プロフィール

BON人

Author:BON人
BONSAIは何年やっても納得のいくものは出来ませんね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ミニ盆栽 ベランダ日誌
自宅のベランダで育てている。 ミニ盆栽の紹介。
レンギョウ

レンギョウの花が咲いています。


170325レンギョウ01
2009年に挿し木しました。



スポンサーサイト
ケヤキ(脇田性)を植替える

脇田性ケヤキを植替えました。

170325ケヤキ01
2013年の挿し木です。



姫サザンカを植替える
姫サザンカを植替えました。
先日の姫サザンカは2009年の挿し木ですが、2010年に挿し木したものです。
芽や葉がない枝を切ると枯れ込みますので、芽当たりを確認して追い込みます。

170325ヒメサザンカ03

      ↓

170325ヒメサザンカ04




170325ヒメサザンカ05

      ↓

170325ヒメサザンカ06



富士桜を植替える
富士桜です。

170325フジザクラ01
つぼみを付けています。
ソメイヨシノを追いかけるように咲きだします。



姫コブシを植替える

姫コブシを植替えました。

170325ヒメコブシ01
2009年に師匠の家の庭木から取り木したものです。



170325ヒメコブシ02
今年は化粧鉢に入れました。
花芽が一つ付いたようです。



ムレスズメ(群雀)を植替える

ムレスズメを植替えました。

170325ムレスズメ01
群れるほど付いていませんが、毎年、早春の花を楽しませてくれます。



姫サザンカを植替える

姫サザンカを植替えました。

170325ヒメサザンカ01
2009年の挿し木です。



170325ヒメサザンカ02
今年は化粧鉢に入れました。



ロウヤガキを植替える

2012年に実生したロウヤガキ。
手入れが悪いので一向に変化がありません。
ま、植替えだけはやっておきます。

170320ロウヤガキ01



170320ロウヤガキ02



170320ロウヤガキ03



170320ロウヤガキ04



170320ロウヤガキ05



170320ロウヤガキ06




実生銀杏の植替え

170320イチョウ01
昨年、実生したイチョウを単植えしました。



170320イチョウ02
8本。
きれいに根を洗ってやります。



170320イチョウ04
ゴボウ根を切ります。



170320イチョウ05
キャパを超えたベランダの棚。
実生は一気に増えますので困ります。



ロウバイ

昨年、実生したロウバイです。
芽を出したのは、これ1本だけでした。
ビニールポットに単植えしました。

170320ロウバイ01
実生苗はゴボウ根が走っています。



170320ロウバイ02
このゴボウ根を切って上部の根に力を移します。



170320ロウバイ03
小さなロウバイに花を咲かせてみたいものです。



山モミジを植替える

以前、取り木した山モミジです。

170318モミジ01
あまり走り根はなく細かく万遍に出ています。



170318モミジ02
根はもう少し用土の中に隠れてもらい更に根を増やします。
座ができてくると樹に重量感が出てきます。



山モミジの芽吹き

山モミジの芽が開いてきました。

170320モミジ01
この山モミジが一番手です。
山モミジの淡いピンク色の芽吹きは、早春の楽しみの一つです。



マユミを植替える

マユミを植替えました。

170318マユミ01



170318マユミ02
2009年に挿し木したものです。



170318マユミ03
手入れをしないので中々できませんね。



マンシュウコナシを植替える

満州コナシを植替えました。

170312マンシュウコナシ01
ここ数年植替えていないと思います。



170312マンシュウコナシ02



170312マンシュウコナシ03
満州の名前、中国原産なのでしょうか。
さすが、大陸の樹、繊細さはありませんが、強靭な樹種です。



山モミジの枝を接ぐ

山モミジも早いものは芽が膨らんできています。
私の枝接ぎは、貫通接ぎなので葉が開いてからではできません。

170312ヤマモミジ03
赤矢印が予定していた接ぐ箇所です。
傷跡なので芽を持つことはありません。



170312ヤマモミジ04
赤矢印の枝を接ぎました。
青矢印の部分は節間が詰まっているので、接がなくとも後から芽が吹くでしょう。



170312ヤマモミジ05
現在の頭部は使わず切り詰める予定です。
貫通接ぎの利点は、枝の出方が自然なので接いだことが分からなくなります。



山モミジを植替える

山モミジを植替えました。

170312モミジ01
磁器鉢に植えていましたが、素焼鉢に入れ替えました。



170312モミジ02
私の管理が悪いのかも知れませんが、磁器鉢だと、どうも樹勢がいまいちです。



コムラサキを植替える

コムラサキを植替えました。

170312コムラサキ01
2007年に苗木を入手して10年です。



170312コムラサキ02
今回は化粧鉢に入れました。



ニレケヤキを植替える

ニレケヤキを植替えました。

170312ニレケヤキ01
挿し木から20年ほどです。



170312ニレケヤキ02
小さい鉢で作っていますので過去の写真とくらべても、あまり太ってはいません。



170312-140110ニレケヤキ
2014年1月



170312-120822ニレケヤキ
2012年8月



170312-110731ニレケヤキ
2011年7月



170312-101002ニレケヤキ
2010年10月



170312-080426ニレケヤキ
2008年4月



アキグミを植替える

アキグミを植替えました。

170312アキグミ01
芽が動いてきています。



170312アキグミ02
数年間植替えていなかったので根がぱんぱんに張っていました。
傾けて植えることに。



170312アキグミ03
あまり太らない樹種です。



山モミジを植替える

山モミジです。

170311モミジ01
2010年に実生したものを寄せています。



170311モミジ02
寄植え風ですが、このまま持ち込むと根が癒着し筏吹きになります。



山モミジを植替える

どうも芽の状態が思わしくない山モミジ。

170305モミジ01
早めに植替えることにしました。



170305モミジ02
ゴロを多めに入れて水はけを良くします。



170305モミジ03
樹木を健全に保つには根部の環境がとても大事です。



イボタ

イボタです。

170305イボタ05
2008年の挿し木です。



170305-100820イボタ
挿して2年目の2010年の画像です。



アキグミ(秋茱萸)を植替える

アキグミを植替えました。

170305アキグミ01



170305アキグミ03
だいぶ葉が開いてきています。



170305アキグミ02
取り木に失敗したので根張り、立ち上がりがよろしくありません。



170305アキグミ06
まあ、気長に作っていきます。



イボタを植替える

イボタを植替えました。

170305イボタ01
すっかり芽を吹いてきています。



170305イボタ02
イボタの芽吹きは早いですね。



170305イボタ03



170305イボタ04
イボタはどこにでもあるので、かるく見ていましたが、いやいや古くなると、とても味わいがでていいものです。



オリヒメモミジの植替え

台湾に行っていましたので、ブログが滞っていました。

総統府
総統府(台北)
台湾の方は、親日家が多く、とても親切です。
美味しいものをたらふく食べ、楽しんできましたよ。


オリヒメモミジを植替えました。

オリヒメモミジ01
2012年の挿し木

     ↓

オリメモミジ02



オリメモミジ03
2014年挿し木

      ↓

メモミジ04