プロフィール

BON人

Author:BON人
BONSAIは何年やっても納得のいくものは出来ませんね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミニ盆栽 ベランダ日誌
自宅のベランダで育てている。 ミニ盆栽の紹介。
ツリバナ

ツリバナの実が生っています。

150927ツリバナ01
毎年、この時期だけ登場する樹です。
数粒の実を何回か蒔きましたが、発芽しないため、ツリバナはこれ1鉢のみです。



スポンサーサイト
ヒメリンゴ

ヒメリンゴ2鉢です。
昨年2鉢ともに切り戻しています。
しかし、管理が行き届いているとはいえませんね。

150927ヒメリンゴ01



150927ヒメリンゴ02
下の樹は一番下の枝を残し、再度切り戻したほうが出世するかもしれません。



唐カエデ

このところ軽い剪定、草取りなどでこれといった手入れはしていません。
記録のみの更新が続きます。

挿し木からの唐カエデです。(実生かも?)

150927トウカエデ01

      ↓

150927トウカエデ02



ヒメイタビ

150923ヒメイタビ01
ヒメイタビです。



150923ヒメイタビ02
小指くらいの枝を挿したものです。
ヒメイタビは雄雌異株なので雌株なら実が生るよう(当たり前ですが・・・)です。
クワ科イチジク属なのでちょうど小さなイチジクのような実が生るそうです。



サンショウ

今日は出張のため、帰宅が遅く今からブログの更新です。
2008年に挿し木したサンショウです。



150923サンショウ01
7年なんて、あっという間ですが樹がなかなかできてくれませんね。



150923サンショウ02
実が3粒だけ付いています。



ベニシタン

ベニシタンです。

150923ベニシタン01
たぶん15年ほど前に盆栽展の即売で購入したものです。

肉巻きしないベニシタン。
少しづつ追い込んで小さくしてきました。

写真を見て気が付いたのですが、ハの字の様な根が気になります。

150923ベニシタン02
で、このように左へ倒して、この根を埋めるとともに樹形を変えようかと思います。



クチナシ

クチナシです。

150923クチナシ01
すっかり忘れてますが、ラベルに2010年挿し木と書いてありました。



150923クチナシ02
挿してからほとんど手は入れていませんが、この辺から少し鋏を入れる気持ちになりますね。。
双幹か単幹か? どんな模様に剪定にしようか?
面白くなってきます。



オリーブ

NHKで放送していたプラントハンターと呼ばれる西畠清順さん。
まだ30代の若い代々続く植物の卸問屋の5代目だそうです。
世界から珍しい植物を集め日本に送っているこの方面では有名な方のようです。
この番組の中で紹介していたオリーブの古木。
自分の想像していたオリーブの樹のイメージではなく、感動を覚えるほどの迫力に感動しました。

番組のHP(オリーブの写真があります)
プラントハンター
で、この番組を観てからオリーブを欲しかったのですが、今日園芸店で見つけ買ってきました。

150922オリーブ01
マンザニロという品種です。
ま、品種はどうでもいいので一番節間の詰まったものを選んできました。

一応、我が家のルールに従って育ってもらうよう植え替えることにしました。

150922オリーブ02
節間の詰まった右側の枝を芯にします。



150922オリーブ03
真ん中の枝を落とし、芯は少し針金で曲げておきました。



150922オリーブ04
根は切らず素焼き鉢に入れました。



150922オリーブ05
さてさて、地中海の樹が育ってくれるのでしょうかね。



真柏
真柏です。

150919-120401シンパク
2010年に取り木掛け(ミズゴケで覆っただけ)。
2011年発根状態が悪かったのですが、切り離す。



150919-120413シンパク
2012年春の植替え時



150919シンパク01
根が増え充実してくると比例して葉が茂ってきます。
さらに幹が太ってきます。
皮を剥いてありますが、だいぶ肉を巻いてきています。
冬にでも再度皮を剥こうと思います。



シシガシラモミジ

シシガシラモミジを植替えることにしました。

150913シシガシラ01
春に植替えていませんので水はけも良くありません。



150913シシガシラ02
一切根は切りませんでした。



150913シシガシラ03
一周り小さな素焼鉢に入れました。



黒松

黒松です。

150913クロマツ01
昨年あたりから一の枝が衰弱し始め枯れそうになっていました。



150913クロマツ02
本来はこの角度で植えていましたが、なるべく一の枝を高くして今春植替えました。
そして芽切りもこの枝だけ中止。



150913クロマツ03
少し元気がでて来たようです。



トキワガキを植替える

トキワガキです。

150913トキワガキ01
今年は植替えをしなかったのですが・・・。



150913トキワガキ02
根が満杯になり本体が押し上げられてしまっています。
植替えをすることにしました。



150913トキワガキ03
鉢から抜いてみると、こんな状態。
この根が小さな鉢に収まっていたことが不思議なくらいです。
鉢の中に用土はほとんどない状態でした。



150913トキワガキ04
根を大きく切り込みました。



150913トキワガキ05
下を切ったので上もこの位に剪定しバランスをとります。



150913トキワガキ06
素焼きに植えつけました。



ツルウメモドキ

ツルウメモドキです。

150912ツルウメモドキ01
取り木から作りました。
実は当初は双幹風に左側にも幹がありました。
その左側の幹を利用して懸崖にする計画でしたが、取らぬ狸で枯れてしまいました。
で、植え付け角度を変更しています。



