プロフィール

BON人

Author:BON人
BONSAIは何年やっても納得のいくものは出来ませんね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミニ盆栽 ベランダ日誌
自宅のベランダで育てている。 ミニ盆栽の紹介。
ブナ

今年の春、頂部を落とし、改作したブナですが、水切れで葉をふるってしまいました。

150726ブナ01
30年以上育てて、1鉢だけのブナ。
もう終わりかと諦めていましたが、幸いなことに芽が吹き出してくれました。



150726ブナ02
今年は放任しようと思いましたが、力が均等になるよう強い所を剪定しました。
ブナを葉刈りしたことはなかったのですが、この一件で葉刈りができることを確信いたしました。




スポンサーサイト
ヒメリンゴ

出張で帰宅が遅かったのでこの時間の更新です。
疲れて帰ってベランダの盆栽たちに水をたっぷりやるとホッと一息つきます。

ヒメリンゴです。

150725ヒメリンゴ01
今年は植替えもせずほったらかしにしています。



150725ヒメリンゴ02
右側の太い枝の元から弱い枝があります。



150725ヒメリンゴ03
これを1の枝にすることにして、太い枝を落としました。
残った左側を芯にします。




一才ザクロ
2013年に挿し木した一才ザクロです。

150726イッサイザクロ01
伸ばしっぱなしなので太りましたが、幹が真直ぐです。
ちょっと手を加えたいですね。



150726イッサイザクロ02
よく花が咲きます。



150726イッサイザクロ03
子房が膨らんできました。
実が小さくて小物盆栽向きです。




取り木していたウメモドキを切り離す

このウメモドキを取り木したのが3月30日です。

150726ウメモドキ01
そろそろ発根していそうです。
用土を少し掻きとってみると発根が確認できました。



150726ウメモドキ02
切り離して用土を洗い流すと、1部発根していませんでしたが、期待以上です。
このわくわく感が取り木の楽しみでもあります。



150726ウメモドキ03
数年して根が充実してくれば見られる樹になりそうです。



150726ウメモドキ04
幹がぐらつかないようしっかり縛っておきました。



赤松の芽切り

赤松も黒松と併せて芽切りを行っています。

150725アカマツ01
山採りの赤松の下部に芽接ぎをして作っています。



150725アカマツ02
これじゃあ、樹形がちょっと分かりませんけどね。




黒松の芽切り

黒松の芽切りを始めました。
例年より少々遅れました。

150725クロマツ01
2011年に一の枝を残し改作した黒松。



150725クロマツ02
とにかくうだるような暑さ、作業も長続きしません。




ヒメシャラ
2012年に実生した姫シャラです。
順調に枝を伸ばしているので、この辺で切り戻しておきます。

150725ヒメシャラ01

      ↓

150725ヒメシャラ02



150725ヒメシャラ03

      ↓

150725ヒメシャラ04



150725ヒメシャラ05

      ↓

150725ヒメシャラ06



150725ヒメシャラ07

      ↓

150725ヒメシャラ08



150725ヒメシャラ09

      ↓

150725ヒメシャラ10




ウメモドキ

一昨年、取り木に失敗したウメモドキ。

150723-130620ウメモドキ01
発根が悪く幹が枯れてしまいました。
しかし、根元から1本のヒコバエが出て、生き延びてくれました。



150723-130620ウメモドキ02
枯れた主幹は切り、ヒコバエだけにして植替えました。



150719ウメモドキ01
現在の様子です。



150719ウメモドキ02
こんな樹を記録しておくのも面白いです。



フウリンガマズミ

盆栽の対象となる樹種は留まることをしりません。
次々と新しい樹種がでてきています。
どこかに仕掛人がいるんでしょうね。

150719フウリンガマズミ01
このフウリンガマズミを盆栽店で始めて見て実つきが良さそうなので苗木を購入したのが一昨年です。



150719フウリンガマズミ02
確かに今年の実生りは凄いことになっています。
枝が間伸びし小物では作りにくそうですがね。
因みに原産地は中国のようです。



ツバキ(炉開き)

ツバキ(炉開き)です。

150719ロビラキ01
雪ツバキと茶の交雑種だといわれています。
昨年、下から出た枝を活かすように上部を落しました。



150719ロビラキ02
2段階で詰めようと思い一枝残しておきましたが、今回下の枝のみにしました。
少し切り口を残しているのは分岐部から芽が吹くのを期待しているからです。



クチナシ

今日の蒸し暑さったら・・・。
風が強かったけど熱風。
急ぎの仕事があったので、今日は休日出勤。
午後の遅い時間に帰宅しました。

150719クチナシ01
冬の寒さにやられたのか、元気がなかったのですが、暑さが大好きなクチナシです。
このところ樹勢がのってきました。
やっと肥料がやれます。



うどんこ病
先週のうどんこ病に食酢を散布したので、結果を確認しました。

150719ウドンコ01
ほとんど白い菌が消えたようです。
ただし希釈2倍は強すぎたようで出たての固まっていない幼い葉は薬害でチリチリに枯れたものがあります。



150719-150713ウドンコ
食酢噴霧前(7月13日)



