして植替えなど目配りをしないと間違いなく結果に現れます。



茶の木を植え替える
茶を植え替えました。

140406チャ01
今年はどうも茶に元気がありません。



140406チャ02
上部を落とし一曲付けておきました。



ピラカンサの植替え

実生のピラカンサを植替えました。

140412ピラカンサ01
2008年に発芽したピラカンサです。


140412ピラカンサ02
適当に剪定して植替えました。



140412ピラカンサ03
この樹は


140412ピラカンサ04
こんな風に。

全部で8鉢。
黄実のピラカンサを実生したのですが未だに花が咲きません。



ヒャクジッコウを植替える

大分暖かくなってきたし、芽も吹き始めたのでヒャクジッコウを植え替えました。

140406ヒャクジッコウ01
入手後10年ほどになるでしょうか。
だらしなく右側に頭が流れているように思います。


140406ヒャクジッコウ02
赤線位置で切って曲に弾みを付けた方がいいのかな。


サンショウの花

山椒の花が咲いています。

140406サンショウ03
なんと地味な花でしょう。



140406サンショウ02


140406サンショウ01
挿し木して6年目です。
今年は植替えをしていません。



レンギョウの花
庭木の穂を挿し木したレンギョウ。

140406レンギョウ01
2009年の花が咲いているときに挿しましたので丁度5年目になります。
毎年よく花が咲きます。



140406レンギョウ02
1年に1回の花の時期だけ手にとっているように思いますね。

ま、その内、樹も見られるようになるでしょう。
気長に気長に・・・。



ミヤマカイドウに初めての花
我がベランダに来て10年以上になるミヤマカイドウです。

140406ミヤマカイドウ01
今まで花が咲いたことはなかったのですが、今春始めて蕾を付けました。
あまり良い樹ではありませんが、うれしい気分になりますね。



140406ミヤマカイドウ02
前後に大きな傷がありますので上部で取り木でしょうかね。



ネジカンザクロの植替え


140406ザクロ01
4月を待ってネジカンザクロを植替えました。
というのは3月11日に植替えたネジカンザクロの新芽が枯れてしまったからです。



140406ザクロ02
今までは問題はなかったなどとブログに書いたけれど暖地性の樹木は4月に入ってから、早くとも3月20日を過ぎてからが無難なようです。



140406ザクロ03


140406ザクロ04
幸いにも枯れた葉に代わり新たに新芽が吹いて一命は取り留めたものの、知ったかぶってブログの記事にするのは慎まなければなりませんね。



ヒメサザンカ
ヒメサザンカを植え替えました。
2010年に挿し木しました。

記録しておきます。

140406ヒメサザンカ01


140406ヒメサザンカ02


140406ヒメサザンカ03


140406ヒメサザンカ04


140406ヒメサザンカ05


140406ヒメサザンカ06


140406ヒメサザンカ07


140406ヒメサザンカ08

芽のない所からは胴吹きをしにくい樹種です。
葉が小さいので小物に向いていそうですが、なかなか詰めきれません。
親木は昨年切りつめたら枯れてしまいました。
気長に芽あたりを待ち作っていくことになるでしょうね。
ヒメヒャクジッコウ
ヒメヒャクジッコウです。
埼玉の盆栽店で一昨年購入しました。

140329ヒメヒャクジッコウ01
購入してから手を付けず枝を伸ばしてきました。



140329ヒメヒャクジッコウ02
この辺で一回切って曲を作っておきます。




140329ヒメヒャクジッコウ03
ヒャクジッコウは挿し木が容易なので切り取った枝は挿し木することにしました。



140329ヒメヒャクジッコウ04



根伏せのロウヤガキ
根伏せして2年目のロウヤガキです。

140329ロウヤガキ01


140329ロウヤガキ02


140329ロウヤガキ03


140329ロウヤガキ04
真直ぐな幹を曲げたら折れてしまいました。
柿類はポキッと折れますね。


少し鋏を入れ植え替えました。

140329ロウヤガキ05


140329ロウヤガキ06


140329ロウヤガキ07


140329ロウヤガキ08
折れたこの樹は深植えにしておきました。



山モミジの芽吹き
140323モミジ01
雑木たちが一斉に芽を吹いてきました。
今年こそは、と思う時期ですね。
正月から植替え始めているのですが・・・。
植替えをしてやりたい樹が沢山残っています。



140323モミジ02
よく見えませんが上部を切り戻して自作鉢に植え替えました。