プロフィール

BON人

Author:BON人
BONSAIは何年やっても納得のいくものは出来ませんね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミニ盆栽 ベランダ日誌
自宅のベランダで育てている。 ミニ盆栽の紹介。
ナンジャモンジャを挿す

盆栽展の会場の中庭にあるナンジャモンジャの木。
挿し木をしましたが、2年連続で失敗。
性懲りもなく3回目に挑戦しました。

150531ナンジャモンジャ01
今回はルートンも付けましたよ。



150531ナンジャモンジャ02
ま、種を蒔けばいいんでしょうけどね。(笑)



スポンサーサイト
築130年の蔵で盆栽展

毎年の恒例となった蔵の中での盆栽展。
丁寧に手入れされた自慢の盆栽たちが並んでいましたよ。
写真を撮ったのですが手振れによりボケてしまい画像は少ないです。

150530リッカテン01



150530リッカテン02



150530リッカテン03



150530リッカテン04



150530リッカテン06



150530リッカテン05



150530リッカテン07



150530リッカテン08
珍しいイチジクの盆栽



150530リッカテン09
盆栽誌(盆栽世界)の取材がありました。



シャリンバイ(車輪梅)
150524シャリンバイ01
2011年、公園のシャリンバイの実を採ってきて種を蒔きました。



150524シャリンバイ02
もちろんまだ花は咲きません。
切り込んでおきました。



卯の花が咲く

ウツギの花が咲き始めました。

150524ウツギ01
2010年に挿し木しました。



150524ウツギ02
うの花の、匂う垣根に
ほととぎす、早も来鳴きて
しのびねもらす、夏は来ぬ

初夏ですねぇ。



ヒノキの葉透かし

津山ヒノキの葉透かしをしました。

150524ヒノキ
作業前の写真は撮り忘れましたが、大分透かしています。
2010年に入手した樹です。
当時の写真がないのでどのように変化したのか分かりません。
ぜひ苗木の時や入手時の写真を撮っておくことをお勧めします。
励みになります。



ミヤマカイドウ(深山海棠)

ミヤマカイドウです。

150524カイドウ
所謂ぶった切りから作っています。



150524-091226ミヤマカイドウ02
2009年の入手時の画像です。



150524-091226ミヤマカイドウ01
すぐ下部だけ残し上は落としました。
後に芯と一の枝は接ぎました。
何となくまとまってきたように思います。



セイヨウカマツカ

西洋カマツカです。

150524セイヨウカマツカ01
2009年の実生です。



150524セイヨウカマツカ03
今年は植替えをしていません。
手を入れないのでよくなりませんね。
実がついているものを1本だけ残し、刈り込んでおきました。



150524セイヨウカマツカ02



飾ってみる
もうすぐ盆栽展です。
一応、仮に飾って確認してみました。

150524飾り
松柏がないので天場は唐カエデ。
以下左から山モミジ、ネジバナ、つぼみバラ、姫シャラ。
ネジバナは蕾が膨らんできていますが、当日に咲いてくれればいいのですが。



エノキ

2010年に挿し木したエノキです。

150516エノキ0101
苗木ですが、何となく将来ものになりそうなのです。
あくまで勘ですけど・・・(笑)




夏ツバキ

2011年に実生した夏ツバキです。

150510ナツツバキ
発芽したときから双幹です。
左の子幹の下から芽吹きすれば良いのですがね。



元気のない山モミジ

2012年に取り木した山モミジですが、昨年から樹勢のが落ちてめっきり元気がありません。
下枝は枯れ落ち、冬の間に枯れてしまうのではと思っていました。

150516モミジ02
春に水はけの良い用土で根は切らず植替えました。
何とか残った僅かの芽に元気がつき枝を伸ばしてくれています。



150516モミジ01
今年は徹底的に肥培です。



チリメンカズラを改作

以前、取り木したチリメンカズラです。

150516チリメン01
少し手を加えようと思います。



150516チリメン02
双幹風の樹形ですが、親幹が子幹の反対方向に逃げ、不安定です。



150516チリメン03
このように親幹は子側に振ったほうが樹形が安定します。



150516チリメン04
左方向に丁度良い枝が出ています。
切り返す位置はここにしました。



150516チリメン05
少々傷は大きいですが思い切って切ります。



150516チリメン06
写真では分かりにくいと思いますがこんな感じになりました。
もちろんこの後、傷の癒合剤をしっかり塗っておきました。




盆栽展出品の準備

今月末に盆栽展に出品するため、候補を選び、コケをはっておきました。

150517カエデ
唐カエデ



150517サンザシ
サンザシ



150517ニシキギ
ニシキギ



150517ヒメシャラ
姫シャラ



150517モミジ
山モミジ



150517イワフジ
イワフジ

この中から三点でしょうか。
この時期は黒松のローソクが伸びているので使えません。
天場には唐カエデを置くことにします。

で、頼まれてはいませんが、勝手に宣伝しておきます。
蔵の中の雰囲気と盆栽が不思議にマッチしてとても良いです。
是非、おいでくださいませ。

蔵の中のミニ盆栽 立夏展(静岡県)
会期/5月29日~31日
会場/岡部宿大旅籠柏屋・ギャラリーなまこ壁(藤枝市岡部町)
主催/駿府小品盆栽会(全小協認定団体)
℡090(9925)9076 高梨方