ヒメヒャクジッコウ

ヒメヒャクジッコウです。

150718ヒャクジッコウ01
昨年、切り返して1曲作りました。



150718ヒャクジッコウ02
白い花が咲きだしました。
暑くなるとますます元気になるヒャクジッコウです。



イチイ

イチイです。

150712イチイ
昨年磁器鉢に入れ樹勢を落としてしまいました。
素焼鉢に移し培養していますが、何とか芽が動いている状態です。



カナシデ

カナシデです。

150712カナシデ01
山から苗木を抜いてきて15年ほどです。
小枝を刈り込みました。



150712カナシデ02
枝枯れがありますが、同じシデ類のアカメソロにくらべ胴吹きするし、とても作りやすい樹種です。



アカメソロ
暑いですねぇ。
一気に猛暑がやってきました。

アカメソロです。

150712アカメソロ01
今年1月に改作しました。


150712アカメソロ02
刈り込んでおきました。



カングミ

カングミです。

150712カングミ01
枝が暴れてきていますので、概ね葉を2枚残し剪定しておきました。



150712カングミ02
右側の鉢の隅は春の植替え時に枝を1本挿してあります。



150712-110622カングミ
2011年6月の画像です。
少し貫禄がでてきたのかな。



うどんこ病
山モミジはうどんこ病になりやすいのが欠点です。
棚が風通しの良い3階のベランダなので以前にくらべ少なくなりましたが、やはり悩みの種です。

150713ベニチドリ01
昨年入手したモミジの紅千鳥です。



150713ベニチドリ02
みごとにうどんこをまぶしたように葉が感染しています。



150713ベニチドリ03
食酢を2倍に希釈して散布しておきました。
食酢は過去に何回か使用していますが、効果はまだはっきりしていません。
結局、殺菌剤を使っちゃうからです。
今回はしっかり経過を観察しようと思っています。



キブシ
キブシです。

150712キブシ01
右側の主幹はヒコバエから作ったもので、後からヒコバエが増え現在3幹で作っています。



150712キブシ02
上部の枝の分岐を広げています。



150712キブシ03
徒長枝がぐんぐん伸び下枝が枯れる樹種です。
樹木の新陳代謝なのでしょうがないのですが、盆栽作りはまさにこの自然の理との闘いのように思います。
早めに剪定をしておきます。



自然実生のアキグミ

アキグミだと思います。
というのは種を蒔いたわけではなく、鉢の隅で発芽していたからです。

150705アキグミ
模様が面白かったので今まで育てています。
2009年の実生なので6年目ですね。



イワシデ

しかし、毎日雨ですねぇ・・・。

イワシデです。

150705イワシデ01



徒長枝が出ていますので軽く剪定しました。

150705イワシデ02





山モミジ
昨夜はブログの写真がアップロードできませんでした。
たまにこんなことがあります。
ま、無料なので文句は言えないんですけどね。
で、昨日予定の内容を・・・。

140816モミジ01-2
昨年、上部を取り木から外した時の山モミジの写真です。
残った下部から1本の枝がでています。



150705モミジ02
現在の様子です。



150705モミジ03
この枝が将来の幹になりますが、少し太ってくるとバランスがとれてきます。
来年1年このまま太くすれば1曲ついた自然な幹模様になります。



ツリバナ

ツリバナです。

150705ツリバナ01
いつまでたっても変化しない樹です。
葉は大きいし節間は飛ぶし思うようになってくれませんが、実が生った秋の風情は格別です。



150705ツリバナ02
今年は実が2つ。



150705ツリバナ03
このツリバナの後継ぎがないので挿し木することにしました。



150705ツリバナ04
2本だけ挿しました。



脇田性ケヤキ

昨日からの雨。
止むのを期待したのですが、しとしとと降り続きました。
軒下で軽い剪定や雑草取りで二日間終わりました。

小葉の脇田性ケヤキです。

150705ケヤキ01
下が2年前のこの樹ですが、枝が少しごつくなっています。



150705-130422ケヤキ
挿し穂をとるため、枝を伸ばし過ぎましたね。
現在の樹高は12cmです。
芽摘みを繰り返し15cmでまとめたいですね。



姫ヒイラギ

姫ヒイラギです。

150628ヒメヒイラギ01
小葉性のヒイラギです。



150628ヒメヒイラギ02
葉が茂ってきたので刈り込んでおきました。
懐芽を持たないし、胴吹きもしない困ったちゃんです。



唐カエデ石付きの葉刈り

唐カエデ石付きです。

150628カエデ05
樹勢が良さそうなので葉刈りをすることにしました。



150628カエデ06
すべての葉を落としました。



150628-090222カエデ石付き
2009年2月、概ねの樹形を作ったときの画像です。



黒松

昨年秋、海岸の松林で黒松の苗木を抜いてきました。
1鉢に寄せておきましたが、今春、単植えにもしないでそのままです。



150628クロマツ01
接ぎの台木にするつもりでしたが、寄せ植えのまま、ひょろっとしたものを作っても面白いかも・・・。