プロフィール

BON人

Author:BON人
BONSAIは何年やっても納得のいくものは出来ませんね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミニ盆栽 ベランダ日誌
自宅のベランダで育てている。 ミニ盆栽の紹介。
唐カエデの植替え

唐カエデを植替えました。

160227カエデ01
2012年に取り木した樹です。



160215-120318カエデ
2012年3月環状剥皮したときの画像です。
大きすぎることと後ろにはほとんど根がない樹でしたので取り木を試みました。



160227カエデ02
発根も悪く切り離してから枯れかけたほどでしたが、現在は十分発根し樹勢もいいです。
右に一本枝を接ぎました。
将来は線の位置で切除する計画です。



160227カエデ03
だいぶ無理をして改作してきましたが、改めて唐カエデの強さを実感します。



スポンサーサイト
カリンを植替える

今日は晴れて風もなく暖かいぽかぽか陽気。
台湾よりも暖かかったです。
作業が進みました。

カリンを植替えました。

160227カリン01
実生したカリンです。



160227カリン02
カリンは芽出しが早いです。



160227カリン03
古い樹なので走り根はほとんどありません。



160227カリン04
過去に枯れかけ、樹形は変わってしまいましたが、何とか見られるようになってきました。



帰ってきました。

パソコンの故障と旅行が重なってしばらく更新ができませんでした。
台湾旅行に行っていました。
全行程天気が悪く、亜熱帯の台湾なのに肌寒かったです。
現地の人も異常気象だと言ってコートを着ていました。

