プロフィール

BON人

Author:BON人
BONSAIは何年やっても納得のいくものは出来ませんね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミニ盆栽 ベランダ日誌
自宅のベランダで育てている。 ミニ盆栽の紹介。
山モミジの植替え

用土が底をついてきたので、昨日用土を買ってきて、篩掛けをしました。
富士砂をあちこちを探しましたが、粗い物ばかりで細粒が手に入りません。
仕様がないので今回は桐生砂で代用することにしました。
今日は今冬初の植替えをしました。
山モミジです。

141231モミジ01
前にも書きましたが、八方根張りなのですが、余りにもきれいな八方なので面白みがありません。
深く植えて小根をだし、もっと変化のある根張りにしようと思います。



141231モミジ02
ゴロは極力少なくして、深く収めました。



141231モミジ03
濁った水が鉢底から出なくなるまで水をたっぷりと掛けます。



141231モミジ04
来年の目標は根元に小根を増やすこと、そして上部を太らすことかな。



スポンサーサイト
ウグイスカズラ

師匠から貰ってから3年目のウグイスカグラです。

141228ウグイスカグラ01
ウグイスカグラは芽がビュンビュン伸びるので小さくまとめるのが難しいです。



141224-110924ウグイスカグラ
貰ってきた2011年の秋の植替時の写真。


上記の樹の挿し木苗です。

141228ウグイスカグラ02


141228ウグイスカグラ03
2011年に挿し木しました。



キンロバイ

キンロバイです。
キンロバイの作り方はよく分かりません。

141228キンロバイ01


141228キンロバイ02


141228キンロバイ03


141228キンロバイ04
記録として写真を撮っておきました。



141228-120729キンロバイ
2年前に貰ってきたものを株分けしたときの画像です。



杉の整姿
2年前に挿し木した真杉です。

141227スギ01
基本的に直幹につくる杉は野放図のままではいけません。(過去の反省)



141227スギ02
芯の分岐部もこのままでは瘤になって見苦しくなってしまいます。



141227スギ03
片側を落としました。



141227スギ04
幹に針金を巻き真直ぐにしておきました。



141227スギ05
もう1本の杉。



141227-120512スギ
因みに挿した2005年5月の画像です。



挿し木のオリヒメモミジ
2012年に挿し木したオリヒメモミジ7鉢です。


141221オリヒメ01


141221オリヒメ02


141221オリヒメ03


141221オリヒメ04


141221オリヒメ05


141221オリヒメ06


141221オリヒメ07
どうなるか分かりませんが、中途半端な樹より、こんな苗木の方が夢がありますね。

明日から9連休。
あくまで一応ですが・・・。
そろそろ植替えを始めようかなと思っています。



チリメンカズラの4年

2010年11月のチリメンカズラです。

141221-101116チリメンカズラ
挿し木何年目でしょうか。
師匠にもらった樹なので分かりません。



141221チリメンカズラ
ちょうど4年経過しました。
チリメンカズラは時間がかかると言いますが、以外に出来てきています。



山モミジ

3月に大きく切り戻し、コケを作った山モミジです。


141223モミジ01
傷の状態を確認してみました。



141223モミジ02
良く巻き込み始めています。



141223モミジ03
傷を巻き込やすくするため残していた枝(①)を追い詰め、節間のつまった枝(②)を上に引っ張り、①から②へ力を移動させます。



姫サザンカ
141221ヒメサザンカ01
2009年に挿し木した姫サザンカです。


枝を追い込みました。

141221ヒメサザンカ02


141221ヒメサザンカ03
蕾が付いていましたが、花はまだ我慢しなければなりません。
姫サザンカは葉や芽を残しておかないと枯れてしまいますので注意が必要です。



ロウヤガキの3年

2010年に根伏せしたロウヤガキ2鉢です。

141221ロウヤガキ02


141221ロウヤガキ01




2011年2月の画像です。

141221-110206ロウヤガキ02



141221-110206ロウヤガキ01


2鉢は兄弟木ですが、お互い個性が違い面白いですね。



舞姫モミジ

2012年にビニールポットに挿した苗木を入手して2年の舞姫モミジ3本です。

141221マイヒメ01



141221マイヒメ02



141221マイヒメ03


141221マイヒメ04
昨年、数本挿し木たのですが失敗しました。



豆人形

骨董市で豆人形を買ってきました。

141220マメニンギョウ01



141220マメニンギョウ02
高さは3cm。
着物は布の生地です。
しかし、よくこんなに小さく作れるものですね。



8年目のヒメリンゴ

園芸物のヒメリンゴを買って8年が経過しました。

141213-060917ヒメリンゴ01
購入した日の画像です。



141213-060917ヒメリンゴ02
矢印の芽を残し、斜線で切り落としました。



141213ヒメリンゴ01
現在の樹姿です。
ヒメリンゴは小枝ができませんが、入手時と比較すると幹肌の荒れ、立ち上がりに力強さが出てきたのが分かります。



カマツカの5年

太枝を挿し木したカマツカを貰ってきたのが、2009年。

141213-090201カマツカ
2009年2月1日
ちょうど単一電池のようですね。



141213カマツカ
ほとんどほったらかしでしたが、時が経つと少し盆栽らしきものに・・・。



カナシデの成長記録

山採りのカナシデです。

141214カナシデ



2009年から記録を続けています。

090222カナシデ01
2009年2月



141214-101219カナシデ
2010年12月



141214-111224カナシデ
2011年12月



141214-121229カナシデ
2012年12月



141214-131218カナシデ
2013年12月



赤芽ソロ

アカメソロです。

141213アカメソロ
樹高12cm
細い苗木を山採りしました。
古い樹です。



141213アカメソロ02
枝枯れする樹種なので小さく維持するのが難しいです。
いつの間にか枝が枯れ中間の枝がなくなってしまいました。
赤線部で切ってしまおうかとずっと考えています。