唐カエデ

唐カエデです。

150912トウカエデ01
昭和53年(1978年)頃の挿し木です。
ですからもう37年経過します。
芽だしから芽摘みや剪定をしていません。
古い樹なのでほとんど枝が徒長することがありませんので。



ヒメシャラがやばい

葉刈り後の芽だしの悪かったヒメシャラ。

150905ヒメシャラ01
相当重症のようです。



150905ヒメシャラ02
芽が吹くことなく枯れた枝。
根の状態が余ほど悪いのでしょうか。
こうなると植替えをするほかないです。



150905ヒメシャラ03
鉢から抜き、根を洗ってみると・・・。



150905ヒメシャラ04
根が伸びた兆候がありません。



150912ヒメシャラ05
水はけの良い荒い粒子の用土で素焼鉢に植え替えました。
春から元気に枝を伸ばしたんですがね。
うまく冬を越してくれるといいのですが・・・。
しかし、こんな失敗の連続です。




マンシュウコナシ

マンシュウコナシです。

150906マンシュウコナシ01
取り木から作っています。



150906マンシュウコナシ02
ナシ類は枝が突っ走りますので、その都度剪定しています。
小枝は細かくほぐれませんが、大きな傷もよく巻くし、取り木や接ぎ木もできとても作りやすい樹種です。



チャ

茶の木です。

150906チャ01
2009年の山採りです。
昨年も茶の生育が悪かったのですが、今年もいまいちです。



150906チャ02
もう少し樹勢がのっていればいいのですが、模様とコケを作るため、切り戻しておきました。



真杉
挿し木で作っている真杉が2鉢あります。

150906スギ01
2011年秋に挿し木しました。



150906スギ02
斜線部で切り、芯を立替ました



150906スギ03
冬期に針金を掛け、上部まで真直ぐにしておこうと思います。



150906スギ04
もう1鉢です。



150906スギ05
この樹はあまりいじるところがないので枝を整えただけです。



ニレケヤキ

挿し木から作っているニレケヤキです。

150906ニレケヤキ
変な樹形でしたが2008年に改作し、今に至っています。



150906-080426ニレケヤキ
2008年4月 この後斜線部で切除しました。



ピラカンサ

ピラカンサです。
150905ピラカンサ01
以前、いまいちの樹形だったので半懸崖に改作しようと一の枝をぐっと下げましたが、意に反していつの間にか模様木になってきました。



150905ピラカンサ02
長く持ち込むと樹自らまとまってくる場合があります。



山モミジ

ヤマモミジです。

150905モミジ01
たぶん以前取り木から作ったと思います。
少なくとも取り木から10年は経過しています。



150905モミジ02
頭部を作るため切り戻すことにします。
前面の枝は前に突き出しかつ、節間が飛んでいますが、矢印の後ろの枝が芯に最適です。



150905モミジ03
前面部を切り取りました。



150905モミジ04
自然な曲とコケができました。



150905モミジ05
伸びた枝の葉を取り、力を下に移動させ、作業終了です。




ヒャクジッコウ

取り木中のヒャクジッコウです。

150905ヒャクジッコウ01
「百日紅」と書きますが、その名のとおり長く咲き続きます。

蝉の鳴き声もツクツクボウシに変わり、秋が近いことを感じさせてくれます。



ニシキギ

ニシキギです。

150830ニシキギ01
2000年ごろの山採りです。
味がでてきたように思います。
模様を人為的に作ったものではないからでしょうね。
少ーし実がついています。



西洋サンザシ

西洋サンザシです。

150830ヨウサンザシ01

      ↓

150830ヨウサンザシ02



150830ヨウサンザシ03
2鉢とも挿し木したものです。



徒長した枝を切りましたので、挿し木することにしました。

150830ヨウサンザシ04
何回か挿し木に挑戦しましたが、とても活着しにくい樹種です。
1本でいいので発根して欲しいですね。



アメリカヅタ
アメリカヅタです。

150830アメリカヅタ
実がよくとまるし、秋の紅葉もきれいです。
たしか2010年に挿し木苗を購入したと思います。



150830-110514アメリカヅタ
2011年5月の画像です。



唐カエデ寄植

唐カエデの寄植えです。

150830カエデ02
昔は唐カエデの寄植えを展示会でよく見たものです。
強い樹だし、寄植えに向いていると思います。
真直ぐな樹を寄せても魅力があります。
挿し木をしてもう1鉢増やそうと思っています。