taiwan02.jpg
台北101



taiwan01.jpg
台湾新幹線



taiwan03.jpg
総統府



taiwan04.jpg
故宮博物院
ほとんど中国人です。



taiwan06.jpg
土産屋店にも毛沢東の像



taiwan05.jpg
盆栽?
一応盆栽のブログですので・・・。



唐カエデを植替える

唐カエデを植替えました。

160207カエデ02



160207カエデ01
以前、古枝挿しした樹です。



160207カエデ04



160207カエデ03
根が絡み合って良い根張りになってきています。



160207カエデ05



160207カエデ06
正面はまだ決めていません。




続きを読む
唐カエデを植替える

唐カエデを植替えました。

160211トウカエデ04
2009年に古枝を挿木したものです。



160211トウカエデ05
根もだいぶ充実して座ができてきました。
根元から枝が3本でていますが、残す枝を決めることにしました。



160211トウカエデ06
左の枝を落として立ち上がりから右にぐっと曲がった模様にします。



160211トウカエデ07
瘤になっている所や太い根を処理しました。



160211トウカエデ08
さて、どうなっていくんでしょう。



黄モッコウバラを植替える

黄モッコウバラを植替えました。

160207キモッコウバラ01
2007年に挿し木しました。
化粧鉢に入れました。
4月に淡い黄色の花が咲きます。



山モミジを大改作

山モミジを植替えに併せて大改作しました。

160211モミジ01
この樹は横から見ると幹の前後が扁平で魅力を感じられない樹です。



160211モミジ02
二の枝の所でがっつりやってしまうことにしました。
ま、このために二の枝を伸ばし太くしていたんですが。



160211モミジ03
ノコギリは使わず少しづつ挟み取っていきます。



160211モミジ04



160211モミジ05
容赦なく深く削ります。
傷は大きくなりますが、遠慮すると傷が巻いてから不自然で見苦しくなります。



160211モミジ06
一応、矢印の枝を将来の芯に決めておきます。



160211モミジ07



160211モミジ08
今年は樹勢をつけることに専念です。




ベニシタンを植替える

ベニシタンを植替えました。

160214ベニシタン01
15年程前に盆栽展の即売で入手した樹です。



160214ベニシタン02
突き出した太根が気に入りません。



160214ベニシタン03
太根から発根するのを期待して傾け深植えにしておきました。
この状態で三幹の株立ちが面白いかもしれません。



河津桜が開花

今日はぽかぽか陽気でしたが、やぼ用に追われ植替えはほとんど出来ませんでした。
伊豆の河津桜が3~5分咲きのようですが、ベランダの河津桜が開花しました。

160214カワヅザクラ
これから我が家の桜は次におかめ桜、富士桜と続きます。




唐カエデを植替える

唐カエデを植替えました。

160211トウカエデ01
以前、師匠に貰った樹です。



160211トウカエデ02
異常に肥大している右の根を削っておきました。



160211トウカエデ03
枝が細かくほぐれてくれば良くなりそうですが・・・。



ピラカンサを植替える

ピラカンサ(黄実)を植替えました。

160211ピラカンサ01
古枝挿しをして植替えせず5年位かな。



160211ピラカンサ02
根がカチカチ。
どうもすいませんですね。



160211ピラカンサ03
安鉢ですが、化粧鉢に。
ゆっくりと鋏作りで作っていこうと思います。




アキグミを植替える

秋グミを植替えました。

160207アキグミ01
鉢の隅で自然実生していた秋グミです。



160207アキグミ02
実が生ってくれれば面白くなりそうです。



カナシデを植替える

カナシデを植替えました。

160131カナシデ01
山で小苗を抜いてきたものです。
たぶん、よく山へ行っていた2000年前後だと思います。



160131カナシデ02
たぶん、こんな樹でも樹齢20年ほどになるんでしょうかね。
肌に古さが出始めています。



ユキヤナギを植替える

ユキヤナギを植替えました。

160207ユキヤナギ01
このユキヤナギは初めての紹介かもしれません。
古い樹です。


160207ユキヤナギ02
ユキヤナギの作り方はいまいち分かりません。
甲羅吹きとでもいうのでしょうか。
主幹ができません。
株から出た枝が枯れてはまた新しい枝が吹き、新陳代謝を繰り返すようです。
で、もう少し数を整理したほうがいいのかな。




ミヤマカイドウを植替える

ミヤマカイドウを植替えました。(1月31日)

160131ミヤマカイドウ01
取り木から作った樹です。



160207-080524ミヤマカイドウ
2008年5月、切り離したときの画像です。



160131ミヤマカイドウ02
光陰矢のごとし。
早いもので、もう8年目をむかえるんですね。




山モミジを植替える

山モミジを植替えました。

160131モミジ04
今年は素焼鉢で休ませる予定です。



160131モミジ05
右側の突出た根が気になります。



160131モミジ06
肉が巻いたときのことを考えて削りました。
この作業は植替えのときがチャンスですね。



160131モミジ07
もう少し枝を整理しなくてはいけませんね。



窯出し
焼成温度1250度、窯入れから窯出しまで38時間。
とても長く感じましたね。

160203ショウセイ01
焼成が終了しました。



160203ショウセイ02
わくわくしながら中を覗きましたが・・・。
なにやら、あまり変化がありません。
ちょっとがっかりしましたが、ひとまず初めての焼成が終わりました。


160203ショウセイ03



160203ショウセイ04



160203ショウセイ05



160203ショウセイ06



160203ショウセイ07
表面のざらつきはなくなりましたが、特段色の変化はありませんでした。



山モミジを植替える

山モミジを植替えました。

160131モミジ01
実生した樹です。
上に長く伸びている枝は接いだものです。



160131モミジ02
矢印の枝を使い芯にする予定です。
上部に伸びている枝を切り、立て替えた枝に力を移動します。



160131モミジ03
赤矢印の枝を落とし、青矢印の枝を残すか、赤矢印をそのまま活かすか、思案のしどころです。




電気窯で焼成
早速、電気窯で焼き始めました。
仕事の関係で陶芸教室に行けなくなってもう2年になるでしょうか。
造ってあった鉢の素焼きが終わりました。
一昨年穴窯で焼いた鉢が、温度が上がりきれず灰の溶けが悪かったような気がして・・・。(素人が勝手に考えています。)
これを再度この窯で焼いてみることにしました。

2014年5月 穴窯で焼いた鉢

160201-140518ハチ01


160201-140518ハチ02


160201-140518ハチ03
表面がざらざらして色合いも良くありません。



160201デンキガマ
上にあるのは今朝取り出した素焼きの鉢です。
1250度に達すると温度が落ち始め、現在1226度です。(20:00)
さてどうでしょうか、窯出しが楽しみです。


で、忘れやすいため、記録しておきます。

素焼き: 温度700度 1月30日 23:00 2月1日 7:00 窯だし
本焼き: 温度1250度 2月1日 7:30 窯入れ 同日 19時 1250度 




続きを読む