コナラの紅葉
コナラの紅葉です。

141213コナラ02
コナラの紅葉はモミジより野趣があります。



141213コナラ01
コナラはこの1鉢だけ。
山採りで古い樹です。
いまいちの樹形なので改作したいのですが、手を付けられないままでいます。



シシガシラモミジ

モミジのシシガシラです。
きれいに紅葉しています。

141213シシガシラ01
5月に入手してすぐ素焼き鉢に入れました。



141213シシガシラ02
葉を落としました。
挿し木や接ぎ木の素材として購入したのですが、一向に芽が伸びてきません。
フリーズしちゃってます。
どうもわがままな性質のようですね。(笑)



唐カエデ

挿し木からの古い唐カエデです。

141130カエデ01
正面


141130カエデ02
裏面
一度がれかけたのですが、復活しました。
強い樹種だからこそ長く持ち込めます。



ミニの唐カエデ

モミジが続き、少々飽きてきました。
ミニの唐カエデです。

141130カエデ03
小さいけれど挿し木から15年ほどの樹です。



141130-070120カエデ
2007年の植替え時の画像です。
後に赤線部で切り戻しました。



大手術をした山モミジ

昨年、決断をして大きく切り戻した山モミジです。

141207モミジ10



傷口癒合剤を取ってみました。

141207モミジ11


141207モミジ12
やけこみはなく、周りから均等に肉が巻いてきています。
残してある左側の枝は軽く剪定。
上の芯は、さらに伸ばしたいと思います。



山モミジの改作構想

今夜は職場の忘年会のため、遅い更新です。
さて、私の場合、思ったようになってくれない樹が沢山あるわけですが・・・。

141207モミジ05



141207モミジ06
この樹は丸の位置が瘤になり、手に負えない状態です。
これも過去の切り戻し方の失敗です。


どうしたら良いのでしょうか。

141207モミジ07
赤線の位置で取り木。
でも下部の使い方が難しい。



141207モミジ08
赤線部をえぐり、瘤を取り去る。
しかし傷がとても大きくなります。



141207モミジ09
左をえぐり取り、矢印部に芯を接ぐ。

まあ、冬は長いです。
ゆっくり考えます。



山モミジ

山モミジが続きます。

141207モミジ01
実生なのか、取り木から作ったものなのかすっかり忘れてしまいました。
取り木のような感じはしますが・・・。



141207モミジ02
現在の芯は節間が伸び、使えません。



141207モミジ03
しかし裏側に立替えるのに丁度よい節間がつまった枝を見つけました。



141207モミジ04
この弱い芽を残し太い芯を切り落としました。
これによりコケが生まれ重心が下がり、樹が大きく見えます。



モミジ紅千鳥を入手

モミジ「紅千鳥」を入手

141207ベニチドリ
芽だしが赤く綺麗な山モミジ系の品種です。
持ち込むと肌が白く、以前より欲しかった樹種でした。
良い樹ではありませんが、ある程度大きく育て、種木にしようと思います。



取り木した山モミジ

2012年に取り木した山モミジです。

141130モミジ09
良くなるのではと期待しています。



141130モミジ10
来年は赤線の部分でカットする予定です。
根張りが出来てくれば見違えると思います。




山モミジ

山モミジです。

141130モミジ08
樹高は10cmに満たないです。
骨格だけはできてきましたが、一向に前に進まない樹でもあります。



山モミジ甲羅吹き

山モミジ甲羅吹き

141130モミジ05


141130モミジ06
座はできてきましたが、それぞれの幹のバランス、模様が上手くできません。



141130モミジ07
株立ちというより甲羅吹きだと思います。



山モミジ

まだまだ続く山モミジです。

141130モミジ04
下部は良いのですが上部の模様が単純です。
根張りから立ち上がり、続く1曲までは迫力がありますが、上部が単調なので引き立ちません。
ひと振り欲しいですね。
そして頭を低くして、樹冠が横にふわっと広がれば、印象が大分違ってくるかと思います。



山モミジ

山モミジです。

141130モミジ03
この樹は種木を購入し、主幹に芯を接いで切り戻して基本の骨を作りました。
上部にバンザイをしているような枝がありますが、来年は切りつめですね。



141130-080315モミジ
因みに2008年の3月の画像です。
矢印の芯は枝を接いで作りました。



山モミジ

山モミジです。

141130モミジ01
樹高11cm



141130モミジ02
赤丸部が膨らみ不自然なので削ったほうがいいでしょうね。
手にとって見ると気になりませんが、写真を撮ると気になります。