イワフジの花

今年もイワフジの花が咲き始めました。

150516ニワフジ
花が藤を思わせるので、フジの名がついたようです。




オリヒメモミジ

オリヒメモミジです。
2012年から毎年挿しています。
挿し木すればよく発根しますが、増えすぎます。

150510オリヒメ01
目が行き届かないと樹は良くなりません。
この位がいいでしょうね。



150510オリヒメ02


150510オリヒメ03
肥料を置きました。



黒松に肥料をやる

黒松は気持ちよくミドリ芽を伸ばしています。

150510クロマツ01
すべての黒松に玉肥を置いてやりました。



椿(出雲大社ヤブ)

椿(出雲大社ヤブ)です。

150510イズモタイシャ01
樹高が高かったのですが、うれしいことに昨年下からプツンと芽が吹いてきました。



150510イズモタイシャ02
この弱い芽を使って樹を作っていきます。
1曲、そしてコケもできます。




ミヤマカイドウを切り戻す

ミヤマカイドウです。
2009年に根伏せしたものです。

150510ミヤマカイドウ01


150510ミヤマカイドウ02
記録のため前後の写真を撮りました。



150510ミヤマカイドウ03


150510ミヤマカイドウ04
切り戻しておきました。

まだ幼い子供、どんな樹形になるのかも判りません。
横方向が正面になるかも。



150510-100811ミヤマカイドウ
2010年根伏せして1年目の画像。



姫シャラ

2012年に実生した姫シャラです。

150510ヒメシャラ01
玉肥を置きました。



150510ヒメシャラ02


150510ヒメシャラ03
今年は伸びるに任せます。



エゴを取り木する

以前、山採りしたエゴががれてしまいました。

150510エゴ01
年を追うごとにじわりじわり枯れこんできました。
からくも一部だけ生きています。
植物は終焉を迎えると子孫を増やそうと花を多くつけるようですが、今年は異常に多いです。
ほっておこうと思ったのですが、思い出のある樹、生きているところだけ取り木することにしました。



150510エゴ02
ここを取り木します。



150510エゴ03
幹周りが真円ではないので、まず彫刻刀で円周を削りました。



150510エゴ04


150510エゴ05
こんな感じ。
環状剝皮した部分は一周生きていたのでほっとしました。



150510エゴ06
今回はミズゴケで覆いました。
さて、命を繫げることができるでしょうかね。




5月の花

このところ樹種が増えてきたので色んな5月の花が楽しめます。

150509ピラカンサ
ピラカンサ



150509キンロバイ
キンロバイ(金露梅)



150509イボタ
イボタ



150509サンザシ
西洋サンザシ



150509エゴ
エゴ



150509アッツザクラ
アッツ桜



クチナシの改作

2009年に挿し木したクチナシです。

150506クチナシ01
少し変わった樹形にしてみようと思います。



150506クチナシ02
頂部の枝を切り落とし、芯を左にカクンと下がるようにしてみました。



150506-100227クチナシ
2010年の植替え時の画像です。




カナシデ

爽やかな5月に入り、盆栽たちが新芽を伸ばしています。
人間にとって心地よい気候はきっと盆栽たちにも気持ちが良いのでしょうね。

カナシデです。

150506カナシデ01
2000年ごろの山採りだと思います。



150506カナシデ02
芽切りや極端に大きな葉を切り取りました。




バラ(雅)

ミニバラ(雅)の花が咲き始めました。

150506ミヤビ
挿して2年目です。
自作の鉢に入れました。
今月下旬に盆栽展で季節感を出す意味で使ってみようかと思います。
植替えてしまったので花が継続するか分かりませんけどね。




八房杉

2012年7月に挿し木した八房杉です。

150502スギ01
植替えたところ、片根のまま。
八房は普通の真杉より根が出にくいのでしょうか。
挿し木の成功率も低かったです。
もう少し太くして取り木をする予定です。



150505-120818スギ
挿したときの画像です。




追い込んだ山モミジ

枝がだらだらと間伸びしてしまった山モミジを芽吹き前に追い込みました。

150503-150317モミジ01

       ↓

150503-150317モミジ02
追い込んだ3月の画像です。



140502モミジ02


140502モミジ03
強く追い込んだので枯れ枝が出るのではと心配しましたが、弱い芽が吹いてきました。

上部の枝は大きな葉をつけ勢い良く伸びています。
この強い枝を抑制しないと、新たに吹いてきた弱々しい芽は枯れ落ちたりウドンコ病になったりする恐れがあります。



140502モミジ04

       ↓

140502モミジ05
まず強い枝の葉を落としておきました。



140502モミジ06
この作業で弱い芽に日が当たるようになるし力も移動することになります。



キンズの取り木

キンズをもらってきたんですが。
植替えようと鉢から抜いたらこんな感じ。


140502キンズ01


140502キンズ02
このままでは見られません。
で、取り木することにしました。


140502キンズ03



140502キンズ04
ま、根が出てくれればなんとかなるでしょう。



140502キンズ05


140502キンズ06
捨てちゃえば、鉢数も増えないし良いのですが・・・。
こんなことするので増え続けるんです。
じゃあ、貰ってこなければと言われそうですがね。(笑)




トキワヤマボウシを植替える

昨年、盆栽展の即売で購入したトキワヤマボウシです。

150426トキワヤマボウシ01
枝を詰めて植替えました。
真直ぐ。
芸がないですねぇ。。



150426トキワヤマボウシ02
ま、こんな樹もいいでしょう。
可愛いらしい鉢に入れてみました。